« 痛い日 | トップページ | 氷灯夜 »

2005.02.13

冬の然別湖

然別湖(しかりべつこ)が好きだ。

この湖は、湖畔に2件の温泉ホテルがあるほかは建物や人工物がほとんどない。いつも静寂な森に包まれていて、なにもないのだけれど、そのなにもない雰囲気がとても好き。

go_shikari
↑然別湖までもうちょっと…という場所での一こま。

移住以前からよく来ていて、移住を決めたときにもここに滞在していたし、移住して「となりまち」になった今でも、やっぱり好きな場所。
春の新緑、夏の緑、秋の紅葉も素晴らしく、そして冬の凛とした空気もまた魅力的。

移住してからは毎年、冬のこの時期に行くのが恒例になっている。
昨年は風水というほうに行ったので、今年はホテル福原へ。2件はとなりだけれど泉源が異なり、どちらもとてもいい温泉。それぞれ甲乙つけがたいので、毎年交互に行くことにしている。

移住以前は遠い然別湖だったけれど、移住してからは車で1時間ほど。その近さも魅力に加わった。

冬には厚く氷の張った氷上に然別湖コタンという「村」が登場し、混浴氷上露天風呂や氷でできたアイスバー、スノーモービルやスノーシュー、クロスカントリースキーのツアーなども行われている。
先日は氷でできたアイスチャペルで結婚式も行われたそうだ。
詳しくは然別湖ネイチャーセンターのページからどうぞ。

今年は妻が妊婦なので、身体を動かす遊びはやめ、氷を削ってグラスを作るアイスグラス作りに挑戦。15cm角の氷をノミでガシガシ削り20分ほどで完成!

icebar
夜遅くにはアイスバーがオープンし、昼間作った「マイグラス」でお酒を飲むこともできる。氷だけでできたアイスバー、2階建てで相当広く、かなりの代物。毎年毎年、どんどんとバージョンアップして、この建物を見るのも楽しみのひとつだ。

gluss1
コレ、中身はブランデー。オンザロックならぬインザロック(笑)
もちろんテーブルもイスもなんでもかんでも氷でできている。
こちらは右はカシスオレンジ。左は妻作成のジョッキ風グラスにグレープフルーツジュース。
gluss2

氷のグラス作りのほかは特になにをする…というわけでもなく、ぼーっと部屋から湖を眺めたり、温泉に入って疲れて寝て、起きて温泉に入ってまた寝て、飯食って酒飲んで寝て、朝起きてまた温泉入って…と、文字通り脱力したなにもしない休日。

本州からツアーで来たという知らないおじさんと露天風呂で話し込んだり、何人だかわからない外国人(アジア人)と話そうとお互い片言の英語で接触を試みたりするのもなんだか楽しい。

この然別湖、北海道の冬というと寒くて寒くて…という印象なのに、この寒さを逆手にとって、寒いのを楽しもう!という発想が素敵だ。

ガイドセンターやホテルのスタッフによると、お客さんのほとんどは本州の人と外国人(香港や台湾、中国や韓国)だという。他にもいろいろと楽しいところがあるだろうに、こんな遠くて寒い北海道に来てくれて本当にありがとう!

しかし道内の人はいうと、たまに札幌などの人がいる程度で、我らと同じような地元はほとんどゼロだそうだ。地元の人は「寒くてイヤ」って言うんですよねぇ、とはガイド氏の言葉。うーむ、なんだかもったいない…。

そんなわけで冬の北海道なんて寒いだけでしょ?というみなさん、それは誤解ですぜ。スキーやスノボー以外にも、こんな楽しみがいっぱい。
ぜひ冬の北海道にもお越しを!

« 痛い日 | トップページ | 氷灯夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 然別湖。懐かしいですね。といってもわたしの目的は東雲湖のほうでしたが。
 冬の観光にとイグルーを作ったりお風呂を用意されたり、テレビでみていても楽しそうです。
 それにしてももはや東雲湖は存在しえているのだろうかと、ちょっぴり不安になるこの頃です。

行ってみたいですね ここ(^^)

冬の北海道は、ニセコにスキーで行ったぐらいです。

その時は、髪の毛を凍らせながらナイタースキーしてました(笑)

でも、運動無しで 氷の家は寒そうですね(^_^;

おお!行ったんですね。
TVで見たことはありましたが、氷の然別湖には行ってないです。
秋の紅葉を観に行ったことはあったっけ。
私はもっぱらスキーのことばっかり考えていますけど、こういう楽しみもあったんですね。
次はちょっと変わった旅行を計画してみようかな。

然別湖、みなさんコメントありがとうございます。
当日もテレビのレポーターみたいな人がいたり、帰り際にNHKの取材班とすれ違ったりしたので、実はテレビでよく紹介されているんですね。

ムムリクさん
然別湖と言って、東雲湖なんて名前が出てくるところを見ると相当のツウですね?(笑)
そういえば10年くらい前に東雲湖はあと10年もしたら無くなってしまう…なんて言われていました。
最近行ったことないのですが、どうなんでしょうね?夏の遊覧船の東雲湖側桟橋は廃止になりましたが。
この日のツアーメニューのなかには、クロスカントリスキーで東雲湖を目指す…なんてのがありましたから、未だ健在なのかもしれません。

あふらさん
それが氷の家は案外暖かいんですよ。
今回はやりませんでしたが、ホテル宿泊者限定で、イグルー(氷の家)での宿泊体験もできるそうです。
行ったことないけどスウェーデンのアイスホテルみたいなものでしょうか。

かみさん
そうそう然別湖は秋の紅葉もすばらしいです。
冬の北海道、スキーだけじゃありません。
この手の寒さ遊びのほか、雪祭りやその他のお祭りも多いですし、ワカサギ釣ったり、流氷を見るのも楽しいです。流氷はもし未見なら一度はぜひ!もちろん温泉もいいですよ。

はじめまして。 然別湖>結婚式と引いていたら
こちらのサイトにたどり着きました。

2月8日 然別湖のアイスチャペルで式をあげた
者です(^^)

チャペルはごらんになれましたでしょうか?
私たちの式の3日後に湖に遡っていったようです。
まぁ、私たちのためだけに作られた教会だったんですねとネイチャーセンターの方からお話をいただきました。

近くなら何度でも行きたいです。
半月ほど滞在した音更の家から今は
騒音のある神奈川に戻っている 
年取った新妻より。 とつぜんの 訪問
失礼いたしました。

ともみんさん、初めまして!
おおおっ、なんとアイスチャペル結婚式のご本人!
ご結婚おめでとうございます♪

私たちは11日の午後から行ったのですが、残念ながらチャペルはすでに湖に帰った後でした。
アイスチャペルのことは新聞(北海道新聞十勝版夕刊)に載っていたのですが、モスク風のチャペルで、高い天井…ということで、ちょっと楽しみにしていただけに残念。8日というのは事前に知っていたので、ホントは結婚式の様子も見てみたかったのですが、平日でしたので断念(^^;;

ともみんさんたちの写真は、アイスバーのなかだったか、ホテルの廊下だったか定かではないですが、どこかで見ましたよ~。
たしか真っ青なドレスでしたよね?建物(然別湖の氷色)と空の色にあわせたドレス!と夫婦で盛り上がりました。
神奈川の方と説明があったので、やはり首都圏人は十勝人よりも然別湖の楽しさを理解している!と感激したものです。
(私たちは鎌倉と茅ヶ崎出身で、然別湖を含む北海道が好きになり、好きになりすぎて移住した夫婦なのです。なのでアイスチャペル挙式はとてもうらやましいです)

氷でできた、ともみんさん1組の結婚式のためだけに作られたアイスチャペル、おふたりももちろん、出席のみなさん、一生の思い出に残ったのではないでしょうか。

…冬の然別湖つながり、なんとなく同じ嗜好を持つ方に偶然声をかけていただいた気分でとても嬉しいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
どうぞお幸せに♪

度々すみません。 
そうです! ブルーのドレスを選びました。
主人と「白に白じゃ保護色だ!」と
アイスブルーという言葉もあるし。ということで
青のドレスでした。 結果的に大正解だったと
自負してます(笑)
私たちで20組目ということを村長の
石川さんに聞きました。歴代でも青のドレスは
初めてとのこと。

移住組なんですね。
私たちは神奈川でも自然が残る津久井郡に居ます。
然別湖で式を挙げたのは主人の親兄弟が
音更町内で酪農をやっているんです。
親兄弟共に 神奈川からの移住組ですよ(笑)
なにやら ご縁がありそうですね。

北海道新聞と十勝毎日新聞はGETして
帰ってきましたよ。
他にもどこかで出ていたのかな?気になります。
なにか出没していた媒体が解りましたら
教えて下さいませ。m(_ _)m

ともみんさん、こんにちは~。
このサイトの管理人で記事書き人のいがです。(って書かないとわかんないですね…すいません)

ブルーのドレスですが、たしかにとても建物に映えてよかったですよ。
うちはウェディングドレスにちょっとだけ関係のある業界で仕事しているのですが、なかなかあんな鮮やかなブルーはなく、とてもいいと思いました。
20組目とのことですが、実はそんなに結婚式を挙げられた方がいたんですね。知りませんでした。

旦那さんの親兄弟が移住組でしかも酪農家だったら、ともみんさん夫妻が十勝人になるのも時間の問題ですね(笑)
もしかして知り合いだったりして(^^;;
お互いに移住組の知り合いを5組ずつ挙げたら、共通の知り合いに行き当たるかも。

メディアですが、いまのところ見たのは道新とカチマイだけですねぇ。
日経北海道版には載っていなかったし…。

気にしておきますので、またなにか見かけましたらお知らせしますね~。

>ともみんさん
ご結婚おめでとうございます!
然別湖でそんなおしゃれなことが出来るんですねぇ。
そういうことは内地の人のほうが知っているのかもしれないですね。
思い出に残る結婚式になったことと思います。これからも末永くお幸せに。

いがさん先日は「北海道への想い」にて
霧多布の「コーヒーハウスてんぼうだい」の件
ありがとうございました。
もやもやが取れたような気がします。

本日はいがさんのBLOGを早速訪れてみました。
内容にのめり込み一気にこのページまできてしまいました。

「然別湖までもうちょっと…という場所での一こま。」

写真の鮮やかな空の色をみて我に返りました。

然別湖、夏は訪れたことはよくあるのですが、
冬の然別湖はまだ一度も訪れたことはありません。

我が家でも冬に行きたいねと盛り上がる
今日この頃です。

TADさん、こんにちは。
当ブログにお越しいただきありがとうございました。
然別湖は好きで良く行くのですが、冬の景色もまた格別です。
風水の温泉って熱めなんですが、冬に入るとホント極楽ですよ。
冬はシーズンオフで航空券もホテルも安めだし、たしか然別湖に行くバスは無料だったような気がするので(違ったらごめんなさい)ぜひ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 痛い日 | トップページ | 氷灯夜 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ