« 十勝の冬道 | トップページ | 木造住宅に緑化屋根 1.出会い »

2004.12.15

週1回のごみ出し

田舎に住んで不便に感じたこと。
それは燃えるゴミ・燃えないゴミが週に1回、しかも土曜日なことだ。

たとえば土曜の夜にイカを買ってきて調理したとすると、そのゴミは次週の土曜日までごみのまま置いておかなければならない…ということ。

これはちょっときつい。

新しい家はいつも暖かいので、食べ物が腐るのはとても早い。
最近家電量販店で生ゴミ処理機という機械を売っているけれど、アレはどうなんだろう。

最近ようやく新聞紙に包んでビニールに入れてから捨てる、とか、冷蔵庫でゴミのまま保存する…とか工夫するようになったけれど、一時はゴミ箱から立ち上る悪臭に気持ち悪くなり、週末から次週の前半は魚料理を避けていたくらいだ。

自分が悪いので仕方ないけれど、金曜夜とか土曜の早朝から出かけてしまうと、その週のゴミ出しの機会が失われるのもちょっとつらいところ。

でも本当の問題点は土曜日が祝日と重なると、ゴミ収集がお休みになることだ。
これだけはなんとかならないのだろうか?

ごみが有料になるのも、袋が指定になるのも、細かい分別を要求されるのも受け入れるけれど、祝日は休みにしないか、休み明けにでも振り替え収集をやってほしい…。

いままで何回か引っ越ししたけれど、祝日はゴミ収集お休み…なんてあまり聞かない気がする。
みなさんの住んでいるころはいかがですか?

« 十勝の冬道 | トップページ | 木造住宅に緑化屋根 1.出会い »

兼業主夫として」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
夏のスイカのごみも結構大変ですよね。(-_-;)
今年は予算が無いので諦めましたが、来年は生ごみ処理機、是非欲しいですネ。
ネックは価格、行政からの補助は町内購入分のみ。町内で売ってるのか?もし売ってても、定価販売かも。

越してきたばかりの頃、祝日土曜日に知らずにゴミを出して放置され、3日ぐらい過ぎてから気がつき、こっそり回収した苦い記憶があります。幸い、来年は土曜日の祝日は無い様なので我慢しますか。でも、年末年始も大変だよね。いざとなったら、物置で冷凍保存か。

生ゴミ処理機ですが、自治体によっては補助金が出て購入を推奨しているところもあるようです。
うちの実家がそうです。
今日遊びに行ったお宅も、区から補助金が出て買ったと言ってました。
臭いですが、処理機の性能にもよると思いますが、換気扇を回しておけばさほど気にならないようです。
実家は外に置いていますので、臭いの心配はないのですが、東京はそういうわけにはいかないみたいです。友達の家では臭いのことは気にしていないようです。
出来上がると黒いコーヒーのカスみたいな物体が残ります。ほのかに香ばしい日もあります。

ごみ収集が週一回で、しかもお休みで一回飛ばしは困りますね。
生ゴミ処理機も使って悪いことは無いみたいなので、検討してみたらいかがですか?

kioさん、かみさん、こんにちは。

生ゴミ処理機についての詳しい情報ありがとうございました。
ううむ、やはり導入を検討したほうがよさそうですね。

うちの町にも補助は少しはあるようです。
でも補助額が上限2万円な上、町内購入限定でおそらくkioさんの言うように定価販売となるでしょうから、量販店で買うのとどっちが安いかは微妙ですね..。ひっ迫する町の財政を考えると補助を受けずに安い店で買った方がよいのか?(笑)

町内購入限定で思い出しましたけど、有料ゴミ袋も町内でしか買えず、これも不便。
買い物はほぼ100%隣の帯広市内、通勤途中に町内に属する商店がコンビニを入れても1軒もないのです。
できるだけ町内で買い物しろ…と町長は言いますが、現実問題として通勤帰りによれる店も、深夜にやっているスーパーも町内にはない…。

地域的な問題は大きいのでしょうね。
私は帰りが遅くなる日が多いので、最近はもっぱら生協の宅配を利用しています。
だからスーパーに寄るのは月に2~3回。
何を頼んだかが手元にあるため、料理の献立をたてやすく、無駄がなくなったように思います。

生ゴミ処理機ですが、私が家族持ちだったらきっと買うと思います。やはり魚のゴミはそのままだととてつもない臭いになりますし、ゴミを冷蔵保存するのはちょっと。
でもお魚食べたいときに食べたいじゃないですか!(これが一番の理由かな?)
それは実家で使っていていいっていうのを知っているからですけれど。
お安いものではないですが、いっそのこと年末ジャンボでも買って、それにかけてみるっっていうのは?な~んて。(笑)
あ、発売は明日まででしたっけ。

 はじめまして、東京郊外の某自治体で清掃行政に携わっている者です。

 清掃行政の方針は地域的な差が大きいのでなんともいえませんが…うちは土日は確実に休みですが旗日は通常通りです。というのも、分別の区分が多いので、市民側からすれば「可燃ごみは週2日しかない」かもしれないのですが、従事する側からすれば「毎日収集」なのですね。
 収集エリアが広い自治体(あるいは事務組合)ほど、ゴミの収集頻度は下がる傾向にあるようです(人数が少ないから)。

 生ゴミ処理機ですが、もし多少でも庭がある場合は電動処理機よりも、生ゴミ処理バケツ+ぼかし肥料の素のほうがお徳です。ただし出来た肥料をつかう機会も必要になるかと思いますが…
 …とここまで書いたところで、十勝の冬の気候のことを全く考慮していなかったことに気づきました…あの厳寒地だと、間違いなくゴミも(たい肥化するための)酵母も凍りますね。しまった(^^;

かみさん、こんにちは。
おおっと、かみさんも生協の宅配でしたか。
生協の宅配、まわりの家はみんなやっているし、たいへん気になっているのは事実なんです。
スーパーに買い物に行って、その日の思いつきで買うのが楽しくていいと思っていたのですが、
>何を頼んだかが手元にあるため、料理の献立をたてやすく
と言われると、なんだかとてもいいような気もしますねえ。うーーむー。

生ゴミ処理機、こちらも気になります。
冬は外に置いておけば自然冷凍ですが、しかしこのへん野生動物が多いので(キツネ・鳥類・ネズミ・ネコ・熊!?など)ちょっと気になるし…。
あと問題はニオイでしょうか。高気密住宅においてはニオイがとてもこもります。
換気扇をつけると家の中の気圧が負圧になって薪ストーブの燃焼に支障があるので(排気不良、つまり煙が逆流して火が消えてしまい、家の中が煙でモクモク)、冬期は気軽に換気扇を付けられないんです。
でもなにかうまい解決法があるような気もするのでいろいろ調べてみます。


ぬのくまさん、はじめまして。
現場の方の貴重な意見、ありがとうございました。
従事する側からすれば「毎日収集」、なるほどそのとおりです。
芽室町というところに住んでいますが、面積は514km2、人口は18500人くらい。ちなみに自分の実家は鎌倉市にありますが、鎌倉は面積39.5km2、人口17万人。
首都圏では人が多いほうとは思えない鎌倉市と比べても、面積は10倍以上、人口は10分の1、つまり人口密度は100倍も違うのですから、同じサービスを期待すること自体間違っているのかもしれませんね。
生ゴミ処理バケツも以前は使っていたのですが(夏だけ)、いま住んでいる家は台所が2階なので庭がちょぉっと遠いような気もしないでもないですが、このバケツについても検討してみます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 十勝の冬道 | トップページ | 木造住宅に緑化屋根 1.出会い »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ