« 小麦ロール | トップページ | 木の下で »

2005.08.19

一眼レフ原理主義

一眼レフが好きだ。

ボケを生かした立体的で暖かみのある写真、一瞬の表情を捉えた写真、レンズ交換の楽しさ、撮影の自由度など、「カメラ」というくくりだけど、一眼とそれ以外のカメラは全然違うモノだ。

一眼レフは高いしデカイし重いし黒いしダサイしマニアっぽいし…ということで敬遠されがちだけど、しかし一眼でなくちゃ…という写真は絶対ある。

たまに自分には使いこなせないからコンパクトを…という人がいるけれど、自分に言わせるとそれは間違っている。
実はオートでもそこそこキレイに撮れ、少しステップアップしたくなったら、とたんに自在に操れるおもしろさ、それが一眼レフだ。

一眼レフは難しいイメージかもしれないけれど、コンパクトこそ自由度が低く、限られた条件のなかで工夫して撮影しなきゃいけないわけで、自分にはかえってそっちのほうが難しい気がする。

最近は初期のモデルが中古でかなり安く買えるようになってきたし、来週にはキヤノンから新機種のウワサもあって、ますます中古価格は下がって買いやすくなってきた。
赤ちゃんや子ども、ペットなどがいたり、風景や車など「撮りたいモノ」がある人はぜひデジタル一眼やフィルム一眼を買って使い倒して欲しい。(この記事はカメラメーカーのまわしものか?)

自分がデジタル一眼レフを買ったのはもうだいぶ前だけど、最近ますますカメラのおもしろさにはまっていて、温人の誕生もあって撮影枚数はうなぎ登りだ。
もちろん妻もよく撮っていて、「首が座る」という記事の赤ちゃんを持ち上げてる写真は妻が撮影したもの。

さて、一眼レフを使う上でもっとも重要なこと。
それは、実はレンズ選びだ。

一眼レフの写りはレンズで決まる、と言っても過言ではない。
「一眼買ったんだけど、なんかあまりいい写真が撮れない…」というのは、まあレンズのせいだと思う。

写真ってレンズを通して撮るのだから、レンズはすごく重要。
そのわりに、わりと軽視されているところがあって、なんの疑いもなく「本体とセットで買った標準セットズーム」のみを使っている人のなんと多いことか。
一眼原理主義者の自分に言わせるとなんともったいない。

詳しく解説すると長くなるので割愛するけど、標準セット品というのは、暗くて手ぶれしやすく、またバックをキレイにぼかした写真も撮りにくい。画質もそれほど良いとは言えない。
はっきりいってこのレンズで撮れる写真はコンパクトデジカメとそんなに変わらない気がする。

やはり明るく撮れて、しかもぶれにくく、かつボケを生かした立体的で暖かみのある写真を撮るには、やはり単焦点(ズームしない)の明るい(F値の小さい)レンズだ。

そんな自分がこのところ愛用しているのは、EF35mmF1.4Lというレンズ。
子どもが生まれるのにあわせて買ったのだけれど、これがもう超絶な写り。
ボケ味といい、シャープさといい、色のりといい、もう最高。
このレンズを付けると、まるで別のカメラになったみたいな世界が広がっている。
ここ最近撮っている子ども写真はみんなコレで撮ったモノだ。
あまりにも素晴らしいので、赤ちゃんが生まれた家を訪問して、写真を撮ってあげたいくらい(やらないって)。

しかし…このレンズには重大な欠点がある。
それは値段がとても高いこと。

…というわけで、さすがにこれをオススメするわけにはいかないし、そんなお金あったら違うことに使うほうが正しいとは思うので、キヤノン製の一眼レフ本体(キスデジやフィルム一眼レフ含む)を持っている人へのおすすめ。
それはEF50mmF1.8IIというヤツ。

これだったら、量販店で1万円以下で買えるし、軽いし、そのわりには単焦点の良さをしっかり持ったレンズなので、標準品ズームレンズとは全然違うきれいな写真が撮れると思う。
本当は本体と同時購入する1つめのレンズに標準ズームレンズじゃなくてコッチを買って欲しいくらいだ。
(ちょっと焦点距離が長いので、狭いところではやや使いにくいけれど…)

この場合、オートモードは使わず、絞り優先モードにして、絞りを開け気味(F値を小さく)にすればOK。

その他、いろいろとキレイな写真を撮るためのノウハウはあるのだけれど、長くなってしまうのでまた別の機会に書くことにしよう。

« 小麦ロール | トップページ | 木の下で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かつてカメラレンズを研磨していました。原因不明の歩留まり低下で難儀したのを思い出します(^^;

一眼デジカメも欲しいとは思うのですが、今はキャノンのコンパクト。将来のためにいろいろノウハウ教えてください。

毎度、いがさんの写真の美しさに惚れ惚れしていまして、
僕たちもこんな写真撮りたいよね~とまさえといつも話しておりました。
ですので、今回の記事は大変興味深く読ませていただきました。
僕たちも、ブログ開設当初から、CyberShot T1を使用して
写真を撮っていたのですが、写真を撮ることの楽しさに目覚めたのと、もっと風景や花、食べ物をきれいに撮りたいと思うようになりまして、つい先日キスデジを購入したんです~。(レンズは標準を買いました^^)
何しろ初めての一眼レフですから、マニュアルやガイド本を
見ながら、いろいろと試している最中です。
しかし、レンズによってそこまで違うとは、知りませんでした。一眼レフを買えば何とかなるだろう!みたいなところも少なからずありましたので、レンズについてもちょっとずつ
勉強していこうと思います。
またきれいに撮るコツ的なお話、楽しみにしています。

ムムリクさん、こんにちは。
おおっと、レンズの研磨ですか!?なかなか難しそうですね。

コンパクトはコンパクトの良さがあり、自分もコンパクトは併用していますが、しかしやはり一眼には一眼の世界があります。
一眼の話は時々書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。


かずさん、こんにちは~。
かずさんの写真のいいなーと思っていたのですが、サイバーショットだったんですね。
でもキスデジ購入ということで、さらにパワーアップすることを期待しています(^^)y
キスデジは軽いし、EF-Sが使えるし、とてもいいカメラですよね。
一眼だから、一眼ならでは写真はきちんと撮れますし。
レンズによる写りの違いはありますよ。
かずさんの撮るジャンルを考えると、標準ズームのつぎはEF-S60mmF2.8マクロあたりですかね?
望遠が欲しくなると思うのですが、やはり上記のようなマクロレンズや、単焦点の明るいレンズをおすすめしておきます。最近出たシグマの30mmF1.4というヤツも良さそう…。楽しいですよ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小麦ロール | トップページ | 木の下で »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ