« 農村保育所 | トップページ | まつげが長い »

2007.12.05

農村保育所その2

というわけで先週の話になるけれど、この「近所の農村保育所」に行ってみた。

すぐ近くなので毎日のように横を通るけれど、中に入ったのは初めて。
あらかじめ電話をして趣旨を伝えておいたので、職員の方が詳しく説明をしてくれた。

広さは思ったよりも広い。
定員50人で、現在20人弱が入所している…ということなので、スペース的にはとても余裕がありそう。

保育所ってそもそもなにをするのかも全然わからなかったけれど、どうやら基本的には「遊び」の時間が長く、行った時間も子ども達は自由に遊び回っていた。
資料によると、絵画制作・うた・音楽リズム・散歩…などなど書いてあるので、日によっていろいろやっているみたい。

午前中はそんな感じで過ごし、11時半くらいから食事。
お昼ご飯は自宅から「ごはん」だけを持って行き、おかずは給食のような形ででる。

その後はお昼寝。
2時間ほど寝て、遊んでおやつを食べて…というようなスケジュール。

その他、毎月の誕生会やお遊戯会があったり、遠足、運動会があったり、もちつき、健康診断など、年間を通じてのイベントもいろいろあるそうだ。

こういうところは初めて来たけれど、知らないことがいろいろあってなかなか興味深い。
毎日欠かさずお昼寝の時間があることや、ごはんだけが持参のこと、トイレは子ども用の小さいサイズのものが設置されていたり…などなど。

自分の幼稚園時代を思い出すと、なにか課題があってそれに取り組む…という時間が長い感じだったような気がするけれど、ここはもう少し自由度が高く、それぞれの子ども達は比較的好き勝手に遊んでいる…という印象。
なんとなく「あいうえお」を教えたり、もう少し教育的なムードがあるのかと思いきや、そうではないようだ。

それでハルトはどうしていたか…というと、ちゃっかり子ども達と混じって、一緒にすべり台で遊んでいたり、トランポリンで跳ねていたりと、初めて来るのになんだかなじんでいる。

同じ2歳からもう少し上の子までいるので、かまってくれる子もいるし、ハルトはハルトなりに楽しそうだ。

結局説明を聞いたりして1時間半くらいはいたと思うのだけど、ハルトはその間、とーちゃんが話を聞いている職員室のようなところに来たり、みんなと遊んだりと、2つの部屋を間を行ったり来たりして、特に不安そうにしたりすることもなく過ごしていた。

初めての場所なので、毎週行く児童館開放のときほどは楽しそうではないけど、でもそれは慣れの問題のような気がする。
「合う」「合わない」の2つで無理矢理分類するとすると、「合う」だろうか。

そんなわけで、農村保育所の印象は悪くない。
この見学とは別に、農村保育所に通っている近所の子に「保育所楽しい?」と聞くと、みんな楽しい、と答えてもいた。


そして…
近々行かせるべきか、それともまだいいか、やっぱりまだ結論がでない。

正直迷う。

無条件で入れる農村保育所、友だちや遊び場が欲しい、というだけの理由で平日終日預けるのは、ハルトにとって、また家族にとって良いことなのかどうか。
家族で過ごして「とーちゃん抱っこして~」なんて言っている時間を大切にするか、それとも同年齢の友だちと走り回る時間を大切にするか。

自分自身の気持ちとしては、毎日長時間預けるのはやっぱり寂しい気はする。
たしかに夏樹の世話には集中できるし、もしかしたら別の自分のやりたいことにも時間を使えるかも?なんて思ってしまったりもする。でも先日の新聞記事じゃないけど、ハルトの2歳は今のこの瞬間だけ、ともやっぱり思う。


とはいえ、たとえば今から集団保育したら社交的なハルトになり、そうでなかったら内向的なハルトになる…なんてことは全然無くて、集団保育しようとしまいと、それほど何も変わらないような気もしないでもない。
だから親である自分たちの好きなようすれば?と考えたりもする。

どちらにしろ、急ぐ話ではまったく無い。
この保育所に入れる以外に、他の子どもと遊んだりする機会がつくれる方法や場所があるかもしれないし、ハルトがいつも楽しく過ごせるように、いつも笑っていられるように、毎日過ごしていこう。

« 農村保育所 | トップページ | まつげが長い »

主夫の子育て2007」カテゴリの記事

コメント

別に終日預けないといけないわけじゃないんでは?
実際には習い事などで早帰りする子だって居るじゃないですか?
お昼ごはん食べてお迎えだって別にかまわないと思います。
普通の保育所だって、普通帰りの子も、残児保育の子もいるじゃないですか。
難しく考えることは無いと思いますが、どうですか?

お久しぶりで〜す。

コメントを入れるタイミングをずっと逸しておりましたが、いつも記事は拝見しておりました。

この「農村保育所」、何だかのびのびしていて良さそうですね♪いったん入所したら、毎日全日で通わないといけないのでしょうか?いがさんのおっしゃる「長時間預けるのは寂しい」というの、すごくよく分かるな〜。週に2回とか、午前中だけ、といった預け方ができたら最高なのに。もし毎日&全日オンリーということだと、入所させるか、させないか、楽しそうで素敵な保育所なだけに迷いますね…

都会の人気のある保育所だと、入所が順番待ちというのはめずらしくなく、空きが出た時にとにかく入ってしまわないといつ入れるか分からなかったりするらしいので、それと較べると、いつでも入れるのはラッキーですよね!まだまだ考える時間的余裕があるので、ゆっくり悩んでくださいね(笑)

当然こういった話もされたのだろうとは思いますが、基本的に一日預かるのか、半日だけ預かるということや希望する日だけということができるのか、その場合の料金などがしっかり決まっているのか、といったところによるのでしょうかね。

それらに応じて、やはり子供同士で遊べる時間もたくさんあったほうがいいであろうし、親と一緒にいられる時間も大切なのだと思います。

とまあ門外漢の当たり前のようなひとりごとということで。

 そうですね~。小さい子供の教育については諸説ありますが、よほど極端なことしなければ大差ないってのが私の感想です(笑)。要は子供が楽しんで大人が余裕持てればいいかな~と。

 保育園は幼稚園と違って遊びが主体ですね。保育園にもよりますが。

 私は選択の余地が無く保育園に入れていたので、こういう意見も読んでいて大変参考になります。嫌味とかじゃなくて、本当にそう思うんですよ。ここまで悩んでもらえるハルト君は幸せなんだな~と思います。

 保育所と言っても様々なものがあるなか、きっとそこの農村保育所は良い所なのでしょうね。私はその「良い所」を見つけるまで四苦八苦、入れるまで七転八倒でした(笑)。

 理想としては短い時間預けて家に帰ってきたら沢山遊んで上げられたらいいですよね。そして、預けないで家で親子の時間を大切にするというのも有意義な選択だと思うのです。

みなさんおはようございます。

cocoママさん
こんにちはー。
終日預けないといけないわけじゃないんでは?…他の方からも同じ指摘をいただきましたが、そうだったんですね。
早帰りする子の存在も知らなかったし、小学校のように毎日定時に来て定時に帰る…そんなふうに思っていたのですが、そういうものではないんですねー。全然なにも知らなくて。
難しく考えることは無い、その通りだと思います。考えてすぎてダメですねぇ(笑)
なんにしろアドバイスありがとうございます。参考になりました。
これからもよろしくお願いします!


ニャーママさん
おひさしぶりです!
農村保育所、たしかにいろいろいいところのようです。
親の出番もイベントもいっぱいあって、だからこそ地域に根付いていて…ということで、そんな意味でもやっぱり入れたほうがいいなぁ、と思っているところです。
毎日全日、自分もそう思っていたのですが、実はそうではないようです。
保育園が毎日全日じゃなくても良い、なんて保育園と関わりがある方にとっては常識でも、我らはなんも知らなくて、いかに知識不足かが痛感させられました。
なんにしろ、こうして選択がいろいろできるのは幸せなことです。
ところで来年前半のニャーママさん訪問計画、どうやら断念が確定することになってしまいそうです..また別途連絡しますが残念です…


ムムリクさん
こんにちはー。
一応行ったときに「半日とか週3回とか受け入れていないんですか?」って聞いて、そういうのはやっていない…と回答をもらっていたのですが、それは、そういうときの料金設定は無いよ、という意味だったのかも..なんて今更思ってしまいました。
なんにしろもうちょっと考えますが、でも近々入れる方向で検討中です。


笹木さん
こんにちはー。
ホント幼少期の過ごし方って、その人の人生にとってどう影響するんでしょうね。
なんにしろ、親子が余裕をもって過ごせるのが最も良い、、とは思います。
少し前まで実際にココに入れていた方にいろいろ聞くことができたのですが、本当にのびのびとしていて、普通の保育園と違って親の出番が山のようにあるようなのですが、それはそれでいいのかなー、と思いました。
預けるにしろ、預けないにしろ、子育てを丸投げするわけでもないので、もう少し肩の力を抜いて考えていきたいと思います。

実はいがさんの隣町に住んでるcocoママなのですが^^;
こちらでは農村保育所をへきち保育所と呼ぶんですが、冬季間は保育時間が短くなります。 畑仕事が無くなるという理由からです。芽室もそうなんでしょうかね?

それと、へきち保育所の保育料も一律のはずなので半日預けようが終日になろうが保育料は変わらないはずです。

入所してから、その日の都合などで預ける時間を考えてもかまわないんだと思いますよ。
ただ、そのような預け方は農村保育所だから許されることだと思ってくださいね。
町中の保育所だと無理だと思います^^;。

お子と離れがたい・・って気持ちも、よくわかる^^
ずいぶん前に忘れちゃってたですが・・( *^艸^)プププ

cocoママさん

こんばんはー。
保育時間が短くなる…うーん、どうなんでしょう?
通常16時半で、延長で18時までと言っていたので、その18時までが短くなるのだろうか..すいません、よくわかりません(^^;;
そしてやっぱりそういう自由度の高さは、農村、あるいはへき地ならではなんですね。
理由を問わず、というのもそうだし、都会よりずっと便利な田舎という一面ですねぇ。
子どもは不妊期間が長かったので余計にそう思うのかも..

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 農村保育所 | トップページ | まつげが長い »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ