« SOHOと妊娠出産 | トップページ | 予想外のガラガラ »

2005.04.08

かな打ち野郎

自分は「かな打ち」を愛用している。

キーボードに印刷してあるひらがなで打っていくアレだ。

しかし世の中の9割の日本人は、なぜかローマ字入力を使うので、かな打ち人間は家族や職場の人たちから迫害を受けることになる。
「なんだこれ~!カナ打ちどうやって戻すんだよぉ」
「パソコン終わったら、ちゃんと設定戻しておいてよ!」などなど。

きっとこれを読んでいるみなさんもローマ字入力だと思うけれど、なぜローマ字入力なのだろうか?

たとえば、「とうきょう」と入れるとしよう。
東京はTOKYOだから、T O K Y O と入力すると ときょ になってしまう。
ときょ!?

かな打ちだったら、そのまま とうきょう でいいのに、わざわざ TOUKYOUと頭の中でローマ字変換し、それを入力するなんて面倒くさい。
だいたいかなのほうがキーボードを打つ回数は少ないですよ?

たとえば「ファジィ」なんて、ローマ字ではどう入力するのか一瞬考えてしまう。ふぁぢい、とかになったり。
日本語の表記のまま入力ができるかな打ちのほうが合理的だと思うし、携帯電話の入力方法なんかを見ると、どう見ても「かな打ち」の血を引いていると思うのだけれども…。

しかし周りにはUSキーボード(英語キーボード)なんていう代物を愛用している人もいるし、OSなんかをインストールするとディフォルト設定はローマ字打ちと決まっている。

いちおう職業でパソコンを使うので、ローマ字打ちもできなくはないけれど、しかしこのブログみたいな日本語の文章を入れる場合はダントツでかな打ちのほうが早いし、この入力方法がテキスト量の多さと関係があるような気はする。

みなさん、日本人ならかな打ちを使いません?
ウィンドウズでは Alt+ひらがなキー で、今この瞬間から「かな打ち」に切り替えられますよ。

そしてOSやATOKなどのディフォルトの入力方法をかなにしよう!(…無理だって)

« SOHOと妊娠出産 | トップページ | 予想外のガラガラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔 PC-8801 (^^; 使ってた頃はキートップのかな打ちでした。今はすっかりローマ字打ちですけれど。確かに打鍵数は多くなるけれど指の移動は少なくて済むという利点と、アルファベットだけ覚えていればよいというのはありますね。

実際アルファベットの位置はプログラムの打ち込みで染み付いていきましたし。

わたし自身は初心者の方には自分の使いやすいほうでいいんですよ、と云ってます。どちらにもメリットもデメリットもあると思うし、それこそ自分らしさでよいのでしょうから。

いまだに「うしてけ」さん(親指シフト)の愛好者だって多いようですし(最近も新しいのがでたような?)。友人も根っからの親指シフト派です。

>ディフォルトの入力方法をかなにしよう!

応援します(^^;

ムムリクさん、こんにちは。
遅くなってスイマセン。

で、カナ打ち。そうそう親指シフトなんてのもありましたね。
これもカナ入力の一種で、高速入力を旨とするモノだったはず。
(自分は使ったこと無いですが…)

PC8801、懐かしいです(^^;;
自分が初めてパソコンに触ったのってPC-8801mk2FRとかいうヤツだったとおもうのですが、同世代かも(笑)

名古屋のお花見エトセトラ、楽しまれたようでよかったですね。

わたしのは俗に言う無印でした(^^; つまり最初のやつ。いずれこれまでに使ってきた PC を紹介しようかとも思ってますが・・・、古すぎて。

おぉ初代ですね。
これまで使ってきたPC、ちょっとおもしろそうです。X68000とかFM-TOWNSとか入っているのだろうか(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SOHOと妊娠出産 | トップページ | 予想外のガラガラ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ