« 1時間半で大都会 | トップページ | 冬の夜空に »

2004.12.09

窓際族

昨日の記事に関連して飛行機のはなし。

飛行機が好きだ。

飛行機に限らず、空を飛ぶモノが全般的に好き。
観光地で乗る小型飛行機もヘリコプターも、みんな好き。

もちろん旅客機も好きだし、空港も好きだ。
といっても別に飛行機に詳しいわけではないし、機種とかはよくわからないけれど…。

飛行機に乗るときは絶対に窓際がいい。

飛行機のおもしろさは、窓から見える非日常的な景色だと思う。
窓の外に広がる雲海、どこまでも続く海、複雑な海岸線、夜の都市とそれを結ぶ光の道路…。

子供みたいと自分でも思うけれど、たいてい離陸から着陸まで窓の外をずーっと見ていることが多い。
前の座席に入っている冊子のうしろについている地図と見比べたり、現在位置がモニターでわかる飛行機だったりするとおもしろさ倍増だ。(だから北米線など窓を閉じなくちゃいけない路線はちょっとイヤ)

特に羽田空港に夜間直陸する直前の夜景と、昼間に地元帯広空港に降りる際のパッチワークのような畑の風景はとても好きで、何度見ても見飽きない。

なぜ飛行機の窓から見える風景についてあまり語られないのか不思議なくらいだ。

もちろん予約時には窓際をリクエストするし、事前にリクエストできないタイプの航空券の場合は当日カウンターで窓際をリクエストする。

それでたいていは窓際になるけれど、直前にとったチケットだったり、たまには窓際にならない場合があって、そんなフライトは楽しさ半減だと思う。なにか一番の楽しみを奪われた感じ、といったら大げさか?

そもそも飛行機ってどうして窓際とそうでない席の値段が一緒なのだろう?

3000円くらいの価格差があれば、安く移動したい人や、読み物をしたい人、仕事で移動したい人などは非窓側、窓の外の景色を見ること自体が目的な人(そんなヤツ他にいるのか?)は窓際、と棲み分けができていいと思うのだけれど..。

« 1時間半で大都会 | トップページ | 冬の夜空に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ここにもいたぁ。飛行機好きな人。
あまりいないんですよねぇ、身近に。

私も機械のことはとんと分かりませんが、飛行機の窓側も実は通路側も好きです。
窓側は羽の上でも好きです。羽も微妙に動くし、氷がついたりするのも面白い。
通路側は「奇麗な客室乗務員さんをうっとり見る」のがいいです(私は女ですけど、奇麗なものはきれいですから)。

窓側別料金なのはちょっと困るかもしれないけど、最近予約時に指定できるのでそれはうれしいです。
今度も確か窓側だったような・・・わくわく。

改めて読み返すと3千円はやっぱりイヤかも。片道300円に修正します(笑)

たしかに飛行機好きの人っていそうであまり居ないですよねぇ。
飛行機といっても、普段乗る旅客機は路線バスのようなイメージだから?
ネットを見ていても、マイルを貯めるのに命をかけている人?のサイトとか、飛行機の機種?のページとかはよく見るんですが、乗り物としての飛行機のサイトってあまりないような。

客室乗務員の方はたしかに造形が美しい?し、一般的には見かけないほど化粧バッチリだし、たしかに飛行機の華ですね。大変な職業だと思うのですが、キビキビ働く姿はかっこいいです。

私も窓際族。
先日、関西に帰省した時は帰りのみ窓際が取れましたが、とかち帯広空港に降りる時は左側が景色が良いですね。ずーっと見てるとちょっと酔っちゃいますが。
ほんの2~3日なのに「帰って来たー!」って気分になります。
帰省先が、都会ってのも良いですね。ずーっと住むのは考えものですが、たまに帰って古い友人と飲んだり、親孝行したり・・・実家で飲んで食って寝るのが一番の親孝行 (^。^)
しっかり親孝行してきてくださーい。
って、もう雲の上?それとも人ごみの中?

kioさん。こんにちは。
今日は大雪だったり晴れたり強風だったり忙しいですねー。
たしかに帯広→東京便は右、逆は左がいいです。日高山脈と手前に広がる十勝の大地が両方見られますねぇ。ちょうど自宅近辺も見えるし(^^)y
ちなみに今回は行きが窓側(ただし曇り)帰りは真ん中でした。日曜夕方の羽田空港は大混雑してすごいことになっていましたよ…。
帰省先が都会、たしかにいいです。いろいろ珍しいモノが見られるし。
親孝行になったかどうかはわかりませんが、たしかに親たちはみんな嬉しそうでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1時間半で大都会 | トップページ | 冬の夜空に »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ