« 離乳食 | トップページ | 全身発疹 »

2005.12.13

ママの集まりに行ってみた

町に「子育て支援センター」のような施設があって、今日はそこで行われる6ヶ月育児相談会?の日。

この6ヶ月育児相談会、離乳食や歯の手入れの説明…という名目だけれど、案内書を見ると「自己紹介」などの時間が長くて、メインはママ友を作るための時間、ということのようだ。ママ同士育児についてワイワイお話しませんか、なんて書いてあるし。

仕事が一段落した妻も無理すれば行けたのだけれど、ここはせっかくの育児休暇だし、妻はこういうのあまり得意でないなぁ…なんて言っているし、どんなもんだか夫の自分が行ってみよう。
一応ほ乳瓶やミルクの準備をして、着替えやおむつ、母子手帳も持って、ハルトとふたりで出かけた。

もしかして女性天国?と予想して部屋にはいると、やはりそこには女性しかいない。参加者15名ほどと、6人程度のスタッフも全員女性。軽く挨拶して車座に座る。

みんな同じ2005年5月に生まれたママたちばかりなので、ほとんどお互いに知り合いらしく、他のママたちと話が弾んでいるのに、そこにポツンと座る自分。
うーむ、やはりこの場に父親は場違いか?

泣き出す赤ちゃんをあやしたり、おむつを替えたりしていると、なんとなく皆の注目を浴びているような気がするのは気のせいだろうか?

とはいえ名前と「育児休暇取って育児と家事を全般的にやっています」と自己紹介すると、なんとなくわかってもらえた様子。

会は自己紹介のあと、困りごとの発表、離乳食の試食、歯が生えてきたときの歯磨きの仕方、その他生活の注意点などが進む。ふむふむ。

最後の交流タイム。
黙っているのも変なので、となりにいるママに「赤ちゃんの手おっきいですねえ」なんて話しかけてみるものの、なんとなく不自然。
それでもなんとか無理して話をしてみると、その人の旦那さんは農家なので一日家にいるけれど、育児なんてほとんどノータッチ、今日は朝から遊びに行っている、なんて話。
なるほどねぇ。

ふと見回してみると、それぞれママ友同士数人ずつ集まって、自然発生グループのようになっている。ウチの子は…なんとかちゃんは…なんて話が盛り上がってるようだ。
北海道は冬寒いし、車社会なので、こういう場が公園の代わりになっているのかも。
そうなると今日って公園デビューのようなもの?

ママ友が絶対にいないとダメ…とも感じないし、ママ友グループに男が入るのも実際問題としては無理があると思うので別にかまわないのだけれど、こんな会ひとつとっても、やっぱり男女の育児の間には大きな壁があるなぁ。

そんなわけで、ちょっとママ友作りにはほど遠かったけれど、なんとなく雰囲気はわかった育児相談会だった。

自宅を出て、会に参加してちょっと買い物して、ふたたび自宅に戻るまで3時間余り。3時間くらいなら、ハルトとふたりきりで外出も可能ということがわかっただけでも良しとしよう。

育児休暇中、予防接種やこんな会などはあと数回あるので、今後も参加してみようかな。

« 離乳食 | トップページ | 全身発疹 »

兼業主夫の子育て」カテゴリの記事

コメント

子はかすがいといいますが、普通は夫婦の間の事を
指すのですが、地域の人達とも同じ事が言えるのでは
ないかと思っています。

私の所も夫婦だけで住んでいた時は地域の人達と
殆どつきあいがなかったのですが、子供が出来て
赤ちゃん学級とか行政の主催の会とか、体操の会
とか近所の集まりに奥さんが出るようになって
急につき合いができました。すると近所の情報
(都会なので防犯関連の情報とか)は比べもの
にならないぐらい入るようになりました。
最近は幼稚園に行き始めたのでなおいっそうです。

子供の社会参加というのもやがては直面しますよね
そのままだと、大人みたいな子供になっちゃうで
しょうし、否が応でも子育てする以上地域の人と
お付き合いする必要が出てくるという事なのかも
しれません。

なんか、子供を通してでないと地域の人と仲良く
なれないなんて、こっちが子供なのかもなぁなんて
思ったりして(笑)

私もN田さんと同じようなことを毎日感じています。
子供が生まれてから、そして長女が幼稚園に行き始めてから、とても変わりましたね~。
すっかり地域に根付いてしまって、もう引っ越せなくなりました(笑)
これがまた小学校に行くようになると、ますますすごいかも。

とは言っても、はじめはなかなかママ友との付き合いって大変だと思います。(私もそうだった…)
慣れてくれば、だんだんお友達も増えて楽しくなってきますよ~!
何と言っても、同世代のお友達との交流は、子供にとってとっても刺激があって良いと思います(^^)
ママも仕事の都合がついたら、ぜひそういう会に連れて行ってあげてくださいね。

そういえば、ウチのダンナも時々幼稚園に送りに行ったりするけれど、お母さんたちが話しかけてくれないとよく言ってます。
「男女差別だ~!」なんて文句言ってるよ~(笑)
でも幼稚園の子供たちは「おじさん大好き」なので、いっぱい寄ってきて囲まれるらしいけどね(^_^;)
子供にとっては男性も女性も必要な存在。
男性の育児参加はとても重要だし、もっともっと父親が育児参加できる社会になってほしい。
これからもがんばれ~、いがちゃん!

こんにちは。

ウチの場合、ママ友の集まりは最初ママが行ってました。
で、そこで「仕事復帰と同時にパパが休みます」
見たいなことを言ってました。
だから散歩していたりすると、
そのママ友が娘の顔を見て私を認識してくれるようで話し掛けてくれたりはしましたね。

でもやっぱりママ友の集まりには行けませんでした(^^;)
その点、いがさんはえらいなぁ・・・

子育て支援センターは何度か行きました。
ここはおもちゃがあって勝手に遊んでいいところです。
知ってるママがいると話す程度でしたが、
パパと2人できている人もたまに見ましたね。

ウチはマンション住まいなのですが、
同じマンションのママとは結構仲良く話してましたよ。
丁度テレビで「アットホームダッド」って専業主夫のドラマがやっていた直後でして、
比較的好意的に写ったようです(笑)

そういうママ友などから、色々な地域情報は入手できますね。
病院情報なんかは結構助かったかな?
おすそ分けとかもされるようになりましたし(^^;)

書き忘れたことを・・・

>泣き出す赤ちゃんをあやしたり、おむつを替えたりしていると、
>なんとなく皆の注目を浴びているような気がするのは気のせいだろうか?

私もそんな気がしました。なんか見られている気が(^^;)
予防接種の時の話ですが、パパだけってやっぱりあんまり居ないんですよねぇ。

そして予防接種がポリオだったのですが、
これって口から飲ませて20分くらいは指をしゃぶっちゃダメってやつです。

当時、ウチの子は指しゃぶりがクセで、
しゃぶらせないように押さえつけると泣くんですよ(T_T)
だもんでこの予防接種はずーっと泣きっぱなし。
ママ連中の目は当然集中。
なんか「やっぱりママじゃなきゃ、泣き止ますことが出来なくてダメじゃないの?」って言われているような気がして落ち込みました。
心配して係りの人が相手してくれる始末。
あれは辛かったです(笑)

N田さん、こんばんは。

地域の方と子どもを通じてつながる…たしかにそうかもしれません。
我が家の場合、やはり地域との関係は今現在は薄いのですが、地域に施設のある保育園あたりから始まるのかな…と思っています。(この支援センターの守備範囲は何十キロもあってとても近所とは言えないのです)
生の地域情報という側面にしても、子どもの社会参加という側面にしても、他の人たちと交流を持つことは大事ですね。

>子供を通してでないと地域の人と仲良くなれないなんて、
>こっちが子供なのかもなぁなんて思ったりして

うーん、それは言えますねえ。


つるかめさん、こんばんは。
子どもを通して地域と太いつながりができて、その地域から離れられなくなる…という話は他の方にも聞いたことがあります。
もともと人口密度がとても薄いところなので、ママ自体の数も少ない…という側面があるのですが、やはり友人を持つことは大事なんですね。
記事にもあるとおり「まぁママ友にならんでもいいか」と思っているフシがあるので、ちょっと反省しました。
今度はもうちょっと接近してみようかなー(笑)

ちなみに先日来た男性育児休暇経験者は、ママサークルにも週1で参加していたと言っててとても驚きました。

つるかめオットさんが、幼稚園の子どもたちに人気、なんとなくわかるような気がします(笑)

父親が育児参加できる社会、ほんとに少しずつでもそうなっていくといいですね。
だいたい「ママ同士お話しませんか」なんてコピー自体、育児は女性がするもの…という決めつけがありますからねぇ。

後日記事にしますが、育児休暇中のテーマのひとつ「父親が育児参加できる社会を個人的に目指す」の第1弾として読売新聞の取材を受けました。来週全道版に載る予定ですが、父親だって育児するぜ、というアピールになるといいなーと思ってます。


Tさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。
今回の会はやはり告知文章の「新米ママ同士」という言葉がかなり引っかかりました。
あれが「新米ママパパ同士」だったらよかったのに…と思ったり。

同じマンションの人と話をする、というのはいいですねぇ。
こちらはとても田舎な上に、アメリカみたいな車社会なので、実は近所の人と顔を合わせる機会なんて全然なかったりします。寒くて散歩もあまり行けないですし…。

他のママたちといかにしてつきあうか、というのは今後の重要なテーマになりそうな気がします。

予防接種の日に「やっぱりママじゃなきゃ、泣き止ますことが出来なくてダメじゃないの?」という話、なんかその光景が目に浮かぶようです。

自分はかなり本格的に赤ん坊とつきあっているので、泣き方で「立ってあやして欲しい」とか「外の景色が見たい」とかわかるのですが、他のママたちからは「おっぱいじゃないの?」という視線をたしかに感じました。

やっぱり育児オトコをもっと社会に増やさないとダメですね(笑)

こんにちは。

>今回の会はやはり告知文章の「新米ママ同士」という言葉がかなり引っかかりました。
>あれが「新米ママパパ同士」だったらよかったのに…と思ったり。

またしても共感です。
「おかあさんといっしょ」ってNHKのテレビ番組とかおかしいですよね?(笑)

こういうのって気になりだすと気になりますよ~
育児雑誌なんて読んだら「ママが・・・」って文章だらけ!
世の中的にはまだまだ「子育てする人=ママ」なんですよね。


少し古い建物なんかに行くと、
オムツ換えは女性用トイレでしか出来なかったりしますよね。
あと個室に赤ちゃんホルダー(ベルトで固定できるヤツ)があるところも要チェックです。

10ヶ月くらいのときに抱っこ紐で出かけてたときにお腹が痛くなりまして大変でした・・・
お店にあるベビーカーと一緒に個室に入れるのも無理でした。
このときは、頑張って家まで帰りましたけど。

でも育児オトコは昔に比べると随分増えてきているみたいですよ。
デパートの赤ちゃん休憩室なんて、土日だとパパもたくさん居ます。
これって昔じゃ考えられないことだとか。
数年後にはどれくらい変わってるんでしょうかね?

Tさん、こんにちは。
そうそう「ママが…」は本当に多いですよねえ。
役場なんか男性も育児に参加しましょう!なんて盛んに言っているのに、その役場の印刷物がコレかい!?なんて思ったり。

そうそういつか記事にしようと思ったんですが、おむつ交換台が女子トイレにしかない、なんてこともたしかによくありますよね。
最近できたところには男性トイレにもあったりしますが。

赤ちゃんホルダーですが、先日初体験して、その便利さに感動しました。
自宅トイレや、台所にも欲しいくらいです。
小だったら片手で持ってなんとかなりますけど、個室だったらアレがないとどうにもならない…。

育児オトコ増えてきている、という話とても頼もしいですね。
こっちではあまり見かけないのは田舎だからなのかなぁ。
社会の風潮なんて簡単に変わるものですから、育児オトコ社会がはやく到来してほしいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 離乳食 | トップページ | 全身発疹 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ