« 燃える秋 | トップページ | 砂利道を抜けて »

2005.10.18

なんでもシステム屋

自分のいまの派遣先での仕事は「なんでもシステム屋」だ。

膨大な取引を司る壮大なシステムを設計することもあるし、時にバーコード印刷だったり、伝票印字のプログラムだったり、チョコチョコしたVBAを書いたり、SQLのチューンナップだったり、はたまたサーバーのメンテから、ネットワークの調子をみたり、コーヒーをこぼしたキーボードの復活を試みたりと、文字通り「なんでも屋」だ。

いまの派遣先の特徴として、なによりもスピードが要求される…という特徴がある。
要するに、少しくらい変なところがあってもいいから、とにかく早く作って、ということ。

たとえば今週の仕事はこんな感じ。

「毎週日曜日に発注データがあるかどうか自動でチェックして、データがあればその内容をこんな感じ、なければこんな感じの紙をココに自動FAXする仕組みを作って」
と、発注データの仕様書と手書きの紙を2枚渡される。

「次の日曜から動かすから今週中に作ってね」
指示はこれだけ。


まずはサーバーの構成を考える。
データを受信するのはコイツで、プログラムは毎週日曜日に自動起動にしよう。
ファクスを作るのはコイツで、アクセスを常駐させとこう。
FAXサーバーはコイツで、各ブログラム間の通信は…?などなど。

今回の場合は簡単なのでひとりでやってしまうけれど、場合によっては他メンバーに作業を振って、それでもだめな場合は人を追加するように要請したり。

で、データを格納するデータベースをザッと設計し、発注データを取得するプログラムをつくり(納期が厳しいので、設計もせずに、脳内設計でいきなりプログラムを書く場合が多い)、FAXで送る文章の中身はアクセスで作るのが簡単そうなのでつくり、自動FAXと言われたので、アクセスからFAXを送る仕組みを調べ、発注データを取得するプログラムからアクセスに対して送る電文仕様を適当につくる。

うまくいったら送信ログを残し、なんかエラーが起きたときは誰かの携帯にメールで通知、ビジーだったら5分後にまた送って5回ダメならメール送るようにしようかな?…それから、えーとえーと…etc..

で、だいたいは納期ギリギリに「それらしい」モノが出来て、そのまま運用に突入。
最初の本番動作が最初の「通しテスト」みたいな感じになり、その後少し時間をかけて、へんなところを直したり、よりよいモノにしていく…という感じ。

システム構築って本来はこんなものではない。
お客さんから詳しく話を聞き、それを仕様書に書いて、仕様をレビュー。
その後プログラムを設計して、プログラムを書いて、テスト仕様書を作って、テスト。
そんでもって操作説明書を書いて、要員教育をして、そうしてようやく運用…という感じが本来の姿なのだけれど、こんな「キチンとした手順」を踏んだものなんてほとんど無い(笑)

自分は適当でいいかげんな性格なので、今の派遣先のようなやり方が性にあっているともいえるのだけれど。

仕様書?そんなものは無いよ。ソース見てソース。
コメント?ああ、たしかに入ってないね。ごめんごめん。

この手法は開発速度は異様に早くて、たしかにあっという間に完成するのはいいけれど、しかしその出来上がったブツがいろいろな意味で「個人的」なものになってしまう、という重大な問題点がある。

開発速度が速いぶん品質が高い、あるいは読みやすいプログラムとはとても言えず、改修や改造も「作った本人」なら早いけれど、他人だと解析するのに時間もかかり、どうやってテストしたのかもよくわからず、結局「作ったあいつに聞こうよ」ということになってしまいがちだ。

自分の育児休業がスムーズに行かない理由のひとつはこんなところにもあるような気がする。

« 燃える秋 | トップページ | 砂利道を抜けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

客先常駐が長くなると
どうしてもそんな状態になっちゃいますよね。^^;
裏を返せば、いがさんがお客様から
信頼されている証拠です。
仕事と育児で大変でしょうが頑張って下さい!
無事、育児休暇が取れる事をお祈りしています。

我が家の出産時に、応援やお祝いのコメント
ありがとうございました。m(_ _)m
本当に嬉しかったです!

イタチさん、こんばんは。
いやいや、この現場はちょっと長く居すぎた感はありますよ。
常駐って1年とか2年くらいで切ったほうがいいんじゃないかなぁ…なんて最近思います。

それはそうと赤ちゃんの無事の出産、ホントにおめでとうございます。
やっぱりブログを通じた知り合いといっても、子どもが生まれるのは本当にめでたいですよ。
これからがホントに大変ですが、がんばってくださいねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 燃える秋 | トップページ | 砂利道を抜けて »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ