« 赤ちゃんの個性 | トップページ | ハードディスククラッシュ »

2005.08.09

船を作った話

カーポートのところに、木製のカヌーがぶら下がっている。
これ、手作りした本物のカナディアンカヌー。
長さ16フィート(5m弱)、重さ30kg、最大積載量400kg程度で大人3人まで乗れる本格的なもの。

canue

然別湖あたりでカヌーを浮かべ、静かな湖面を自由気ままに散歩するのはまさに至福の時間。
カヌーの魅力は、なんといっても静かなこと。そして視線が低いこと。

このカヌー、移住よりも数年前、北海道旅行中に作ったものだ。
妻と一緒に10日ほどの日程で道東旅行中の最初の頃、たまたま新得で昔カヌーを手作りしていた方とその人が作ったカヌーに出会ったのがきっかけ。

美しい曲線だけで構成された木製のカヌーに一目惚れしてしまい、カナディアンカヌー自体は釧路湿原やカナダで乗ったことがあって、その魅力は重々承知していたものだから、これを作りたい!欲しい!!と言うことで大いに盛り上がり、以後の旅行日程をすべてキャンセル、頼み込んで工房の未使用部屋にしばらく泊めてもらい、1週間ほどかかって作ったもの。

長さ数m、幅3センチ、厚さ5ミリほどの薄い黒松の木を多数、船のカーブを描くようにきっちりと貼り合わせて作ったもので、木の貼り合わせが美しく、まるで工芸品のよう。


制作中は工房メンバーのいかつい男達数人が朝から晩までつきっきりで作業を指導してくれ(彼らがほとんど作った…と言えるかも)、話を聞きつけた近所の方、工房メンバーの家族、材木屋さん、町の観光課のえらい人まで、いろいろな人たちが様子を見にきて、本州からの珍客である私たち夫婦にいろいろな話を聞かせてくれた。

北海道での暮らし、自然を相手に仕事をすること、食べ物のこと、気候のこと、森のこと、動物のこと、山のこと…。

当時どんな話をしたのか細かいところは忘れてしまったけれど、でもこのカヌーづくりを通じて出会った人たちとの温かいやりとりが、北海道移住への気持ちを高め、なんとなく夢のように感じていた移住が、現実的なこととして感じられるようになったきっかけになった…と今になって思う。

だからこのカヌーはそんな「北海道移住」への記念碑のようなもので、私たちにとっては大切なものだ。

カヌーの横には「IGA号」という船の名前、それから私たちの似顔絵が描かれていて、本当に世界で一つしかないの私たちの船だ。


マイカヌーを持っています!なんて言うと、バリバリのアウトドア派で、川や湖の達人のように勘違いされてしまうけれど、実はこのカヌーには数回しか乗ったことがなく、まったくの初心者。
自分たちの体型に合わせたライフジャケットもマイパドル(オールのようなもの)も、その他必要なものはすべて揃っているけれど、ほとんど使ったことがなく万年飾り物状態だったりする。

乗らない理由は主として自分達の技量の低さ。
沈(ちん:転覆すること)したときのセルフレスキューにまったく自信がなく、ライフジャケットを着けているとはいえ、泳ぐのもあまり得意ではないし、体力にも危険判断力にも自信がないし、沈のことを考えるとちょっと怖い。

猫に小判、豚に真珠とはまさにこのこと。

でもいいのだ。
これはこうして飾って、眺めて楽しむのだ。


とはいえ、子どもがもう少し大きくなったら一緒に静かな湖に浮かべて楽しむのもいいかも?
もう少し上達したら、釧路湿原を流れる釧路川や、十勝川を下ってみるのも楽しそう。

横浜のアパートに暮らしているときは、まさか自分の家にこんな大きなカヌーを保管して、時にはそれに乗って遊ぼう…なんて考えつきもしなかったこと。

やっぱり北海道はふところが大きい。

« 赤ちゃんの個性 | トップページ | ハードディスククラッシュ »

北海道移住」カテゴリの記事

コメント

新得ですか。ちゃりんこの家しか思い浮かびません(^^;

それはさておき、あちこちでカヌーの教室などもあるので楽しみはたくさんあるでしょうね。

霧多布湿原でもそうしたツアーがあったのを思いだします。民宿きりたっぷり、まだあるのだろうか。元気にしてるかなあ・・・

ムムリクさん、こんにちは。

霧多布湿原!
自分は高校生のときに民宿きりたっぷ里行きましたよ~。
当時は足がなく、バスで夕方着いて朝発ったため、霧多布の魅力に気付いたのはずいぶんと後でした。
昨年だったか前を通ったらちゃんと建物は健在でしたし、HPもあるようなのでまだ営業しているようですね。

自分はペンションポーチに連泊して、無人島に行ったり、カヌーで琵琶瀬川を下ったのが印象に残っています。
瓜田さん元気かなあ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤ちゃんの個性 | トップページ | ハードディスククラッシュ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ