« にんじん食堂のごはん | トップページ | 暗い雪 »

2006.02.09

寝かしつけテクニック

このところ生後8ヶ月の温人は午前と午後にそれぞれ1時間程度のお昼寝をしている。
このお昼寝の時間、親である自分にとっては貴重な貴重な自分の時間。
この時間に集中して家事やら、雑用やらをやっている。

午前10時と午後3時前くらいになると、グズり出すのが「眠くなった」のサイン。
そこからどうやって寝かしつけるのかが重要なポイントだ。

自分の場合、基本的には左手を頭側にして、3拍子の曲を軽く歌いながら(?)、ポンポンと背中あたりをたたいてあげるのがいつもの寝かしつけ方。
ポンポンとたたいて1回休む…ポンポン♪ポンポン♪というリズムが気持ちいいみたいで、立ち歩きながら、自分の腰の低い位置を中心にゆらゆらすると尚良いみたいだ。

先日遊びに来た女の子の赤ちゃんにも試してみたら、これが効果てき面で、あっという間に寝てしまい、こっちが驚いたくらい。
「ウチの子はおっぱいあげないと寝ないと思うよー」と言っていた両親もびっくりで、「さすが主夫!」なんて言われてちょっと嬉しい。

寝た後は、ベッドの上に移動するのだけれど、これがまた難しい。
そっと、そっと……でもあまりそっとだと緊張感が伝わるのか、不意に起きてしまうことがあるので、そっとしつつ時には大胆に移動するのが良いのだけれど、それでも最後に左手を抜く瞬間はドキドキしてしまう。

そうしてうまくそのまま寝てくれれば成功、起きて泣き出すとまた15分くらいかけて寝かしつける…ということになる。

でも、それでもどうしても寝てくれないときもある。
腕の中で寝るところまではうまくいくのに、そこからの移動がどうしても泣き出してしまう。

そんなとき頼りになるのはやはりチチ、つまり乳。
どんなにグズっていても、どんなに寝なさそうでも、おっぱいを含ませてもダメなことは基本的にないし、だいたいの場合、コロっと簡単に寝てしまう。
「あんなに苦労してもダメだったのに」とくやしい気持ちにもなるけれど、まあ仕方ないなぁ。
妻の手が止まってしまうので基本的には「最後の手段」なのだけど、しかしその最後の手段の出番はけっこう多かったりする。

男性の育児休暇について取得を奨励する人が、「おっぱいがなくても大丈夫!」と言っているのを目にするけれど、でもやっぱり母親の完全な代わりは無理なんだなぁ…とは実際の実感。

とはいえ、できるだけ妻のチチを借りないで済むようにもう少しいろいろ研究してみよう。

haru6561
↑そんなこと言ってもおっぱいが好きなんだもーん!と語る(?)ハルト0歳

« にんじん食堂のごはん | トップページ | 暗い雪 »

兼業主夫の子育て」カテゴリの記事

コメント

そうですよね。どんなに平等とかいっても、男女に違いがあるのは仕方の無いことでそれぞれの必要性や役割があるわけですから。もちろんそれを理由に男は育児の必要などない、というのは論外ですけれど。「できることを工夫する」「共に育てる」ということなんでしょうね。

私が授乳期に入院した時、娘は私のブラを抱きしめて寝てたそうです。おっぱいの甘い香りが役に立ちましたよ。

ムムリクさん、こんばんは。
そうなんですよね。無理に一緒にしようとしたってムダなこともあります。
うちの場合、妻が在宅で仕事をしていますが、これが普通に妻は仕事にでて、夫だけが育児を担当したらさぞかし大変だなぁ…と思いました。


もくさん、こんばんは。
なるほど!ニオイの付いた洋服、たしかに役立ちそうです。
おっぱいの感触?と思いましたが、たしかに香りってのはありそうですね。
こんど試してみます。

こんちには。

寝かしつけ、素晴らしいですね。

うちの旦那は、上の子のときは寝かしつけができていたはずなのに、今は「僕じゃダメだから」と言い、夜に泣いても寝かしつけのための抱っこ、してないんですよ。まあ、確かに、夜になると下の子は、旦那が近寄ると泣き声が大きくなり、私が行くと、泣き止むのである程度仕方がないと思いつつ。卒乳するまでは、仕方ないかな。旦那も、抱っこしても泣かれるので悲しんでますけども。

こんにちは。

そうそう、あの布団に寝かせる時の
緊張感が伝わってきました。

腕の中で寝付いた後で、布団におろす時に
おきてしまう不思議。

ずっと、抱っこしていると他のことが出来ないので、
よくおんぶしていました。

子供と一緒の布団に寝ていた頃のこと。
先に子供を布団に寝かせて、後で親が布団に
入ると、子供が布団を暖めてくれるので
暖かい布団で寝ることができました。
懐かしいな~。

さかなさん、こんばんは。

さかなさんの下のお子さんと旦那さんの関係はなかなか難しいですね。
抱っこして泣かれてしまう…というのは一時期そういう時期がありましたけれど、本当に悲しくてこちらが泣きたくなります。
やっぱり子どもにとっては、母は母であり、父親や他の人間とは明確に区別されているんでしょうか。自分は寝かしつけやりますが、しかし授乳しながら寝かしつけるのに比べると、難易度は相当高く、おっぱいの威力にはいつも驚かされます。


もんぴーさん、こんばんは。
布団に置いて、手を抜く瞬間の緊張感を感じていただきありがとうございます(笑)
おんぶひもは時々使いますが、うちは20分くらいで泣いてしまうので、片づけ等が中断になってしまうことも度々でした。

子どもが布団を暖めておいてくれた…という話はなんかほのぼのしていていい話です。
うちはいったいいつまで子どもと一緒に寝る日が続くのかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« にんじん食堂のごはん | トップページ | 暗い雪 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ