« 春の入り口 | トップページ | そらの丘 »

2006.05.01

カタクリの山

旭川郊外の小さな山に、カタクリの花が群生しているところがある。
いつか行ってみたい…と思いつつなかなか行けずにいたのだけれど、約200キロ離れたそこに、昨日ようやく行くことができた。

陽当たりのよい斜面は、カタクリとエゾエンゴサクが満開で、ちょうど見頃。
Katakuri2

紫のカタクリ、青のエゾエンゴサクが、他に色のない山を鮮やかに彩っていて、それはそれはきれいだ。

地面をよく見ると、落ち葉は上から重いもので圧縮されたようになっている。
そう、ここは少し前までたくさんの雪に覆われていて、入ることすらできなかった場所。

Katakuri1

地面を覆い尽くしていた雪はちゃんとすべて解け、地面の下に眠っていたたくさんの球根がこうして一斉に芽を出し、花をつける。

北海道は春真っ最中。

« 春の入り口 | トップページ | そらの丘 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カタクリの花、初めて見ました。何とも美しい…
いつもいがさんの撮る写真には、あまりの美しさにため息が出てしまいます。北海道暮らし、大変なこともきっとあるのでしょうが憧れてしまいます。

こんばんは。
ゴールデンウイークも北海道にいるとのんびり時間が過ぎていくのかしら。
私は半分お仕事です。
旭川の郊外か。かたくりの花の群生なんて見たことない。
キレイ。
行って見たいな。

ニャーママさん、こんばんは。
ありがとうございます。
片栗粉ってもともとこの花の根から作っていたそうです。きれいですよね。
北海道暮らし、ホントにはっとするような瞬間がありますよ。
個人的にはメイン州とかもとても気になりますけど(笑)


かみさん、こんばんは。
たしかに関東のGWはなんとなく異様な雰囲気があるような気はしますねー。
ここは男山自然公園という場所で、帯広からだと3時間ちょいかかります。
ちょっと遠いですが、行く価値ありますよー。
そうそう芽室の山奥で水芭蕉が咲いているところがあり、まもなく満開です。
GWの最後のほうにいかがですか?

かわいい~思わず叫んでしまいました。
泣き虫病とヘトヘト病の私に効くいいお薬でした。
49日の法要を済ませました。
しばらくは充電期間のようです。

ここまで群生していると圧巻ですね~!
旭川郊外ですか。
今度住む所に近いかな??
場所が知りたい~!!

私の父はこの根を集めてかたくり粉を作りました。
でもたくさん集めたはずなのに
ちょっとしか出来上がらなかったっけ。

きれいな色合いですね~!

ちょっと不思議で大人っぽい色合いの春色だな~と見ながら思いました。

片栗粉、じゃがいもでんぷんのものしか使ったことしかないのですが、花の根っこから集めるのって、大変な作業になりますね。どんな味がするのでしょう?

コメント遅くなってごめんなさい。

もくさん、こんばんは。
泣き虫病は仕方ないとして、へとへと病は早く良くなるといいですね。
いろいろ大変だと思いますが、しっかり充電してください。
いつか機会あればここの実物も見に来てくださいね。


めろんさん、こんばんはー。
いつもカーナビに頼り切りで、実際の場所はよくわからないです(笑)
旭川より北側だったような…?
かたくり粉、やっぱり根っこから作っていたんですね。
話に聞いたことしかないので、どんなものなのかぜひ見てみたいです。


さかなさん、こんばんは。
むらさきのカタクリと、青いエンゴサクが混在していて、いい感じでした。
ここは特別多いのですが、もちろん抜いてはダメですし、今はこの花から片栗粉を作るのは難しいのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の入り口 | トップページ | そらの丘 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ