« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の8件の記事

2008.12.29

2008年を振り返る

というわけで今年もそろそろおしまい。

今年も1年間いろいろあったけれど、やっぱり子育てがメインの1年。
なんにしろ一番大きかったのは、長男ハルトがようやく人間になってきたことと、そして1月から地域の農村保育所に行きだしたこと。当時2歳7ヶ月。
Clip_4
5月ごろのふたり

この保育所は、専業主婦(夫)が子育てを担当していても2歳以降無条件で入れることができる素敵な保育所なんだけど、昨年の後半は保育所どうしようかすごく悩んでいた。

でもエイっと入れてしまえば、本当にいいことがいっぱい。
お友達といろいろなことを協力すること、相手の気持ちを読み取ること。
思い通りになることとならないこと。痛い事をされたときの心と体の痛み。
そして友達と遊ぶ楽しさ…。

やっぱり親だけでは教えられないいろいろなことを毎日たくさん学んできて、いろいろな意味でとても成長した1年。言葉も流暢になったし、ある程度は人の気持ちがわかるようになった気もする。

最初の頃はたしかに「行きたくない」という主張をしていたこともあったけれど、今ではとても仲の良い友達もできて、毎日喜んで通っている。日曜日など休みの日は不満そうにも見えるほど。


自分たち親にとっても張りつき状態から少し距離を置いて、イライラする事は少なくなったし、今では保育所のない子育ては考えられないくらいだ。

幼稚園と違い、基本的にはただ時間内遊び回っているだけ…みたいな感じだけど、それがまたハルトにはあっているみたい。

普通の保育園ともまた違い、親の出番がけっこう多く、平均すると月1~2回ペースでなにかしらある感じだけど、他のママさんたちと台所に立ったり、いろいろな役をこなしたり、親としても新鮮な体験でもあったし、もちろん地域のみなさんとの交流もとても深まった。

送り迎えのときにお友達と遊んだり、家族で家に遊びに来て貰ったり、遊びに行ったり…なんて交流もできるようになった。
今年はそんな、保育所にとてもお世話になった1年。


夏樹はというと、0歳児の小さな赤ちゃんだったのがズンズンと成長。
早くに立ったり、歩き始めて周囲を驚かせた。

ハルトのときは2歳くらいまで、他の子と一緒にする機会をほとんど作らず、それが良くなかったのでは?と薄々感じていたので、積極的に他の子がいるところに連れて行き、それがいいのか、結構誰とでも楽しくやれる、みんなに愛される1歳児になった感じがする。

Clip_2
2月頃の夏樹

6月から中耳炎が慢性化し、9月にチューブを入れる手術をしたのも夏樹。
年の前半はハルトが保育所から持ち帰ってくる菌類をすべて受けてしまい、ずーっと風邪を引き続けているみたいだったけど、そのおかげで後半は丈夫な身体になってきた。


自分自身の子育ては、昨年まではハルトの相手でいっぱいいっぱいという部分も多かったけど、今年は少しずついろいろなことに手を出すようになり、学ぶ事が多く充実した1年。
6月「子育てハッピーアドバイス」の明橋先生を呼んでの講演会は、日々夏樹を連れまわして準備に走り回ったけど、地域に顔が広がり、楽しい経験になった。

秋にはママ友たちと育児サークルの立ち上げ。これはこれでいろいろあったけど、でも各自楽しんで参加できたんじゃないかなあ?と思う。
育児の集まりで知り合ったママ友というか子育て仲間も増えて、子育てがより楽しいと思える理由のひとつにもなった。


妻も一年元気で、一緒に子育てをしつつしっかり働いてくれた。
やっぱり妻が家にずーっといる…というのは良くない部分もあることはあるけど、でもいい部分のほうがずっと大きい…そんなことを改めて認識。


このブログ関連では、開設から5年目、相変わらず平日毎日更新という目標にはほど遠いものの、まあなんとか続けられている。
今年もまた素敵な出会いがいくつかあって、ずーっと前からネット上でだけのやりとりだった遠い地に住む友人一家がとうとう泊まりに来てくれたり、海外から数年ぶりにまた会いに来てくれる方がいたり。


そんなわけで、今年も1年無事に終わることができそう。
大きなトラブルもなく1年を過ごせたのがなにより。
家族がみんな元気ならそれが一番だ。

…総括すると、今年もまた家族と過ごした幸せな一年でした。
どうか来年も良き一年でありますように。


--
今年も一年間、このブログに足を運んでいただき、ありがとうございました。
この記事が今年最後の記事となります。
そしてまた来年も続きますので、どうぞよろしくお願いします。

それでは、よいお年を!

2008.12.26

クリスマスと風邪と事故

今年の冬は「おなかの風邪」というのがまわりで大流行していて、家族総出でダウンする一家が続出。とうとう自分も点滴を受けたりしたママさんもいたり、なんだかみんな大変そう。

でもどういうわけか我が家は誰も風邪にかからず、みんな元気な12月を過ごしていた。

…と思ったら、先週末あたりから夏樹の調子が悪い。
熱が上がったり下がったり、おなかの調子は悪くないのだけど、ノドの調子が悪いらしく、なんだか苦しそうだ。
病院に連れて行き、薬を飲ませたりしているのだけど、なかなか治らない…。

クリスマスイブ頃からは、今度は自分が同じ風邪にかかってしまい、やっぱり熱がでて悪寒とのどの痛みがツライ..

そんななか24日は我が家でクリスマスをやろうと、少し風邪の良くなってきた夏樹を連れて町に出て買い物をしていた帰りに信号待ちをしていたら、どーん!と衝撃。
ツルツルになった路面で後続車が滑って、追突事故に遭ってしまった。

幸い追突してきた方も、そして自分も夏樹も誰もケガはなく、お互い車がちょっと壊れてしまっただけ。警察呼んで、相手の方の保険会社との話もスムーズに進んでホッとしたところだけど、でもせっかくのクリスマスイブに貰い事故だなんてねえ。

ずーっと手前からブレーキ踏んでいたのに全然効かなくて~、なんて追突車の方は言っていたけど、ツルツル路面は本当に危ない。
明日は我が身、みなさんツルツル路面には気をつけて。

帰宅後はますます自分の風邪が悪化して、もはや立っているのも困難になってきて、クリスマスの料理作りはあえなく中止になってしまった。

25日もいまいち体調が元に戻らず、楽しみにしていた育児の集まりのクリスマス会への参加はキャンセル。

今年は先週にみんなを招待して盛大な?パーティをやったので、我が家のクリスマスは控えめにする予定だったのだけど、でも一応ケーキくらいは…ということで、午後からは一応ケーキ作り。
今回作ったのはロールケーキで、このレシピを参考に。
ロールケーキ自体初めて作ったのだけど、まあこんなもんかな?見かけはともかく、味は結構おいしい~。家族も喜んでくれたので良かった。

Clip_6

…そんなこんなで終わった我が家のクリスマス。

来週はお正月もあるし、そういえば今年は地域の年越しイベントに参加の予定もある。
忙しいけど、1年のなかでちょっと特別な感じのするこの季節、早く風邪を治して家族みんなで元気に過ごしたいなー。

2008.12.24

クリスマスプレゼント

クリスマス、うちにはサンタさん来ないのかなあ?…なんて考えていたら、大きな謎の箱が宅配便が送られてきた。
送り主は東ハト…東ハト??なんだそりゃ?

と、ふたをあけてみると、でっかいキャラメルコーンの袋に東ハトのお菓子が満載!
おお~っ!
Clip_2

そういえば、夏頃にみんなでキャラメルコーンを食べていたら、パッケージに写真コンテストの要項が載っていた。
目の前で繰り広げられているハルトvs夏樹のキャラメルコーン争奪戦が面白くて、その様子をテキトウに写真に撮って、チチャッと応募したんだった…

Clip_5
そのときの写真がコレ。いい加減な写真だけど(笑)

で、どういうわけかこの写真がコンテストで優秀賞?に入賞して、その景品が送られてきたのでした。
http://caracon.jp/03award.html

実は10月くらいに朝日新聞等何紙かの全国紙の東ハトの広告でも使われていたそう
(誰も気付かなかった..)

Clip_4
これは楯。こういうのは初めてもらったなー(笑)

スナック菓子の詰め合わせとはいえ、ちょっと嬉しいクリスマスプレゼントでした。

2008.12.22

クリスマスパーティ

今年は夏樹の育児を通じて子育て仲間がいっぱいできて、一緒に子育てサークルを立ち上げたり、一緒になにかに取り組むことが多かった。

じゃあ今年最後にクリスマスパーティでもやってみる!?
という話になり、先日、みんなを招待して我が家でクリスマスパーティを開催~♪

Clip_2
丸焼きを準備中

リビングはテーブルの配置を換え、大きなツリー、そして妻手作りの飾り付け。
風船やらモールやらなんだかんだと飾り付けをしたリビングに、雪の中市街地から遠く離れた我が家に集まってくれたのは、大人こどもあわせて11組23人。
相変わらず大人は自分をのぞいて全員ママさん(笑)

今回は持ち寄りパーティ、各自料理を持ってくる事になっていたので、約束の15時に続々子どもを連れたみんながやってきて、手にはおいしそうなお料理の数々が…。

グラタンやシチュー、ピザにからあげ、ポテトにフルーツ、サラダ春巻き、ラザニア、鶏の丸焼きなどなど、ごちそうをずらっと並べて、みんなが集まったら「メリークリスマス!」
定番のクリスマスソングをBGMに、子どもたちを囲んで大いに盛り上がりました。

Clip_6
あーでもないこーでもないとおしゃべりをしながら、みんなで食べる食べる。
こんなに食べきれない!と叫ぶほどの量かと思ったのに、意外にお腹に収まってしまうのがなんとも不思議(笑)
Clip_10
オレも食べたよ~

ご飯を食べたあとは、妻とハルトも合流して、メンバーのひとりからクラリネットの生演奏のプレゼント。
Clip_8
雪景色とツリーとクラリネットのクリスマスソングの音色が妙にマッチして、みんなで聞き入ってしまった。


さらに続いては、お楽しみプレゼント交換。
みんなで輪になってとなりの人にリレーしていき、音楽が止まったらそれが自分のプレゼント♪子どもをひざの上に乗せてのプレゼント交換なんてちょっと楽しい。

そして今度はケーキタイム。
コーヒー片手に手作りのケーキをみんなでいただきました。


その場で撮った写真を印刷して、こんど遠くに引っ越ししてしまうメンバーに写真入りのメッセージカードを渡したり…と、なかなか盛りだくさんのクリスマスパーティ。

育児の集まりとはまた違ったみんなの顔が見られたし、なかなか普段は話せないようなこともたっぷりおしゃべりできて、また今日は妻にもみんなを紹介できて、とても満足。


やったこともないのにクリスマスパーティやってみる?なんて軽く言ってしまって、どうなることかと一時は心配したけど(?)、狭い我が家にこんなにもいっぱい集まってくれて、子どもも大人もみんな笑顔で、とっても楽しいパーティでした。
自分がこんなことを主催するような人だなんて知らなかった…(笑)

いつも家族だけでクリスマスしているけど、こういうのもすごく楽しいなぁ。
不妊夫婦だった我らにハルトの妊娠がわかってうっかり買ってしまった大きなツリーがつないだご縁、という感じもする。


みんながワイワイやっている途中、たまたま玄関に行ってみると、女性モノのブーツがいっぱい並んでいて、それを見て子育てを始めた頃のことを思い出した。

ハルトの育児を始めた頃、育児の集まりの入り口まで行って中に入れず引き返したことや、意を決して中に入ったものの、やっぱりママたちの輪に入れずにいたこと。

端のほうにポツンとひとり、当時の子育ては本当に孤独で、やっぱり男性には子育ては難しい部分があるよなぁ…と実感していたのに、それが今ではこんなふうに子育て仲間がいっぱい。

我が家のリビングでみんながこんなにも楽しそうにしてくれて、赤ん坊しか話し相手がいなくて、ひとりで悶々としていた日を思うとなんだか感慨深いものがあるなー。


主夫として子育てに取り組んだり、あるいは地域のよりよい子育て環境を作ろうと動いているつもりだけど、長い期間いろいろなやりとりを経てそれを子育て仲間のママさんたちにちゃんと認めてもらえて、そして信頼関係を作れたような気がして、そういった意味で自分にとってはちょっとした記念碑的なイベントになったなー。

そしてまた決して自分たち夫婦だけで子育てしているわけではない、という気づき、そして持論の「子育ては仲間がいるとより楽しい」、改めてそれを実感したパーティでした。


なにしろ、来てくれたみなさん、どうもありがとうございました!

2008.12.18

雪遊び

1歳児夏樹は生粋のアウトドア派。
ハルトと同じで、家の中で過ごすのがとても苦手で、外が大好きだ。

毎日午前中は育児の集まりに行ったり、買い物をしたりして家から出ているけれど、午後はなかなか過ごし方が難しい。

外でお散歩というのもいいけど、この季節の外は寒く、またまだ雪も積もっていない…と思っていたら、先日ようやくまとまった雪が降り、なんとなく外に出られそう。

夏樹、雪で遊んでみる?
…ということで、防寒つなぎ・手袋・帽子に長靴という完全装備で、いつもの森へ。

昨年は0歳児だったので、本格的に?雪とふれるのは今日が生まれて初めて。
どうするのかなあ?と思ってみていたら、雪の上に座って雪を触ってみたり、投げてみたり。
Clip_2

Clip_4
ハラハラと舞うのが楽しくて、冷たい感触や崩れる様子も楽しくて、大喜びして雪を触っていました。
ヨダレがでているけど、これは夢中になっている証(笑)

結局小一時間ほど遊んで満足した様子。
雪でなんかいつでも遊べるので、また雪遊びするのが楽しみだねー。

2008.12.16

師走

ちょっと更新をさぼっている間に、十勝はすっかり冬模様。
雪もしっかり降ったし、昨日の最低気温は-15度くらいになったみたい。

12月も中旬になって、我が家でも年賀状の準備やクリスマス関連、いろいろな集まりで大忙しの我が家。
今年は子ども関連で友人がいっぱい増えたので、そんなみんなと集まってみたり、飲み会を企画してみたり、パーティを計画したり…。
ゆっくりのんびりいきたい、、と思う事もあるけど、でも忙しい方がいろいろと充実しているような気もする。

そんななか我が家の子ども達はとっても元気。
まわりでは風邪が大流行していて、おなかの風邪などでダウンする一家が続出しているのだけど、なぜか我が家はうまく避けていて、今冬はまだ風邪らしい風邪はひいていない…。

まだまだ慌ただしい日々が続くけど、体調をしっかり管理して楽しいクリスマスや年末年始、そしてお正月を迎えられたらいいな。

Clip_3
今日も元気に保育所へ!夏樹は眠くて寝てしまいました~

2008.12.04

3歳児のプライド

先日3歳6ヶ月になったハルト。
ようやくオムツを卒業して、自分でトイレに行けるようになり、日々トイレに行っては楽しそうにしている。

最後までオムツが必要だった場面はなんといっても夜寝るときだったのだけど、最近は夜寝るときもパンツで寝ることも多い。

…が、やっぱりそこは3歳児、まだまだ夜中にオシッコしたくなって起きて教える…というのは難しいらしく、おねしょしてしまうこともしばしば。

夜中に「うわー、びちゃびちゃー」と泣いて、あわてて起きて、シーツとベッドパッドを替えて、パンツ交換して…なんてことも多い。
子どもの泣き声に対する感度は妻の方が上なので、これはたいてい妻の仕事だ。

洗濯物も山積みになってしまうし、安眠妨害だし、夏樹もおきちゃうし、できたらおねしょしないで欲しいんだけど…。

そんなことをしばらく繰り返していると、だいたいどんなときにおねしょをしてしまうか、なんとなく見えてくる。

たとえばリンゴを食べたとき。
利尿作用が強いのかどうか知らないけど、リンゴを食べた夜はおねしょ率が高い。
もちろん夜から寝しなにかけて飲み物を多く飲んだときもあぶない。牛乳もけっこう危険な飲み物だ。

そんなときは、ハルトとの攻防戦。

「ハルト~、今日はオムツで寝ようぜ」
「パンツがいいもーん」
「今日は夜じゃーってでちゃうって。オムツにしようよ」
「イヤー!ちゃんと起きてする~、パンツがいい!」

やっぱりオムツは屈辱的で、とてもイヤなものらしい。
説得に成功できることもあるけど、押し切られてしまうことも…。
もちろん寝る直前にトイレに行くなど対策はとるけど..

オムツにして欲しいなあ…というお願いがうるさいので、ハルトはハルトなりの作戦にでることがある。

それは、まずは言うとおりオムツで寝る…フリをする。
続いて父も母も寝たのを見計らってベッドから抜け出し、自分でオムツを脱いでパンツに履き替え、またベッドに戻る…という作戦。

オムツで寝かせたはずなのに、やっぱり深夜「びちゃびちゃー」とやってしまい、なんで??と見ると、夜はかせたはずのオムツが床に脱ぎ捨ててあったり…。

オムツはイヤ!というプライドだけ高くて笑っちゃうよなぁ。

そんなわけで、まだオムツ?パンツ?おねしょ!という夜は続きそうだ。

Clip_2
オレはオレの考えがあるんだぜ

2008.12.02

夏樹近況

Clip_2
はやいもので今日から12月。
今はまわりで風邪がとても流行っているけれど、いまのところ大きな風邪には誰もかからず、元気な我が家だ。

夏樹ももうすぐ1歳4ヶ月になり、すくすくと成長中。
いろいろと成長しているけれど、いちばん大きいと思うのは「はい」「いいえ」の意思表示がしっかりできるようになったこと。

みかん欲しい?…うん、とは言わないけど、うんってうなずく。
柿は?…ううん、とはやっぱり言わないけど、いらないよって首を振る。

言葉を投げて、それに対して気持ちを表現できるようになると、とたんに人間っぽく思えてくるのが不思議だ。

そしてハルトと比較して、夏樹はおとなしい子だなーと思っていたのだけど、実はそれは勘違いじゃないか?とも感じるこのごろ。

確かに大暴れしてチャイルドシートに断固乗らない…なんてことはないけど、でもどこかに連れて行くと「下におろせー」と暴れて、置いたとたんにどっか歩いていってしまう。
やっぱり身体を動かすのは大好きみたいだし、外が大好き。
じっとしているのはやっぱり苦手で、好奇心旺盛というか、とにかくよく動く子だ。

お風呂からあがって、体重計に乗ってみたよ。
Clip_4
11キロ!
Clip_6

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ