« 専業主夫 | トップページ | 海の見えるぶどう畑で »

2008.09.12

地域の子育て支援

このブログでも何度か紹介している、地元の育児サポート隊「育児ネットめむろ」。
「預けたい人」「預かりたい人」の橋渡しを柱に、毎週月曜日の児童館開放、木曜日の茶話会の開催などが事業内容だ。

昨日も木曜茶話会に行ったのだけど、なんと初めて自分以外の男性の参加者がいてびっくり。
いつも奥さんと子どもが来ているのだけど、今回は旦那さんが仕事休みということで、旦那さんが子ども抱えて来てくれた様子。

別にそういうわけではないとは思うけど、自分自身、男だけど育児してます!集まりにも行きます!というのを続けてそれを発信し続けていたら、ちょっと今までと変化が出てきたような感じがして、ちょっと嬉しい木曜日。


さて先日、たまたま育児ネットめむろの会報誌のようなものに寄稿を頼まれた。
奇抜で面白いことを書こうかと思ったけど、いやコレはやっぱり「お客様の声」みたいなものだし、やっぱり日々の感謝の気持ちを…というわけで書いてみた。

--
ひょんなことから仕事が無くなってしまい、いきなり主婦ならぬ主夫になったのが2年前。
泣く赤ん坊を抱え、子育てのことを話せる相手も親もいない芽室で、途方にくれていました。
子育ての孤独感、密室育児とはこのことだな…と妙に実感する日々。泣きやまない赤ん坊を窓から投げたくなることも何度もありました。


そんなとき初めて行ったのが木曜茶話会。
女性陣のなかにポツンとひとり、話し相手もいないし話題もないし、やっぱり男の育児は孤独だ…でも子どもには遊び相手が必要だし…と最初は半分嫌々だったのが、回を重ねる毎にいつしか自分の息抜きの時間になり、そして先輩お母さんたちにヒントやアドバイスをもらう場となりました。
夜泣きで困っているとき、怪獣に手を焼いているとき、病気になったとき、検診の結果に悩んだとき…「そうそう、うちもそうだった!」という一言に何度ホッとしたことか。


子育ては仲間がいると楽しさ倍増!…本当にそう思います。
毎日家の中にこもっていた頃に比べると、茶話会やひばり児童館開放などでおしゃべりしている時間は楽しくて、育児の場に男性なんて…と嫌な顔せず、いつも楽しく接してくれるみなさん、そしてサポートリーダーのおふたりには本当に感謝です。


今年は育児の講演会イベントを企画、準備段階から援助会員さんにはお世話になりっぱなし。
講演会当日は全面的に協力していただきました。
援助会員さんだって講演会を聞きたかったはずなのに、子ども達を預かっていただき、ありがとうございました。その後もプールや、用事がある際に見ててもらったり、なにかと育児ネットめむろのみなさんにはお世話になり、本当に感謝です。


子育て中のみなさん、子育てに家事にいろいろ大変ですが、育児ネットめむろなどをうまく活用して、これからも子育てを楽しんでいきましょう!
そしていつも健全な育児ネットめむろですが、いつかみんなで飲み会もやってみたい…なんて思ってしまうのは、やはり自分が男性だから?(笑)

--
注:援助会員というのは「預かりボランティア」さん、サポートリーダーとは、育児ネットめむろの運営スタッフのこと。


育児環境が整っているから…という理由で芽室に住んだわけではないけど、この育児ネットや、子育て支援センター、有志の育児の集まりなど、なにかと子育て環境が整っていて、子育て世代には住みやすい芽室。

誰だかわからないけれど、こんな子育て環境を整えてくれた人たち、そして今実際にこれらの運営に携わっているみなさん。
こんなふうに楽しく子育てに関われるのはみなさんのおかげです。
本当にありがとう。

« 専業主夫 | トップページ | 海の見えるぶどう畑で »

主夫の子育て2008」カテゴリの記事

コメント

 地震何とも無くてなによりでした。

 育児支援、芽室は整っていて羨ましいです。保育所も特に・・・。

 育児の悩みって育児そのものよりも社会的というか、環境に左右されやすいと思います。

 赤ん坊窓から投げたくなったと言うコメント、私もそうだったなあと思い出しました(笑)。

芽室の育児支援
本当、羨ましい限りです~~
 
いや・・・以前から

「僕が望んでいるような子育て支援はないのかな~」
 
と道内の情報をしらべると・・・ 
あるにはあるのですが・・
 
すべて道東!!(滝汗
 
どうしてなんでしょうね~~(謎
 
専業主夫系の育児支援関連情報も
すべて道東で・・(いがさん以外でも)
 
なので僕の中では
「道東の育児支援は進んでいるっ!」
という意識があります(笑
 
そんな僕は、いまだに
子育ての事を話せて、実際に会える近場の知人は0だし
妻の帰りは遅いしで、
まだまだ孤独な育児?が続いていますが・・
 
娘の成長にしたがって
その「孤独さ」を感じなくなってきたので
まだ、頑張れるかな~なんて思っています(笑
 
「泣きやまない赤ん坊を
  窓から投げたくなることも何度もありました」
 
僕もあったあった(笑 
ぐっと耐えて何度も涙を流したな~(苦笑
 
あれに耐えて、今があるなんて思ったりしています(笑

おひさしぶりです。
なんだか、「芽室は本当にいいところだったなぁ~・・・」とかなり実感しているところだったので思わずコメントいれちゃいました。
芽室から離れて、子育て支援センターは大体どこにもあるけれども、育児ネットみたいな気軽に子供を大先輩方がみてくれて、さらに遊ばせるところもあるところ・・・あんまりっていうか、ありません。
子供と一緒にいれる間は一緒にいたいっていうのはあるけれども、それだって息抜きは必要。子供服も着れる期間が短いのでリサイクルしていたりとかうちは、オムツをもらったり子供椅子をもらったりとかなーり育児ネットにはお世話になりました。っていうか、子育てをしていて芽室に住んでいるとお世話にならない人ってほとんどいないのでは?って思うほど密着していますよね。
育児ネットみたいな組織が北海道のどの市町村でも、整備されてくれると転勤族にとっては、ありがたいのになぁと願ってます。
茶話会のパパの参加!すごいですね。うちも引越し直前で旦那が休みだったので、ひばりへの参加を何度か誘ってみましたが、やっぱり実現しませんでした。なかなか、ああいう場所へのパパ参加は行きづらい部分も多いのでしょうね。それでも、ママ達だけではなくて家族ぐるみで集える場所ができたら本当に素敵だと思います。

☆知っているかもしれませんが、美生?中美生にある「ねんりん」へは行ったことがありますか?昔遊びや芽室の歴史とかの資料館のようなものなのですが、夏と秋に子供向けの「ねんりんフェスティバルというのをやっています。夏は流し冷麦で冬は餅つきと子供が遊べるちょっとした手作りイベントをしていたり、毎月2,4の週末だったかな?工作をしていたりしています。子供でも、ちょっとしたお絵かきとかができれば、親と一緒に部分的に参加したりできるので、町へのお買い物がてら興味があれば行ってみてください。

笹木さん
おはようございますー。
週末は札幌小樽近辺をウロウロしていたいが一家です。
丘珠空港のイベントとか朝里川とかで、笹木さんいないかなあ?とキョロキョロしてましたが居なかったですね(笑)
で、環境に左右…というのはその通りですねー。
保育所は芽室といっても農村地帯に限定した話なので芽室の一般論ではないのですが、でもなにかと整っているのは確かです。
赤ん坊を窓から…みなさんにうんうん!と言われます(笑)


homuさん
おはようございます~。
道東ですかー。あとは釧路とかなのだろうか..?
どうもね自分の住んでいるところのこと以外は知らないです..
町の予算を見ると、この育児ネットとかに使われる予算はわずかなのですが、そのなかでうまくやっているなー、と関心することしきりです。
やっぱりやっている人たちの気持ちというか、そういうのが大事なのかと思います。
育児の孤独感ってツライですよねー。
支援センターなどへの入りにくさなどと併せて、そういうのも発信していけたらいいですねー。


ひろさん
おはようございます!コメントありがとうございます~。
こないだ引っ越しの日、最後にやっとひろさんといろいろ話ができて嬉しかったです。
そして引っ越し後も子ども達が元気そうでなによりです。

さてさて、やっぱり芽室は子育て支援充実しているんですね。
最初からそうだと気づかないけど..
託児にしてもリサイクルにしても、小さい活動なんだけど、でも子育て中のママパパたちにとっては大事な部分がよくわかっている感じがしますよね。
なにを見本に進めているのかはわかりませんが、でも全国的にこういうのがあるといいのにー、とはとても同感です。
パパの参加、奥さんに後から聞いたら「なにをするわけでもないんだねー」という感想だったみたいなのですが、それ自体がなんだか新鮮な感想で笑ってしまいました。

ねんりん情報ありがとうございます~
ねんりん自体には何度か行ったことがありますが、ねんりんフェスティバルや月次のイベントは知りませんでした。
もちつきも工作も楽しそう..今度ぜひ行ってみます!
また地元情報いろいろ教えてください!…って行言ってももう遠くですね(涙)
それではみなさんによろしくです~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 専業主夫 | トップページ | 海の見えるぶどう畑で »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ