« アスパラの味2007 | トップページ | 芝生の庭づくり »

2007.06.11

逆子直ってバースプラン

妻は妊娠9ヶ月。
いよいよおなかも目立つようになり、どう見ても立派な?妊婦という感じになってきた。
前回指摘されていた「逆子」は逆子体操が効いたのか、無事に直った。
結局鍼灸もやらずに済んだし、逆子体操で直ったのはなにより。

現在の胎児の体重は1800gとちょい。順調に育っているそうだ。

妻はやはり体力がちょっと落ち気味なのと、やはり胃が圧迫されて食べる量がだいぶ減ってきたけど、でも心身共に元気で、 ここにきてガーデニングをやったり、突然洗濯をしてみたりと、妊婦なりに身体を動かしている。仕事はまだあるけど、 いまのところうまく徐々にフェードアウトして産休に入れそうだ。

さて、出産も近づいて、病院の見学があったり、ガイダンスがあったりと、準備のほうもいろいろと進んでいる。
第1子ハルトのときは家から片道1時間かかる帯広市内のK病院で出産したのだけど、今回は家に近いM病院で出産の予定。

十勝で出産といえば、だいたいこのK病院かM病院のどちらかが多いみたいだけど、K病院はてぶらで入院できるし、LDRなどの設備や、 お祝いディナーなど「いたれりつくせり」タイプの病院。

今回お世話になるM病院は公立なのでそういうのはあまりないけれど、「母乳で育てる」というのにとても力を入れていて、 WHOとユニセフから「赤ちゃんに優しい病院」として認定されている、というのが特徴だ。

そしてK病院に無くてM病院にあるもののひとつに「バースプラン」がある。

これは「分娩時の対応を、あらかじめ医師・助産師と計画する」ことで、出産を「人生における大きなイベント」ととらえ、 自分たちらしく、家族の要望に沿って迎えること…ということらしい。
要するに出産に関する要望をいろいろ言っておくと、できるだけ応じますよ…という話。

出産時の体位や処置についてのほか、立ち会い出産、BGMを自分で選びたい、なんていう簡単なものから、最近のケースでは、 子供4人と夫の家族全員で立ち会い出産(分娩台に子供たちが登って大騒ぎで楽しい出産でした..なんて話だった)、 テープに出産の様子を録音、夫がヘソの緒を切断する、胎盤の写真を撮る、夫が上半身裸になってカンガルーケア、 なんてものまでいろいろあるみたい。

うちはハルトのときは立ち会い出産して夫婦共々とても良かったので、当然立ち会い出産はやるとして (ハルトが起きている時間帯だったらハルトも一緒に)、ヘソの緒を切断くらいはやってみよう。

沖縄のように(?)胎盤を持って帰って庭に埋める…なんて考えたけど、胎盤の持ち帰りは不可だそうな。
胎盤を焼いて食べたら?と思ったのは冗談(笑)

実際のバースプランに書こうと思うことでは…
・陣痛促進剤、会陰切開、浣腸・導尿・剃毛、吸引分娩あたりはできるだけやらないで欲しい
・家族で立ち会いしたい
・出産後すぐに赤ちゃんを家族みんな抱いてみたい
・へその緒は自分たちで切りたい
・へその緒をさわってみたい
・写真を撮りたい
・全期間個室がいい

…くらいだろうか。

なんにしろ、満足して産んだと妻が思える出産になるように夫婦で話をしてよく考えよう。

« アスパラの味2007 | トップページ | 芝生の庭づくり »

次の家族が増えるまで」カテゴリの記事

コメント

困った時には我が家でハルちゃんを預からせてください!!
先日の数時間で完全にノックアウト状態です(笑)

素敵なお産になることを祈っています。
出産する前に奥様に会いたいと思ってます♪
ひょっこりと遊びに行っちゃうかもです。
小松菜の美味しい食べ方を教わったので、
レシピと小松菜持参でね(ははは)

M病院はお勧めです!我が家は上2人が大学病院。3番目は日赤、4,5番目は帯広の個人病院で最後にM病院だったのですが始めて促進剤使わず。おまけに母乳まででてビックリでしたよ~助産婦さんいわく『当たり前よ~哺乳類なんだから!』ですって~
安心して産める病院ですよね~

そうそう!産まれてすぐ分娩台の上で赤ちゃんを抱かせておっぱいを吸わせましたよ~感動!!

こんにちわ!オーストラリアでは大概バースプランがあって病院側は、「お手伝いをしますから本来産む力が備わってるお母さん主体でがんばりましょう」という感じです。基本的に浣腸なども行わず医師の登場も切開したらその部分の縫合にさいごちょろっと現れるだけ。基本的に助産婦さんとお母さん、立会い者のみです。分娩台も日本のように機械的になんとなく病院!という感じではなく、ただのベッド(笑)。そのベッドがお母さんの陣痛の進み具合、分娩の進み具合によって簡易的な分娩台になるわけなんですけど、私はその部分すごく不安で仕方なかったです。ただのベッドって。。。みたいな。こちらはアクティブバース主義なので産む姿勢もなんでもあり。だんなにつかまってもいいし、四つんばいでもそれこそなんだってあって、お母さんが楽であればそれでいいんだそうです。分娩監視装置も無痛分娩を選択しない限り使用しないし、いきみたきゃじゃあいきみましょうという感じで。日本じゃ子宮口全開までのいきみのがしが大変といいますよね。でも私は今ではこのシステムでも十分産むことはできるしなにより自然でした。立会いしている夫はがんばれー!と声をかけるのみならず分娩初期まだベッドに足を乗せる台が出現していない時助産婦さんの指示に従って私の足を支える役だったり、発露の際には私に中継する役だったりなにもできずにおろおろというよりは積極参加!という感じでした。もちろんへその緒も切ってもらいましたよ。「イカみたい」とか抜かしたこといってましたけど。私は結局安産型だったのと助産婦さんが普段知っていた信頼できる人だったのとで切開もせずまた入院から3時間45分のスピード出産でした。切開があるないとでは後々の回復にかなり影響を及ぼしてくるとおもいますのでできれば本当保護してもらいつつ産めると一番いいとおもいます。ちなみに BGMですが、私最初聴きなれていたある映画のサントラだったのですが(しかもすごい陽気な)気が散ってだめでした。結局クラシックが一番落ち着きました。産んだ後休んでいるときも穏やかな気持ちになりましたよ。素敵な良いお産になることを心から祈っていますね。

すずきっちんさん
こんばんはー、先日はありがとうございました!
おおっ!預かってくれるのですか?(^^)y
一応育児ネットにも申し込みをしたし、大丈夫だとは思うのですが、どうしても!という時にはぜひよろしくお願いします。
ぜひ我が家にもみなみちゃんと遊びに来て下さい。
小松菜も楽しみです。
あ、でも検診などで留守にしている事も多いので一応電話入れてからお越しくださいねー(^^)

AKKOさん
こんばんはー。アッコさんは、出産をいろいろなところでされているのですね。
それで最後はM病院ですかー。
たしかに悪い事は誰も言わないし、検診の感じもいいみたいだし、良さそうです。
促進剤を使わない出産が6回目というのも医療としてどうなのか、とも思いますが、効率とか考えると仕方のないことなのかもしれないですね。
たしかに我らはほ乳類(笑)
M病院はスパルタ式母乳保育という感じですが、ちょっと楽しみです。


ななさん
こんばんは。その後娘ちゃんの様子はいかがですか?いま3ヶ月くらいですよね。
オーストラリアでの出産の様子、詳しくありがとうございました。
なるほど、たしかに自分たちは動物だし、子どもは自然に生まれてくるものなのだから、それを手伝うだけ…というスタンスはわかりやすいですね。ただのベッドというのも、そう考えると自然なのかも..。
旦那さんの手伝いの話も、様子が目に浮かぶようです。
自分も多少は手を貸したり手伝いましたが、私の足を支える役とか中継まで、とはびっくりしました。
ヘソの緒はイカですか(笑)
そして切開もしないで済んで良かったですねー。我が家は切らなかったけど切れてしまって縫ったのですが、やはりしばらく痛かったようでした。
BGMの件もアドバイスありがとうございます。
うちは普段あんまり音楽聞かないので、どうしようかと考え中だったので参考になりましたー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アスパラの味2007 | トップページ | 芝生の庭づくり »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ