« 初めて預けた | トップページ | 名前を考える »

2007.07.20

話始めた怪獣

現在2歳1ヶ月のハルトは、やっぱり怪獣だ。


3秒とじってしていられないし、言う事は聞かないし、わがままだし、そのくせ甘えん坊。


先日あるママさんと子連れ向け外食の話をしていたのだけど、なにか話が合わない。

それはその女の子のママは「子どもイス」の有無が主なポイント…ということで話をしていて、自分は小上がり必須、できたら個室…
ということで話をしていたから。


それというのも、ハルトは子どもイスなんて10秒しか座れず、オーダーとりを待つのも無理だし、料理が来るまで待つのも無理、
静かに食べるのも無理、歩きまわるわジャンプするわ、テーブルに立とうとするわ箸は投げるわ叫ぶわ、食べ物は散らかすわで、
イスがあればいい…なんて話とは全然別次元。


買い物に行っても「カートに乗る」なんて到底無理で、手を引いて一緒に歩くか、あるいは抱っこするか。

それでもすぐ手をふりほどいてダッシュして脱出したり、抱っこ中に何が気に入らないのか大暴れして親に痛いめにあわせたり。

気を抜くと並んでいる商品を押して雪崩を作ったり、什器を壊しそうになったり。


クルマに乗せるのも、チャイルドシートに乗らないと主張してみたり、ベルトを止めるのをどうしても自分でやらないと気が済まない、
オレは自分でやるからとーちゃんドア閉めろ!と主張したり…。

乗ったら乗ったで、やれ手をつなげだの、CD聞かせろだの、なんだかんだとうるさいことうるさいこと。


家にいたって、ひとりでなにかで遊ぶなんて無理で、いつも相手してやんなきゃ気が済まない。

一緒に絵本を読むときは静かだけど、それもそのうち飽きてしまう。

唯一気を抜けるのは広いところで自由に走り回らせているときだけだけど、それ以外は本当に大変。


楽しいこともいっぱいだけど、頭に来る事も多いし、本当に育児は体力と根気がいる。




が、実はこれでも一時期に比べると少しはマシになった気がする。


いま振り返ると、今年の4月から6月頃、つまり2歳になる少し前から2歳の誕生日を挟んで少し先まで…が最も大変な時期だった。


当時は今よりもっと大変で、一緒に50m歩くのも困難、あっち行ったりこっち行ったり。

買い物するのも「抱っこ」も嫌で、自分で歩くのも嫌、そもそもなにが嫌なのかわからず泣きわめく。

クルマもチャイルドシートが絶対嫌で恐ろしい形相で泣くわわめくわ、もう大騒ぎ。


このブログにも "現在2歳1ヶ月のハルトは、やっぱり怪獣だ。">チャイルドシートに乗らなくて大苦戦という記事を書いたけど、
本当に毎日なにもかもそんな感じで、これはもうダメだ、自分には手に負えない、このまま虐待とかしないで育てられるだろうか?…
と不安に感じたこともしばしば。


 


ところが、ここ1ヶ月くらいは多少マシになってきた気がする。

少しは物わかりがよくなったような。

その理由を考えてみると、やっぱり言葉が多少使える様になったから、ではないだろうか。


クルマに乗っていても、「とーちゃん手!」と要求したり(あれ?2語?)、ラジオを止めて欲しいときはラジオを指さして「ねんね!」
と言ってみたり。

「だっこー」もよく使うし、行きたい方向は「こっち~」、ワイパーの速い動きを見たいときは「はやーい」、降りたいときは「でたーい」、
サンバイザーの裏についている鏡で自分の顔を見たいときは「ハルトー」などなど。


逆にこっちがハルトに言う「それはダメ」「あとでね」「危ないよ」「とってきて」なども完璧に意味がわかる様になり、
それに応じた行動が取れるようになってきた。


今思えば、自分の要求はいろいろあるのにそれを表現することができなくて、ハルトなりにもどかしさを感じていたのかも。




そのときは「なんて大変なんだ!こんなのずっと続くのか?」と感じて、そして二人目くんのことを考えてちょっと気が重かったけれど、
やっぱりずっとは続かない。

子どもはどんどん成長するものだ、ということがとてもよくわかった。


そのときどきで大変なこと、あるいは嬉しい事は違うけれど、でもひとつひとつ大事にして子育てしていきたい。


hspace="0"
src=
"http://tokachi.cocolog-nifty.com/blog//media/img_20070720T231133750.jpg"
align="baseline"
border="0" />

紫竹ガーデンで紫竹さんにハスカップ畑に連れて行ってもらい、食べさせてもらっているハルト2歳。

« 初めて預けた | トップページ | 名前を考える »

主夫の子育て2007」カテゴリの記事

コメント

ほんと ほんと こどもって「このやろー」
って思う事も多いですよね。こんなにママは我慢してるのにーって・・・
でもその数秒後には「このやろー」も消えてあたたかい気持ちになってたり・・・。
そんなのの繰り返し。
だけど気がつけば困った行動も心配だったこともなくなってたりするんだよね。
そのうち怪獣だったころが懐かしくなるんでしょうね!
そんな日は必ず来ます。早く来い来い!
うちのかずとは一歳半。まだ怪獣にはなってません。もうすぐ会えるのかな?ママも怪獣になって戦うぞ。

良かったですねーっ!
いや、以前お会いした時に
ハルト君の言葉が少ない・・という事が
話題になって以来、
ず~~~っと気になっていました(汗

いや、本当に良かった良かった!
 
『ラジオを止めて欲しいときは
ラジオを指さして「ねんね!」』 
 
はかわいいですね・・・(汗
 
わが娘は・・
 
「うるさ~~い!」
 
って言います・・(汗
多分、バイキンマンの影響です・・(汗

この記事には励まされました~。
もう、2歳ちょうどのわが子には、手を焼いているところだったので…。
まさに、「一緒に50m歩くのも困難」な状態です。
話せる言葉と怪獣ぶりが関係あったんですねぇ。
うん、がんばろう!

怪獣発揮してきましたね~
ちゃんと成長してる証拠ですよ~
といっても当時の私もなんだか暗~いねける穴のないトンネルに入ったような気分でした~
それが3人目~4人目~5人目~6人目~となると笑えて反抗してもそれがミョーに生意気でかわいかったな~

子育てって過ぎてしまえばホントあっという間!
そして一人ずつ巣立っていくのはなんとも寂しい…

大変でしょうが反抗期も楽しんでくださいね~
長くは続かない反抗期!

かずとママさん
こんばんは!はじめまして。コメントありがとうございました。
「このやろー」と「あなたがいてよかった」が数秒ごとに…本当にそうですよね。
このやろーと思う場合も、やっぱり大人みたいに悪意があったりするわけではないし、やっぱり子どもはかわいいものです。
こういうのも今だけだし、きっと子どもも自分自身も忘れてしまうことも多いと思うので、大事にしていきたいですよね。
ところでかずとママさんって、2005年頃にお会いした事があるS県のMさんですか?もしそうならお久しぶりです。かずとくんも元気に育っている様でなによりです(違っていたらゴメンナサイ)


homuさん
こんばんはー。
言葉が遅いと言われていたハルトですが、急に言葉を覚え始めて、びっくりしてしまいました。
いったいなんだったんでしょうねー?
うちはテレビを見ない家なので、基本的には自分たち(親たち)だけで日本語を教えないといけないので、それもまた楽しみなような、なんか心配なような、そんな感じですよー。
でも子どもが「うるさーい」くらいだったらカワイイと思います(笑)


のっちさん
こんばんはー。
きっと子どもも自分の気持ちを整理したり、我慢したり、継続したり、そういうことが難しい年ごろなんでしょうね。
話せる言葉と怪獣ぶりの相関関係は単なる自分の想像ですが、でも関係ありそうな気がしますよー。
なんにしても、もうちょっとです~。


AKKOさん
こんばんは~。
うちはまだ1匹しかないのに怪獣にやられまくってしまい、6人もいるAKKOさんには本当に尊敬のまなざしです..。
それにしてもやっぱり子どもはみんな通る道なんですねー。
なんかそんな話が聞けただけでも良かったです。
長くは続かない…そう信じて、楽しんでいきたいです。
ありがとうございました!

この記事へのコメントは終了しました。

« 初めて預けた | トップページ | 名前を考える »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ