« 桜と古い町並み | トップページ | 田舎の水 »

2005.04.13

遺伝する習慣

妊婦雑誌を見ていると、出産のテーマのひとつに「入院期間中の夫の世話をどうするか?」というのがある。

夫の世話?なんだそりゃ?
要は、夫のご飯を用意したり、身の回りの世話をするのをどうするか…ということらしい。

一般的な出産の入院期間は1週間。
実家に一時的に帰ってもらったり、夫の母親に世話を頼んだり、というような事例が紹介されているけれど、自称兼業主夫の自分に言わせれば、そんなものただの笑い話でしかない。
今日だって妻が昼間食べる食事の一部を作ってから、自分が食事をして、それから妻を起こして会社に出てきたし、会社帰りには今夜の買い物をして帰ることになると思う。妻が入院したって、赤ちゃんにはり付けになったって、家事面ではなんの問題もない。

しかしまわりを見回すと、たしかに「奥さんにおんぶにだっこ」状態の人がいるのもまた事実。
特に仕事一筋の人ほど、そういう傾向があるような気がする。

その違いは何か…というのを考えていたら、ふと自分の父親の姿が目に浮かんだ。

そう、たしかに自分の父親は料理も得意で、比較的なんでも家事をする父親だった。(もちろん今もそうだと思うけど)
昔から魚をさばくのは父親の役目だったし、父親の料理には「父親味」があって、母親のそれとは違うけれど、でもそれはそれでけっこう好きだったな。
買い物も父親がよくしていたし、そういえば会社帰りに駅前の商店街で買い物をする習慣もあったような…。

そう考えると、自分が比較的家事をやるのは、そんな父親の影響があるのかもしれない。

しかしこの話にはオチがあって、そんなことを母親に話したら「あらアンタ家の手伝いなんか全然しなかったじゃない。○○○(弟の名前)のほうがよっぽど手伝ってくれたわよ」と。
うっ、そういえば実家にいたときは家の手伝いなんて全然しなかったかも…。むむう(笑)

« 桜と古い町並み | トップページ | 田舎の水 »

兼業主夫として」カテゴリの記事

コメント

いがさん、こんにちは。

包丁研ぎのところでも述べましたが、
うちの親父は超マメで仕事から帰ると毎日モップがけをしてました。
(^^ゞ
料理も母親の味付けは薄いと言って自分で主導権を取りたがるし、
蕎麦打ちなども僕が小さい頃からやっていて、今ではけっこういい感じの蕎麦をごちそうしてくれたりします。
そんな姿を見て育った環境というのは、今の自分に少なからず影響を及ぼしているんでしょうね。

いがさん同様、子どもの頃はあまりお手伝いはしませんでしたが。

確かに若い世代の男性は、家事を難なくこなす人が多くなっているのかな。
妻の友人のダンナさんはYシャツのアイロンがけまでやるというけど、
それだけは苦手です。

ヴィーノ・ロッソさん、こんにちは。
モップがけをする父親…なんかちょっといいですね。
そばもなんだかおいしそうです。エプロンして包丁持ってそば打ち…なんかいいかも。
私の場合は掃除に関してはテキトーな性格なので、家の中はいつも散らかっています(笑)
アイロンですが、我が家の場合、妻は苦手らしいのでやはり自分の役目です。
とはいえワイシャツに関してはアイロンがけ不要のものしか買わないので、あまりアイロンかけませんけどね(^^;;←手抜き

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜と古い町並み | トップページ | 田舎の水 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ