« 怪獣ハルゴン | トップページ | 10年前の未来 »

2007.12.13

そして事故

先週末土曜日、ハルトを広い場所で走らせる機会があったのだけど、そこで事故は起こった。

しゃがんでよそ見をしていた妻にハルトがどっかーん!
悪気は無いのだけど、まったく手加減を知らないハルト。
全力で走って、全力で「かーちゃん!」と飛びついていった…というわけ。

ハルトがぶつかっていったのは背中なのだけど、あまりのスピードと運動エネルギーのために妻の首が「グキッ」となってしまった。

そのときはそれほどひどそうでなかったのだけど、翌日から首が痛くなり、翌日午後には起きているのもツライほど。
あたためればなんとかなるんじゃないかと、無理して温泉に行ったら風呂あがりに倒れてしまい、さらに翌々日とはとうとう起きあがることもできなくなってしまった。


月曜日、痛い痛いと痛がる妻をなんとかクルマに乗せて病院へ。
レントゲンを撮ったり、いろいろと検査をした結果、いわゆるむち打ち症で、頚椎捻挫型というものらしい。
湿布と薬で良くなるけれど、授乳中だからどっちも使えず、そう簡単には治らないかも…という話になってしまった。
基本的には安静に寝て回復を待つしかないらしい。


そんなわけで妻は「ベッドの人」になってしまい、パソコンにも向かえず、仕事は2日間にわたってお休み。
食事も寝た状態で済まし、夏樹への授乳も寝た状態。
少しでも動かすととても痛むらしく、痛い痛いと言って横になっている妻。


ところが。
止めなさい、といくら言っても制止しても、まったく制御不能な怪獣がいる。
飛びかかって大喜びしたり、おっぱいを引き出そうと襲いかかったり、身体の上でジャンプしたり、頭を叩いたりと、やりたい放題。

当然張り付いて制止するんだけど、2歳児といっても力は強く、思い通りにならなくて、かんしゃくを起こしてすさまじい声で泣きわめき、暴れて大変。文字通り手が付けられない。

そもそもハルトが原因だぞー!と言いたい気持ちを抑えて、「かーちゃん痛い痛いだからね」と、なんとか冷静に対処。

しかしそれでもベッドでのジャンプや、おっぱいへの執着が止められないハルト。
我が家は鍵のかかる部屋がないので、妻かハルトのどちらかを閉じこめるのも難しい。

入院したほうがいいか?なんて話もあったけど、こんなことなら本当に入院したほうが良かったのでは?と思うくらいハルトの暴れぶりは手に負えなくて、夏樹の世話、妻の看病、怪獣の制御を同時にひとりでやらなければいけない事になってしまい、今週の我が家はちょっとした修羅場。

妻がプチ寝たきりになってしまった月曜と火曜は、ハルトが家にいると戦争状態になってしまうので日中はなるべく外に出し、食事のときだけ支度と妻に食べさせる為に帰ってきて、夕食後も往復100km近く離れたところまでハルトをプールつき温泉に連れて行って…なんてことをやっていた。

しかし家にいないと夏樹のオムツは替えられないし、洗濯もできないし、雑用も多いし、風呂にも入れられないし、不具合がいろいろ。
家にいるとハルトに張り付いて妻と夏樹を守らないと危ない。でも張り付くとなにもできないし、ハルトはますます不機嫌。

このまま妻が寝たきりだと相当ピンチで、せめてハルトの相手だけでも、実家かその他誰かの助けを借りないとどうにもならない…と思っていたのだけど、水曜日になって、ようやく痛みも少しはひいてきたらしく、起きあがって食事や簡単なパソコン作業はできるようになってきた妻。

この調子でいけば、なんとか今週中にはある程度普通の生活に戻れそうな気がする。
やれやれ。


ハルトの怪獣ぶりは洒落にならないレベルだと思っていたけど、まさか妻を病院送りにするほどだとは。
けがの程度はクルマの追突事故とまったく同じらしいけど、自動車で追突された衝撃並みの破壊力を持つ2歳児、恐るべし。

ハルトの運動不足による欲求不満も相当深刻らしい。

とはいえ、基本的には事故だと思うので、あまりハルトを責めても仕方がない。

早く良くなりますように。

« 怪獣ハルゴン | トップページ | 10年前の未来 »

主夫の子育て2007」カテゴリの記事

コメント

大変でしたねぇ~・・。
でも、良くなられたようでよかった^^

芽室は短期保育というのがあるはずです。
(わが町でも行っています。私も利用したことありますよ。)
親が病気などで育児が出来ないときになど利用できるはず。
必要な時間だけ保育所で預かってもらえます。
事前(前日でも大丈夫なはず)に申し込みは必要ですが、親だっていつも元気なわけじゃないですからね^^;
1時間500円位で、昼食にもちゃんと用意してくれるはずです。

済んでしまったことでしょうけど、今後も突発的なことが起きてくるかもしれませんので、使える制度は大いに利用すると親も子供も助かると思います^^

短期保育と書きましたが・・
芽室ではなんて名前なのかは定かではありません^^;
わが町では「一時保育」という名前になっています。

 うわ~・・・。凄い事になってますね。

 私は肩凝りが酷くてそこから首がグキッとなった事があります。「ギックリ首」と呼んでます。あれ、痛いんですよね。寝返りすら打てないくらい痛い。だけど骨折とかじゃないので病院じゃ湿布出すくらいで治せないんですよ。

 こういう症状の時は鍼や電気を流す治療が効きます。つまり、整骨院です。治りの速さが違います。あと、傷めた直後だと暖めると逆効果になるので今後同じ事があったら温泉は控えた方がいいですよ。

 授乳あるとなかなか治らないんですよね。誰も代わって上げられないし。気長にのんびりいきましょう。

 前回は愚痴みたいなコメント書いてすみません。少しでも首が良くなってきたみたいで良かったですね。このまま順調に行くといいですね。

 あ、うちの怪獣ですが食事時にスプーンやフォーク投げてます。家にいる時はクイックルワイパーや木刀でその辺なぎ倒してます(汗)。

大変なことになっていたのですね(汗
 
早く、
普段通りの生活に戻る事を祈っていますっ!

 

うう、それは大変でしたね。(って今もかな…)
お見舞い申し上げます。
怪獣ハルト君のパワーは凄すぎますね。
成長と共にステップアップしてるのかな?
私はバイクの事故で首の頚椎を負傷し、しばらく整骨院に通った事があるので痛みは少しわかるつもりですが、痛いんですよね。
奥様はやく良くなりますように。
あといがさん、お疲れ様です。。

cocoママさん
こんばんはー。
短期保育、たしかにあるみたいですねー。
今回もそうだし、夏樹の出産時なんかにも利用したら便利だったかも..
またしてもなんとか乗り切ってしまいましたが、次回はぜひ使います~
情報ありがとうございます。
でも最も預かって欲しい時間は、夜(18時から22時くらいの間)だったんですよねー。なかなか難しいです。


笹木さん
こんばんは。
ははー、なるほど整骨院ですか。
なんとなく西洋式医療のほうが上なのかと思ってしまいますが、いろいろありますね。
温泉止めた方がいいとは知りませんでした(笑)
それでも少しずつ良くはなっていって、ハルトを抱けるようになる日も近そうです。
やっぱり身体を大切に…ってところでしょうか。
お互い、怪獣をがんばって育てていきましょう(笑)


homuさん
こんばんはー。
いやホント、不意な衝撃には要注意です(笑)


kutchiさん
こんばんはー。
2歳児なんてこんなもんなのか、それともハルトは特別ハイパワーなのか..
首ってあんまり他人にわかってもらえないのもつらいですよね。
って妻の話ですけど…
なんにしてもなにが起こるかわからないのも育児でした(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 怪獣ハルゴン | トップページ | 10年前の未来 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ