« バーバラ婦人2004 | トップページ | 大雪警報な週末 »

2005.02.18

春を待つこころ

今朝ラジオを聞いていたら、どこの話かわからないけれど福寿草が芽を出した…なんていう手紙を紹介していた。
いいなー、福寿草かぁ。

…春が待ち遠しい。

北国の長い長い冬。
それはそれで楽しみはたくさんあるけれど、緑を見ることが一切ないこの季節、右を見ても左を見ても雪の白さと空の青さ。
冬はいいよ!冬も楽しいよ!とよく言うし、それももちろん本当なのだけれど、でもやっぱり「春」が恋しい。

冬も折り返し地点を過ぎたこの季節になると、なにか無性に花、特に桜を見たくなり、ついつい桜前線とか航空会社のページに目がいってしまう。
まだ2月だというのに。

十勝の冬は長く、GW頃にもまだ雪が残っていることがある。
緑の季節は5月の下旬からだ。
すべての植物が文字通り一斉に命をふくらませるその季節の感動は言葉に言い表せないものがあるけれど、それもまだ3ヶ月も先のこと。

やはり関東で生まれ育った人間としては、子どもの頃のたくさんの思い出、卒業や入学などのそばには、いつも満開の桜の風景がある。
実家が鎌倉ということもあり、桜並木の下を自転車で走ったこと、桜の花びらでまっピンクになった道を歩いたこと、みんなでお花見をしたこと…そんな思い出と一緒にあるのが、やっぱりソメイヨシノだ。

源氏山公園という桜が見事なところが実家から近く、自分はそこが好きで、小学生の頃よく歩いたこと、犬の散歩をしたこと、いま妻となった人と一緒にベンチに座りいつまでも話をしたことなどを思い出す。

桜、という1つの花のために開花予報があったり、桜前線なんていう言葉があったり、やっぱり日本人の心には桜があるのだと思う。
春をひたすらじっと待って、ある時期にパッと咲いてパッと散る…そんな風景が日本人好みなのかもしれない。

毎年、十勝に春が来るのを待ちきれず、また十勝に咲くのはエゾヤマザクラという、ソメイヨシノとは別の品種であることもあって、4月頃には一足お先に春を感じにどこか小旅行に出かけることが多い。
一昨年は遠く熊本に桜を見に行った。一心行の大桜という大木は、それはそれは見事な桜。

昨年は函館。
十勝からは所要時間で考えると熊本並みに遠いけれど、満開のソメイヨシノの姿は、なにか心にグッと来るものがたしかにあった。

今年は妻の出産も近いので行けるかどうかわからないけれど、でも近場でいいのでどこかに桜を見に行きたいな。

そんなことを思う十勝の冬だ。

« バーバラ婦人2004 | トップページ | 大雪警報な週末 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そういえば昨夜、ふきのとうの天ぷらを食べたのですが、口の中に広がる苦味が、春が近づいているのを教えてくれました。舌で感じる春でした。

桜かぁ。。。
昔は本当に素直に楽しめました。
花粉症になってからは、桜が満開のときはまだ花粉もバンバン飛んでいるので、花見も勇気をだしてくしゃみをしながらです。
桜前線を逆行して東北を南下したことがあったのですが、咲き始めるところに入ると目が痒い、くしゃみが出るって感じで、苦笑しましたね。
でも、桜は奇麗です。
うちの周りは大きなお寺や公園があるので、通勤途中に立派な花見が出来ます。朝は余裕があれば、夜は元気が残っていれば上を見上げますね。
十勝はほんの一瞬ですものねぇ。
代わりに春のおいしいものもやってきますよ。

素人楽師さん
こんにちは~。もうふきのとうですか。は、早い!
たしかにスーパーに行くと、鹿児島産の新じゃがとか売っていて驚きますよね。日本は南北に長い…。

かみさん
こんにちは!人が多いところは人に比例して桜の木が多いような気がしますね。
で、花粉症。
ちょっと前に士幌町というところで、花粉疎開ツアーの参加者を首都圏で募集!という話があって、これを記事にしようかと思ったことがあるのですが、身近に花粉症持ちの方がいなくて、イマイチ症状がわからずに書くのを止めた経緯があります。
http://www.kamishihoro.jp/kikaku/immuno.html
↑コレですが、いかがです?(そんなヒマないって…(笑))

>いがさん

あら、はい読みました。
行きた~い。でも無理~(^^;
花粉症はいわゆるアレルギー症状で、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、私は口の中も痒くなります。人によっては耳の中も痒いらしい。
あと口の中が痒くなるので味覚がちょっとおかしくなります。
ついでに年中鼻がおかしいのでボーっとします。
だるい、不眠になる、疲れやすい、集中力が続かない・・・といい事はないです。
今週末くらいから飛びそうですって。ああ怖い。

かみさん、こんにちは。
花粉症、くしゃみ・鼻水、あたりは想像できましたが、口の中や耳の中も痒いとはびっくりです。
もうすぐそうなるとわかってて、しかもどうしようもない…のもつらいですね...。
上の疎開ツアーですが、今朝の新聞によると昨日時点で定員の10倍の申し込みがあったそうですよ。
とても参加しにくい日程なのに、それほど悩んでいる方が多い…ということなのかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バーバラ婦人2004 | トップページ | 大雪警報な週末 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ