« ケーキ食べたい | トップページ | おしるし 妊娠40週2日 »

2007.08.02

赤ちゃんにやさしい病院(妊娠39週6日)

我が家の第2子くん、間違いなく7月中に産まれると確信していたのに、とうとう8月になってしまった。
ここ数日は夜になるとお腹と腰が痛くなり、もしかして…?と思うと朝になっている…というパターンが続く。
診察のときにその旨言うと「それは予行練習みたいなもんだねー」とのこと。
ハルトの時は予行練習もなにもなくいきなり破水から始まり、陣痛促進剤も使わずにすんなり生まれてきたのに、 第2子くんはなかなか生まれない。

そんなわけで明日8月3日は「予定日」。
だけど予定日といっても「出産が予定されている日」ではなく、「このへんに生まれるんじゃないかなー?」という感じで、 一応出産の確率が最も高い日ということにはなっているものの、その日を過ぎたらどう、ということもない。
いったいいつになったら生まれるのやら?


さて、今回出産を予定している病院は「赤ちゃんにやさしい病院」として、ユニセフと世界保健機関(WHO)が定めた 「母乳育児を成功させるための10カ条」というのを実践し認定を受けた…というのが大きな特徴だ。

簡単に言うと「絶対に母乳育児をする病院」で、日本では30数カ所しかない病院のひとつだという。

なので、病院における母乳に対する取り組みはなかなか徹底している。

母子同室は当然で、ミルクのたぐいは一切あげない。
生まれたらすぐに母乳を与える。
赤ちゃんが欲しがるときに、欲しがるままの授乳…などなど。

ハルトのときの病院は、母乳は時間を決めて「授乳室」のようなところであげる、と決まっていて、 精密な体重計で授乳の前後の新生児の体重を量り、母乳が足りていない…ということになればその都度ミルクを足す、 というようなことをやっていた。
栄養指導と称したミルクメーカーの人による指導?もあったし、おみやげにミルクもくれるし、なんとなく全体的にミルクに頼る部分が多い、 という印象だった。

今回の病院は「人間はほ乳類だから絶対に母乳はでる。母乳で育てるべし」という信念に基づいているので、 ミルクなんてものは最初から最後まで一切登場しないし、授乳は自分のベッドでだし、当然ミルクメーカーの人間もいない(はず)

一方で、ハルトのときは夜自分が眠りたいときは赤ちゃんを新生児室に預けてミルクをあげてもらい、自分は思う存分寝られたけど、 今回の病院は原則母子同室で、頻繁に起きる新生児の相手を出産直後から昼夜問わずずーっとやらなければならない…など、 ある意味それはスパルタ式とも言える。

なんにしろ、第2子くんも完全母乳で育てることになる。
ハルトの時は「母乳で育てられるだろうか?」と不安に感じたり、母乳不足感に悩まされたりもしたけれど、 でも結局は一度もミルクを買う事はなく、完全母乳で育てることができたので、第2子くんもきっと大丈夫だし、 ハルトのときのような不安はない。

あとは早く無事に産まれるといいのだけど。

« ケーキ食べたい | トップページ | おしるし 妊娠40週2日 »

次の家族が増えるまで」カテゴリの記事

コメント

勝手が違うとちょっととまどいがありますね。まああくまでも経験的な(あるいは統計的な?)予定日でしかないわけではあるのでしょうが。

母乳に関しては、確かに原則その通りとは思うのですが、これほど人が増えて、様々な体質や既往症もろもろが存在してくると、やはり母乳がでにくい人もあるでしょうし、そうした現実をも無視してなにがなんでもということでないなら賛同したいことですね。過去においても「もらい乳」といったことはあったわけで、そうした人の心情も配慮する気持ちは忘れてはならないのだろうなとは思います。(信念が強すぎると時として悪になるので)

いずれにしても無事に元気に生まれることを待っています。

はじめまして。いつも楽しみにして読ませてもらっています。

ムムリクさんのおっしゃるように、私の周りも母乳が1滴もでずに悩んで一時期ノイローゼ気味になった人が何人もいます。
そういうお母さんのメンタルケアもしてくれる「母乳育児をする病院」であれば、ステキですね。

今日、予定日ですか。
前駆陣痛が始まっているようなのでそろそろ、でしょうか?楽しみですねー。

ハルくんを完全母乳で育てた奥様なら二人目くんもきっと母乳で大丈夫でしょうね!
私もナオを産んだ病院は母乳育児推進の病院で、1度もミルクをあげませんでした。
といっても私は最初出なくて出なくて、退院時の体重が出産時より減っていて、退院後1週間後に再度体重を計ったもののまだ増えが悪く、10日後の再再測定でやっと「これなら大丈夫!母乳で頑張れるね!」とぎりぎりのところでOKがでたものです。

本当に母乳で育てられるか不安もあるけどできる限り頑張りたい!と言った私の意志を尊重してくれ、「このままミルクを足さずにいると栄養的に危険」なラインを見極めてくれ、励ましてくれた助産師さんには今でも心から感謝しています。

↑の方たちと同じく、そういった母親のメンタル部分までケアしてくれる病院だと本当に素晴らしいと思います!

昼夜問わずの授乳、そういえばスパルタ~と私も思ったなぁ。こんなに眠れなくなるんだ、とビックリしたのを思い出します(笑)。

おはようございます。
ここのところ寝苦しい夜が続き、寝不足気味です。

第2子は3日が予定日だったんですね。
うちの妊娠のこと言ってませんでしたっけ?(笑
うちは10月10日が予定日であと2ヶ月程となります。
確かに予定であって、それよりも早く生まれることもあるわけで、何があっても慌てないようにしておかなくちゃと思います。
名前ももう少し本気で考えなくては・・・。

絶対母乳育児 いいですね。
うちの妻は出ないときのために乳首をどのメーカーにするか迷っているようです。母乳が出ればそれに越したことはないのでしょうが、出ないときはミルクでという選択肢もあることで、妻の心配もやわらいでいるようです。

私も予定日の1週間前から前駆陣痛があったので、「まだかな?まだかよ!」という気持ちわかります。入院準備をして病院に行っても、2回くらい帰されましたから(笑)。

私もほとんど完母で育てたので満足していますが、友だちは1度の授乳に2時間かかって自分の食事もできなくて、母乳育児でゲッソリ…なんて例もあるみたいです。母乳が出るということは、恵まれていることなんでしょうね。出産の報告、楽しみにしています!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケーキ食べたい | トップページ | おしるし 妊娠40週2日 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ