« 育児ネットと新聞記事 | トップページ | 好きな場所 »

2007.11.22

布おむつ

きっかけは妻が「夏樹は布おむつにしてみない?」と言い出したこと。

えっ?布おむつ?
布おむつって、手でゴシゴシ洗ったり、頻繁に変えたり、とても面倒くさく、またおしりがかぶれたりするイメージ。

でも妻が一緒に入院していたママさんが布おむつを使っていて、とてもいい感じなのでおすすめ!という話を聞いていたので試してみたい、ネットで調べても結構良さそう、という話。

たしかに紙おむつに伴う大量のゴミはいつも心を痛めていたし、生理用品で普通の紙製のものよりも布ナプキンはとても使い心地が良い、なんて話も聞くし(自分は男なのでよくわからんけど)、今回は自分が専業シュフでハルトのときより時間的に余裕がありそうだし、まあ試してみるか。

というわけで、第2子夏樹は生後2週間くらいから布おむつを使い始めた。

個人的にビニールっぽい素材のものを着るモノとして使うのはあんまり好きではないので、布製やフリース製のおむつカバーを数枚ネットで購入し、中に入れる布おむつは70枚ほどを赤ちゃん量販店で購入し、布おむつライフがスタート。

はじめてみると、紙おむつもオシッコをしたらすぐに新しいものに交換だけど、布おむつは本人が泣いて知らせるので、紙おむつよりも交換の頻度は高い、ということがすぐわかった。70枚も買えば十分かと思ったけど、70枚は3日間で無くなってしまうほど。

ウンチのときはうまくいかないと横からはみ出してしまうので要注意。
オシッコも油断すると横からモレることがあるので、自分のズボンやベッドのシーツなんかが汚れてしまうことも。

だがしかし。

よく観察すると、やっぱり赤ちゃんの機嫌は布おむつのときのほうが心なしか良いような気がする。
高頻度で交換するので、かぶれるということもない。

そしてなんといってもゴミが格段に少なくなったのがとてもいい。
うちはゴミの収集が週1回しか来ないのだけど、燃えるゴミは45リットルの一番大きな袋で3袋が標準だったのが2袋になった。
ニオイの強い紙おむつが45リットルぶん減るだけでも画期的だし、少しは環境にやさしい感じがする。
もちろん1週間にだいたい2パック必要な、1パック1280円くらいの紙おむつを買わなくて済むのも経済的。

個人的に一番懸念していた「洗濯が面倒では?」というのも、全然そんなことはなかった。

よく考えたら洗濯は洗濯機がするのだから、ウンチのときに予洗する手間がちょっと増えたくらいで、洗濯自体の手間はそれほど変わらない。もちろんウチは他の洗濯物と分けて洗ったりはしないし。

夜寝るときと外出して歩き回るときは紙おむつにしているけど、それ以外はすべて布おむつになった夏樹。

生後3ヶ月半経った今でもまだ続いているし、きっと今後も使い続けられそうな気がする。

正直言うとハルトのときは「布おむつ使うなんて環境オタクか、ちょっと変わった人では?」って思っていたけど、実際に使ってみるとそんなことは全然なくて、排泄物を布にしみ込ませて処理する、というのはとても合理的な感じがする。

布おむつなんて面倒で大変で前時代的で、変わり者がすること、なんて思っていたのは、何者かにそう思わされていただけなのでは?なんて思ってみたりもするけど、どうなんだろう。

なんにしろ、布おむつちょっとオススメです。

Omu2
布おむつっておしりがかわいいよね(笑)

---
明日23日の北海道新聞朝刊(全道版)の「十勝子育て事情」という記事のなかで、育休をとった話やその後専業シュフとなった話で少し登場する予定です。
カメラマンは一緒に来たけど、写真が載るのかどうか等イマイチよくわかりませんが、もし見つけたら「あぁコイツかぁ」と思ってください。3行ほどのミニ記事だったら笑えるのでわざわざ買わないでね(笑)

« 育児ネットと新聞記事 | トップページ | 好きな場所 »

主夫の子育て2007」カテゴリの記事

コメント

そうそう、そうなんですよね。
私は一人目だしすっごく迷ったんですけれど、
自分も生理ナプキンを布メインにしてとても
快適だったのもあり、布もチャレンジしてみよう~と、
結果今は布&紙併用に至っています。
同じように夜と出かける時、あとは雨続きの時や
予洗いさえ面倒な気分の日(どんな気分じゃ!)は
無理せず紙にしています。

しかしこんなにかわいいカバーがあるんですか?!
とってもキュート!

はじめまして。
いがさんのコラムをいつも興味深く拝読しております、いとゆうと申します。
道産子の夫と昨年生まれた長男と、現在ニュージーランドで生活しています。

数年後に北海道への移住を予定しておりまして、少し前に「北海道で自然素材の家づくり」というキーワードで情報を求めていたところ、いがさんのHPに出会いました。
生活スタイルや価値観に共感する部分が多く、同世代で同じような考えをもつひとがいるというのは心強いなと思いつつ、ブログを拝見していました。

一昨日の子育てサポートセンターに関するお話とても興味深かったです。
今年一時帰国した折、実家の近くに2カ所ほどサポートセンターがあったので、それぞれの親子交流の場に参加しました。いずれも育児ネットめむろのような事業に加えて、親子カフェの運営なども行っていて、日本の子育て支援活動も画期的だなという印象を受けました。

ニュージーランドにもプレイセンターという子育て支援の場があるのですが、ここは保護者が当番制で子どもをみていて、保育に関する勉強会や懇親会を定期的に開き、政府から助成を受けつつ、保護者の手で営まれ、ニュージー全国で普及しているシステムです。

つい最近北海道の恵庭市でこのプレイセンターが導入されたと聞きました。
いろいろ試みながら、どの地域も子育て支援体制が整っていくといいですよね。

それと、布おむつ! 我が家は1歳近くまで布おむつでした。
そうなんです、不思議と布の時のほうが子どもの機嫌がいいんですよね。おしっこやうんちの色や量がひと目でわかり、子どものおなかの調子の変化にも気づきやすかったような。たしかに毎日の洗濯は大変でしたが、それも今となってはいい経験です。母もこうして自分を育ててくれたのだなと思いを馳せてみたり。手間がかかる分、気がつくことも多かったです。

長々とすみません、、またおじゃまします。

オーストラリアのナナです。お久しぶりです。夏樹君、大きくなりましたね!!!とってもかわいい!!
コメントこそ残しておりませんが(すみません。。)毎回欠かさずチェックしております。写真を本?のようにされたときもネットで拝見させていただきました。私は娘が生まれたとき〈今月で7ヶ月です)なぜか顔写真ばかりで、それもすごいアップの。全体的な写真が新生児期のころとても少ないのです。いまになってあ~~失敗した~もっとこんな風に撮っておけばよかった~なんて思ってます。当時は当時で出産して興奮もしてかわいくて写真といえばすごい近寄って顔ばかりばしゃばしゃ撮っていたようにも思われますが。まぁ仕方ないですね。子供はすくすくどんどん大きくなりすでに自我もやや目覚め、育児をするほうとしてもかなり張り合いが出てきて楽しい毎日です。(もちろん疲れちゃう日も多々ですが)ところで今回の布オムツの記事。なかなか興味深く読ませていただきました。わたしも最初は布オムツで!と張り切ってましたが(もちろん準備も)結局ウンチの回数の多さに負け入院中を除けば一度も使用していません。。でもこう見るとやっぱちょっとよさそうですよねぇ。わたしも二人目ができたらがんばってみようかな。最近離乳食が進み、消化機能もだいぶ発達してウンチを溜めてするんですよね。それで最近になってまたはみ出ちゃうことがかなり頻繁になってそれだけで洗濯億劫になってます。たまにめんどくさくなってバケツにぽんとつけときますがあらかじめウンチ落としてつけとくのと、そうじゃないのとではかなり手洗いのとき変わってくるんですよねぇ。はぁ~~手抜きばかりです。

布オムツ、うちも子育てをするときは、ぜひ使いたい!
と話していました。
いがさんの実体験の記事を読んで、ますます子どもにも、
環境にも、経済的にも優しくて良いな~と思いました。
もちろん、手間ヒマはかかるでしょうけど、その苦労は
きっと子どもにも伝わるんじゃないかと思います。

それから、道新見ましたよ!かなり大きく出ててびっくりしました!
しかもこの記事を見る前に、何気なく新聞を読んでいたところに、
いがさん一家の写真が目に飛び込んできたもので、余計にびっくりしました^^
「仕事に合わせて生活するのではなく、生活に合わせて仕事をしたい」という言葉、僕たちも全く同感です!

いがさん、こんばんは☆
布オムツ!私も使ってみようかな~と気になってたんですよ。病院では布オムツだったんです。思ったより使いやすかったんですよね。

かなり経済的ですか?ゴミが減るのも助かりますね~。一袋にはなりますよねぇ・・。夏場の臭いも大変そう。
退院したばかりで余裕がなかったけど、ちょっと考えてみようかな。
夏樹くんのオムツカバーの後姿にも刺激されますね~。
かわい過ぎる・・!!

明日は実家から父母と甥っ子がお祝いに来てくれます。
お宮参りの着物も送ってくれて。
とってもかわいい色の赤とピンク。花びらや鞠の模様。
いろいろと楽しみです♪

道新の記事見ましたよ~
 
この記事を見たのが
24日で、さらに我が家は新聞を
とっていないから、
今日、やっと手に入れる事ができました~
 
文章全体に共感しつつ 
 
一番、激しく共感したのが
 
「仕事に合わせて生活ではなくて
        生活に合わせて仕事」
  
僕も全く同じように考えています!!

我が家も6人とも布おむつでした~
いろいろオムツのたたみかたを考えて男の子は前を厚くしたり工夫していかにもれないようにするか考えましたよ~
なつかしいな~!

みなさん、コメント遅くなってごめんなさい。

ナイアさん
こんばんはー。
そうそう、ナイアさんも布ですよねー。
写真を見て、あおくんは布だねぇ、なんて話していたところです。
最初の子でいきなり布に挑戦とは、素晴らしいです。
たしかに感触は良さそうだし、エコだし、無理せず布ライフを続けましょう~。
赤いカバーはどこで買ったんだろう…?こんど聞いておきます(笑)


いとゆうさん
こんばんは、はじめまして。
遠くニュージーランドからありがとうございます。
ニュージーランドから北海道への移住ですか。
逆のパターンより簡単なのかな?とは思いますが、がんばってくださいね。
さて、ニュージーランドのサポートセンターの件、教えていただきありがとうございます。
なるほど、保護者が当番制で子どもをみる、というあたりが画期的で、それはそれで新しい親子関係やご近所関係が築けてよさそうです。
恵庭がソレを導入している、という話も初めて聞きました。日本にもそんな自治体があるとは驚きです。いろいろと地域によって違いはあるようですが、しかし昔よりはサポート体勢が整いつつあるのかなー、と感じました。
布おむつ、やっぱり機嫌いいような気がしますよね。
母もこうして自分を育ててくれたのだな…なるほど、たしかにそうですよね。紙おむつってたしかに最近だし…。
なんにしろ、これからもボチボチ更新していきますので、よろしくお願いします。
北海道に来たらぜひご一報くださいねー。


ナナさん
こんばんはー。おおっ、ナナさんはオーストラリアからありがとうございます。
ご無沙汰しております。ナナさんの子どもも無事に育っているようでなによりです。
7ヶ月、いよいよカワイイさかりですね。
全体的な写真が新生児期のころとても少ない…それってウチも同じですよー。
ハルトはアップばっかり(笑)
そこで夏樹は努めて全体を撮るようにしていますが、しかし今度は写真の絶対数が少なかったりします(笑)
布おむつ、たしかに大変なときもあるから、別にコレって決めつけないで柔軟に、気分に合わせて無理しないのがポイントかなぁ、と思います。
別に紙でも布でも同じように育ちますしねー。
そうそう赤ちゃんって離乳食になるとウンチが変わりますよね。
うちもそうなったときに布続けられるかな..
これからもよろしくお願いします!お正月は日本ですか?


Kazさん
こんばんはー。
うん、たしかにはじめから「紙」と決めつけないのは良いと思いますよー。
同時に「布」と決めつけないほうがいいとも思いますけどね(笑)
まあ気持ちに余裕があったらぜひ試してください。
新聞、読んでいただきありがとうございます。
「仕事に合わせて生活するのではなく、生活に合わせて仕事をしたい」
なかなかいいコメントですが、しかしそんなこと書いて職業人に戻れるのか不安です(笑)


なかさん
こんばんは!コメントありがとうございます。
布おむつ、病院で使っていたんですか。なかなか先駆的な病院ですねえ。
経済的かどうかは、まあ単純に紙を買う量が減るので経済的です。
でも布もタダではないから、そのあたりどう考えるか、ですねぇ。
なかさんの娘ちゃんはもうすぐ1ヶ月ですね。
うちは明日3ヶ月検診ですが、なかさん娘ちゃん共々元気に育っているようでなによりです。


homuさん
こんばんはー。
しかし家庭人としてはいいんですけど、会社員としてはなかなか使いにくいですね(笑)
やっぱりhomuさんみたいに代表にならんとダメかしらん?(笑)


AKKOさん
こんばんはー。
ええっ!?6人とも布ですかー。それはスゴイです。
なんてエコなんだ!とも思いますし、それを通したAKKOさんは素晴らしいです。
布おむつ大賞を差し上げたいくらいです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 育児ネットと新聞記事 | トップページ | 好きな場所 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ