« 夏休みのフルーツざんまい | トップページ | 夏休み終了 »

2005.08.16

初めての赤ちゃん連れ旅行

赤ちゃんがいるとはいえ、たまには遠出もしたいし、温泉にも入りたいし、おいしいものも食べたい…。
(充分しているのでは?という指摘もあるけど(笑))
だがしかし、まわりの人たちに迷惑をかけたくないし、赤ちゃん自身の負担になるのもちょっと。

生後2ヶ月半、まだちょっと早いかなぁ?と思いつつ、10日ほど前、はじめて泊まりがけで赤ちゃん連れ旅行に行ってみたので、その様子をご紹介。

ドライブの注意点などは前回と同じなので、今回は赤ちゃん連れの宿泊についての話。

旅行に行くと気を遣うのが食事の場。
レストランとかだといつ泣き出すかとヒヤヒヤするし、泣いたからといって公共の場で授乳というわけにもいかず、また食事の場でおむつ交換をするわけにもいかないし、少し困りもの。

そこで思いついたのが部屋食。
部屋でご飯なら、赤ちゃんがいても大丈夫そうだし、おいしいものも楽しめそう。


宿泊に関して言えば、一番心配なことは、深夜に泣いてまわりに迷惑をかけないか…ということ。
それを考慮して宿泊施設を選びたい。

おっぱいをあげても泣きやまないことはないので、泣いて大変ってことはないけれど、しかしできれば遮音性は高いほうが安心。

そんなわけで、部屋食がでて、温泉があって、鉄筋の建物で遮音性が高そうなホテル…北海道はそんな温泉ホテルはわりといっぱいあるので、そのなかで適当に予約していざ!

今回の行き先は札幌の近くの定山渓温泉というところ。
自宅からの距離は約200キロ。

ひさしぶりの札幌、帯広には無い大きな書店で本や雑誌をいっぱい買い込み、ゴロゴロしながら読むのが大人達はお楽しみ。

今回予約したのは和室と洋室がひと続きになっている部屋。
ベッドで添い寝でもいいかなぁ…と思っていたけれど、事前にホテルに電話したときに「赤ちゃんが一緒です」と伝えておいたところ、ベッドのほかに和室の部分にも布団を敷きに来てくれたので、妻と赤ちゃんはここで寝ることに。

夕飯は予定通り部屋食。
これならば食事中の授乳だっておむつ交換だって大丈夫だ。
やはりレストランのように周りに気を遣わなくて済むので、赤ちゃん連れにはいい感じ。

そして温泉。
大浴場にはおむつ交換ベッドとかもあったけれど、しかし赤ちゃんを大浴場に入れるのはちょっと…。
もしおむつもとれていない赤ちゃんや子どもが温泉に入ってきたら自分だったら嫌なので、しばらく赤ちゃんは温泉はパス。
何年か後、おむつがとれたら一緒に入りましょう。
親は一人づつ交代で温泉に入れば問題ないしね。

赤ちゃんの入浴については、部屋についている小さなユニットバスで入れることに。
…が、ここで問題発生。
風呂の蛇口からでてくるお湯が赤い…(笑)
やはり温泉に来て、部屋のユニットバスを使う人なんていないのかも(^^;;

しばらく出しっぱなしにしておくことで解決だけど、しかしやはり気持ちの良いモノではないな。

そして就寝。

現在、相変わらず3時間おきの授乳。
部屋は鉄筋9階建ての9階、わりと防音はちゃんとしていた建物っぽかったし、となりの部屋の物音なんてまったく聞こえなかったので、気にしすぎだったかもしれないけれど、一瞬たりとも泣かないように、妻はとても気を遣っていた。
(お腹がすいて泣くときは、フニフニフニ…という前置きがあるので、すかさずおっぱいをあげれば泣き出すことはない)

この点については、やはり田舎で一戸建ての我が家のほうがずっと気が楽だ…。
(それとも気にしすぎなのか?)

朝ご飯は毎度おなじみバイキング。
ベビーカーを押して行けなくもないけれど、ここは自分と妻がひとりずつ行くことで解決。

そんなわけで結論としては、久々の温泉で、楽しめたことは楽しめたけれど、やはり泊まりがけで出かけると、それはそれでけっこう気を遣うし、まだまだレジャー気分というわけにはいかないなぁ…と思った次第でした。

まだまだ赤ちゃんの寝起きは不規則、もう少し規則的な生活になったらまた旅行に行こうかな。

« 夏休みのフルーツざんまい | トップページ | 夏休み終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

旅行好きな僕は、娘が生まれてから、嫁さんが育児休暇という事もあり、色々なところに行っています。
あ・・そうそう、僕も北海道なんですよ。
最初に旅行に行ったのは3ヶ月の時ですね。北関東、信州の10日間の貧乏旅行でした。

基本的に自家用車中心で、フェリーは1等客室で過ごしました。ホテルはインターネットの口コミ情報で、隣部屋との壁が厚そうなホテルか、コテージにしました。コテージって結構安くて、3人で8千円ってところもあったりして。
衛生面も気になっていたので、きれいめなところを探して生きました。嫁さんも「思っていたよりも大変じゃなかった」って言ってましたし、まずまずですかね。

そして実は、育児休暇最後の月なので、先日まで沖縄方面に10日間の旅をしてきました。マイルも貯まっていたので思い切って。
一番心配していた、飛行機。寝る時間を調整して乗ったので、飛行機の中の半分はぐっすり。あとは遊んでいました。
観光は、レンタカー屋で借りたベビーシートは家にある物よりも、よい物だったので、娘は泣くことはありませんでした。
観光は、抱っこヒモと日傘が大活躍。
そんな格好の、僕の姿はちょっとこっけいでしたが(笑)

ホテルは、和室で、壁の厚いホテルや旅館をチョイス。
インターネットで予約したので、3人で1万円以上のホテルはない、格安旅行でした。

3ヶ月から旅行開始で8ヶ月では沖縄10日間ですか~。
うーむ、素晴らしい!!
1等客室もコテージも良さそうですねえ。

同じ3ヶ月ですが、我が家の場合は逆に「思ったより大変だった」という話なので、やはり個人差か…。うーむー。
最初だったので気を遣いすぎた、ってのもあるのかもしれませんが…。

たしかに育児休暇がとれたら実家に帰るがてら車で本州に行くのも悪くないかもしれません。
しかし実際は自分の育児休暇も怪しいし、妻の仕事もあるので無理っぽいです。とほほ。

チチに関連して「やはり育児休暇はチチがないから取ってもなぁ…」という気持ちになっていたのですが、歩さんにいただいたコメントを見て「育児休暇といいつつ家にいなきゃいけないってことはないのだから、あちこち行ってみたい」という気になりました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休みのフルーツざんまい | トップページ | 夏休み終了 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ