« 夕暮れの空気感 | トップページ | 北海道の一日は短い? »

2004.12.21

また大雪

昨日は一日雪だった。

今年は雪がなかなか降らない…と思ったら、12月5日の1発目から大雪で、12月16日、そして昨日もまた大雪。昨日は30cmくらい積もったかな。

帯広では今年12月として観測史上最高の135cmの降雪。
実際、いまも街のなかは身長よりもずっと高く雪が積まれている。

首都圏に住んでいた頃は雪が降るとバスや鉄道が止まり、クルマも走れずに大変な騒ぎだったけれど、こちらの生活は大雪が降ったからといって会社に行けない、あるいは帰れないことはないし、まあ自宅前と職場駐車場の除雪がちょっと大変な程度だ。


まわりの人たちの話を聞くと、みな一様に「昔はこんなに雪は降らなかった」とか「12月は雪がなくて年明けに降る程度だった」などと言う。
気温についても昔はゆうに-30℃に…などという話もよく聞く。
今はとても寒くても-25℃止まり。

最近、観測史上最大…などのフレーズを良く聞くけれど、道東の大雪もこれらの異常気象に関係しているのかも。

« 夕暮れの空気感 | トップページ | 北海道の一日は短い? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こちらも雪が降り積もりはじめました。それでも昔よりはとても少ないです。こちらに降る分がそちらに降っているんでしょうかね?

素人楽師さん、こんにちは。
雪あまり積もらないといいですね。本州は雪不足らしいですが、スキー場だけ降る…というわけにはいかないか(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕暮れの空気感 | トップページ | 北海道の一日は短い? »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ