« うちなる攻撃 妊娠31週目(8ヶ月) | トップページ | 水道管修理リターンズ »

2005.04.18

ふきのとうの味

この季節、駐車場のわきから道ばたなど、そこらじゅうにふきのとうが生えてくる。
このふきのとう、クロミニさんの記事によると、雄株と雌株があるそうだ。
ここ十勝ではクロミニさんの指摘通り、「雑草」という感じ。
河原とかちょっとした空き地に「これでもかっ」というくらいに生えていて、その気になれば1000個でも2000個でもすぐ収穫できそう。

ふきのとうといえば、我が家ではフキ味噌が定番。

というわけで、道ばたでフキノトウを摘んで、作ってみました。
ポイントは欲張って作りすぎないこと(笑)
苦みがあって「おとなの味」なので、2株ぶんも作れば十分。

fuki1

こんな感じ。
これは雄株?雌株?わかりません(笑)

ふき味噌担当は妻。
ふきは刻んで、水にさらす。

fuki2

フライパンで炒めて、みそとみりん、砂糖で味付け。みそは先日の岐阜のおみやげの郡上味噌。
炒めながらよく混ぜます。

できました~。
fuki3

味見してみると、ほろ苦い風味がかすかに…いや「かすか」ではなく派手に広がり、まさに春の風味。
ご飯のおともにもいいし、生キュウリにつけて食べてもおいしい。

十勝はまだまだふきのとうの季節。
本格的に植物たちが芽吹くまで、もうちょいだ。

« うちなる攻撃 妊娠31週目(8ヶ月) | トップページ | 水道管修理リターンズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ふき味噌は作ったことないです。へぇ~そうやって作るんだ。
ちょっと苦くて大人の味ですよね。たぶん私はそれで一杯やれます(笑)
東京の桜は葉桜になりました。早いものです。

いがさん、こんにちは!TBありがとうございます!
昨年の夏、ニセコで初めて北海道のふきを見ましたが、「なんじゃあ、こりゃぁっ?!」ってくらいビッグで驚きました。そういや「北の国から」で純と蛍が傘代わりにさしていたなぁなんて、思い出したりして。ふきのとうもやっぱりビッグなのでしょうか?!
雄株、雌株、草丈10~20センチくらいになると違ってきますよ!見てみて下さいね。

かみさん
なるほど、お酒ですか。思いつかなかったけれど、たしかに日本酒とかには合いそうですね。
十勝はまだ日陰などに雪がありますよ。早くもっと暖かくならないかなぁ。

クロミニさん
こんにちは~。
そうそう、北海道のフキはでかい!傘にする…という話は知りませんでしたが、たしかに傘になりそう。
しかし品種は本州と同じフキだそうですよ。昼夜の温度差で巨大化するとか、しないとか…。
フキノトウのサイズはたぶん同じです。
雄株、雌株は全然知りませんでした。まだ比較的小さいですが、大きくなったら注意してみますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うちなる攻撃 妊娠31週目(8ヶ月) | トップページ | 水道管修理リターンズ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ