« 桜計画 | トップページ | 炎のあるリビング »

2005.03.28

無実な無洗米

先日、たまたま我が家でいつも食べている栃木の友人作のお米が切れた。
仕方なくスーパーで小分け(1kg)のお米を購入したのだが、こういうときは無洗米を買うことが多い。

無洗米は忙しいときにはとても便利だ。
なにも考えずに米を入れて水入れて炊飯器のスイッチを押すだけ。兼業主夫の必須アイテムと言えよう。

が、この1kgパックの米を炊いてみると、なんだか変。
炊きあがりの米粒にツヤがまったくないし、なんかガサガサしている印象。(ぱさぱさではないのだけど)
食べてみると、食べられなくはないけれど、なんだか妙な風味がある。
はっきりいっておいしくない。

しかし初めて買うお米だったし、普段食べている栃木米がとてもおいしいということもあり、市販の無洗米なんてこんなもんなのか?と思って食べていた。
それにしても、このツヤのなさはなんなんだろう。「ツヤ消し米」という新作か?

マズイといいつつ、ようやく1kgが終わり、やれやれ…と袋をプラごみに入れようとしたところ、、、あっ!!


………気付いてしまいました。
なぜ、このご飯がおいしくなかったのかを。

実はこの米、無洗米じゃなくて普通のお米でした(笑)
普通の米を研がずに炊いたら、そりゃあマズイ。

家族の皆さん(妻だけだけど)、ここ1週間ほどマズイお米を食べさせてごめんなさい。
そして米農家の方。せっかくのお米、マズイ食べ方をしてごめんなさい。
お米は無実でした。

悪いのはちゃんと確認して買わず、また使用中もまったく気付かなかった、私のせいです。

忙しいからといって、ろくに表示も見ずにポンポン買い物するのは止めましょう。
忙しいからといって、無心で炊飯器に突っ込むのも止めましょう。

そして炊いたご飯がおいしくなかったら、原因追及は最後まで。

まあ家事にも失敗はつきもの。今後は気をつけましょう~。

« 桜計画 | トップページ | 炎のあるリビング »

兼業主夫として」カテゴリの記事

コメント

以前はわたしも無洗米を使っていました。水の使用量も減るし、簡単便利。このところは普通のお米にしていますけれど。

普通の精米されたお米を長いこと日光にあててしまったりすると、それこそまずいお米に変身してしまいす。むかし親戚からもらったお米がたまたまそんなお米で難渋しました(^^;

もしもそんな時には味つけのご飯、炊き込み御飯などにすれば大丈夫です。

あははは。そんなに違ったんだ。
私は無洗米なのにもかかわらず研いでます。
これももったいない話。
でもあまり水が濁らないので、すぐやめてるかな。
そうそう、家事はやらなきゃ失敗しないけど、やれば失敗はつきものですから。大きく構えてくださいね。

ムムリクさん、こんにちは。
お米一つとっても奥が深いものです。
無洗米って、工場で水を使って予洗してあるタイプと、水を使わないタイプがあるのですが、今回は初めて水を使って洗うタイプの設備を持つメーカー製だったので「こんなもんか?」と思ってしまいました。

おいしくないお米の場合は、味付けご飯にすると良い…なるほど。
今度おいしくないお米に遭遇したら試してみます~。


かみさん、こんにちは。
無洗米なのにもかかわらず研ぐ…よく考えると、袋に入っているものを直接口に入れるようなものだから、研ぐ…ではないにしろ、1度すすぐ程度に洗った方が清潔かも。
ちなみに無洗米のにごりはデンプン質なので、落とさなくて良いようです。
(ある米メーカーの顧客対応資料にありました)
それにしても研ぐ必要ありの普通の米、研がずに食べてもお腹痛くなったりはしないようです(人体実験になってしまいました)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜計画 | トップページ | 炎のあるリビング »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ