« 春の約束 | トップページ | ナイタイ高原牧場 »

2006.05.22

専業主夫だった日々~育児ストレス

専業主夫としての生活が始まって、すぐに気づいたこと。
それは、毎日毎日言葉の通じない相手と過ごし、その合間に家事をおこなう…という生活が、ただそれだけで想像以上にストレスを感じるものだ…ということだ。

育休に入る前は、会社で無茶な要求に頭を抱えることもないし、スケジュールに追われることもないのだから、さぞかしストレスフリーな生活?だと思っていた。
たしかに仕事ストレスはないのだけれど、こんどは今まで感じたことのない、「閉じられているストレス」を強く感じるようになった。
それは閉塞感ストレスとでも言うのだろうか。なんとなくイライラしてしまい、ちょっとしたことで頭に来たり、わけもなくキリキリしていたような気がする。

訳もわからず激しく泣く赤ん坊を手にしているときなどは、それが最もピークに達している時間で、「もう窓から投げてやる」と思ったことも、正直に白状するとゼロではない。
「もうハルトのいない国に行きたい」なんてことをボソっと妻に言ったことだってある。

でも同じように泣いていても、余裕で対応できるときもあるのだから、やはりそれはその時々の自分の気持ちの問題に違いない。

閉塞感ストレス、自分の場合は外の空気を吸わないことによるものが大きかったと思う。
だから少し買い物に行ったりすれば直るし、ハルトを連れてでも良いので少し車に乗ったり、犬の散歩をする程度でもかなり軽減した。「外に出ないとダメ」というのは、自分自身にとっての大きな発見だ。

それから、家事のモチベーションについても発見があった。

家事と育児が生活の中心になると、社会とつながっておらず、自分は家族のために役立っている。
言い換えれば、家族のためにしか役立っていない…という気持ちになると、食事に関する感想「おいしいね」とか、赤ちゃんが嬉しそうに食べる…というのはすごく重要だ、ということにも気づいた。

妻が専業主婦だった時代、何気なく日々食卓に出されていたごはんを食べていたけれど、それに感想を述べたりするのはとても重要で、それこそが料理を作る者のモチベーションだ、ということに今頃になって気づいた。
やはり相手は人間なのだから、小さな一言が大事だな、と。


会社に行っていない、つまり社会参加していない…という点については、想像していたほどは気にはならなかった。
もともと「会社人間」のタイプではないし、いまところは仕事を通じて人生を豊かにしよう…という気持ちもそれほどない。たまには職場のメールを開いていたし、ときどき問い合わせの電話がかかってきた…というのもある。
まぁこのブログもあって、コメントもらったり、知らない人からメールをもらったり、あるいは取材を受けたりしたのもその理由としては挙げられるのかもしれない。

まだしつこく続きます…

« 春の約束 | トップページ | ナイタイ高原牧場 »

兼業主夫の子育て」カテゴリの記事

コメント

傍から見ても、普通に考えても幸せだろうということでもストレスを感じてしまっているということがありますしね。そんな意味でもひとりでないと感じられることが大切なのかもしれませんね。

いつも「おいしいねえ」などと大仰に言っているとなんだか嘘っぽくなってしまうけれど、普通に良いも悪いも話せることがいいのでしょうね。なかなか難しいかもしれませんが。

ムムリクさん、こんにちは。
うーん、そうですねぇ。なかなか「ほどよく」というのは難しいような気もしています。
普通に良いも悪いも話せること…はたしかに大事です。
ということはマズイときは「まずいです」と言うのが大事なのだろうか(^^;;

そこはそれ、大人の対応ということです(笑)

いがさんでも、「窓から投げてやる!」って思うんですね・・・
何だか安心しました。
私も何度思ったことか。
まともな精神状態じゃなくなってしまいますよね。

そんな苦しい思いをせず、カワイイだけで0歳時代を終わる父親が殆どであることを思うと、貴重な体験ですよね。

今息子2歳3ヶ月ですが、おしゃべりするようになると、これがまた全然違うんです。
今なら専業主婦できると思います。
腹の立つことも多いんですけど、それ以上に、腹抱えて笑うような出来事が連発なんですよ。。

きゃらめるさん、こんばんは。

どうも深刻にならないような書き方ができなくてあまり書きませんでしたが、クビ絞めたくなったり、窓から投げたくなることはいっぱいありましたよ…。
カワイイ、大事、と思う一方、やっぱり大変でトホホ…と思う瞬間もあるし、ほんとイライラして自分の気持ちが制御できん!と思ったこともありますが、それも育児の醍醐味なのではないかと思いました。

おしゃべり、とても楽しみです。
生物を人に育てていく楽しさがありますねぇ。
腹抱えて笑うような出来事、楽しみに育てていきたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の約束 | トップページ | ナイタイ高原牧場 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ