« お母さんのひざにのって | トップページ | 一眼レフ原理主義 »

2005.08.18

小麦ロール

roll
EOS10D EF17-40mmF4L

十勝の主要な農産物のひとつに小麦がある。
この小麦は、秋にタネをまいて、翌年の7月下旬から8月にかけて収穫して、小麦粉になり、麺類やパンになって私たちの口に入る。
収穫はコンバインという大型の機械で。

収穫後には「麦わら」が残るのだけれど、この麦わらは、酪農家が牛の寝床などに使うそうだ。
畑作農家は酪農家に麦わらを渡し、代わりに酪農家から堆肥をもらう…そんな仕組みになっている、なんて話を聞いたことがある。

さて、そんなわけで、この季節「麦わら」をロールにまとめたものを見ることが出来る。
北海道では、酪農家が作っている「牧草ロール」をよく見ることが出来るけれど、この麦わらロールはそれとは別のモノ。
だから毎年、この時期だけ見られる期間限定の風景だったりする。

ちなみに高さは人の身長以上あって、重さは200キロ以上あるそうだ。

…そんな小麦ロール、なんとなく北海道の風景らしくて、自分は大好き。
なんかコロコロしていてカワイイと思いませんか?

« お母さんのひざにのって | トップページ | 一眼レフ原理主義 »

おまけ写真」カテゴリの記事

コメント

専用の機械をつけた車で走りながら、パカッ、コロンと落ちてくる様がなんとも面白くて見てしまうのですよね。
四角いのをつくるのも面白いです。
秋の風物詩ですよね。

ムムリクさん、こんにちは。
そうそう、パカッ、コロンはたしかにおもしろいです。
ときどきお祭りとかで、このロールを転がすゲームなんかをやっているようですが、どんなもんか試してみたいですね。
小麦って、数ある作物のなかで最初に収穫するモノなので、このロールを見るとなんとなく季節の移ろいを感じます。

いがさん、トラックバックありがとうございます!
僕たちが十勝で見た景色と同じです。
やはりいがさんのお宅の近くまで行ってたようですね。
この小麦ロールの景色、とても気に入りました。
それぞれの畑で、きれいに整列してあったり、
ランダムに並んでいたり。同じロールでもいろんな
表情をしていて楽しいです。
それにしても、景色もさることながら、写真も素敵ですね。
この奥行き感といい、大地の広がり具合といい、素晴らしいですね!

かずさん、こんにちは~。
やっぱりうちの近所に来ていたのですね。
ロールですが、たしかに並んでいたり、ランダムだったりいろいろ、いろいろな表情があってとても楽しいです。

写真褒めていただきありがとうございます(^^)y
この写真はEF17-40というレンズで撮り、RAWモード撮影し、DPPでデジタル現像しています。
キスデジでもRAWモード撮影できますから、もし現在jpegで撮っていたら今度是非RAWモード+DPP(Digital Photo Professional:キヤノン製のソフト。EOSユーザーは無料でダウンロードできます)を試してみてください。

この景色ですが、自宅から徒歩圏、「ロングコース」という犬の散歩コースがあるのですが、その途中の景色です。
ここ数日の雨で、もうロールは片づけられてしまったと思うのですが、また来年こんな景色が見られるのが楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お母さんのひざにのって | トップページ | 一眼レフ原理主義 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ