« たまには都会 | トップページ | 雪 »

2005.11.11

寝返りマスター

生後5ヶ月半のハルトは、とうとう寝返りをマスター。
右でも左でも好きに動けるようになった。
ころころと転がって、行きたい方向に進んでいく。

本人にとっては行動範囲が広がって、嬉しいことこのうえなさそうだけれど、見ているこっちとしてみればヒヤヒヤ。ベッドから落ちないかどうか目が離せないし、ハイ&ローチェアの上にも安心して乗せてられなくなってしまった。

でも、それもまたちゃんと成長している、という証。
すくすくと大きくなれよー。

↓ドライブの休憩中、チャイルドシートでパチリ。顔つきも多少しっかりしてきた…かな?
CRW_4524


体重は相変わらず少なくて、成長曲線のいちばん下。身長は順調に伸びているんだけれど。
とはいえ、機嫌もいいし、手足をパタパタと動かしていつもとても元気。
最近はベッドや床の上で、上体や腕を支えてやって「立つマネ」をするのがお気に入り。
やっぱり人間だから立つのが嬉しいのかなー?

また予防接種も続々受けていて、BCGだの三種混合だのポリオだのけっこう慌ただしい。

そんななか、今日は血液検査(と早めの6ヶ月検診を兼ねて)で産科併設の小児科へ。
血液検査というのは、いまからちょうど1年くらい前東京のナントカ教授が、「妊娠中の体重変化と出産の状況、それにその後の発育状況について研究をしたいので、その協力者を求めている」…という説明会があり、それに手を挙げて協力することにしたための血液検査。

そう説明してもほとんど協力者はいないらしく、某助産師さんですら「私だったら必要のない採血を自分の子どもにさせるのは『うーん』って思うかなあ」なんて言っていた。たしかにそれはそう。

でも、いまこうして医療が発達して、いろんな病気が治ったり長生きできたりするのは、もちろん医療関係者の努力によるものが一番だけれど、その陰で試験台?やらデータ提供者になった人たちがたくさんいるのではないかと。で、その恩恵はいっぱい受けているんだろうから、数回の採血と発育データの提供程度の協力だったらいいんでないかい?と妻と話し合って、同意書にサインして検査を受けることにした。

今日はナントカ教授がわざわざ東京からやってきて説明と採血。
詳しい研究の意義とかはよくわからないけれど、どうかこれからの医療の発展に役立ちますように。(採血くらいでオーバーな…)

« たまには都会 | トップページ | 雪 »

兼業主夫の子育て」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
いつも、拝見してます。
ハルト君が、とっても、とっても可愛いですね♪
赤ちゃんは、どうして何時もあんなに大きな瞳で
びっくりしたように、何かを見ているのでしょうか?
もしかしたら、大人になったら見えなくなってしまうものが
ハルト君には、見えているのかしら・・・

又、写真の景色も素晴らしく、PCの画面の前で深呼吸しています(^^♪

うさぎさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。
以前よりご覧いただいていた…ということでありがとうございます。嬉しいです。

ホント、赤ちゃんの目って大きいですよね。そして黒くてクリクリしていて…。
たしかに私たちにはもう見えないモノが彼らには見えているのかもしれませんね。

今月末をもって一時的に無職状態になるので、今年の冬は写真が増えるかも…いや、育児が大変で昨年よりも少ないかも…って本当のところはわかりませんが、これからもどうぞよろしくお願いします(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たまには都会 | トップページ | 雪 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ