« 通園路 | トップページ | お散歩 »

2009.02.10

長男たち

Clip_7
まったくいつになっても長男は手がかかって…
そんな話を母友さんたちとよくしている。
何人かの兄弟を育てて、いちばん上が男の子というお母さんたちが言うことは共通していて…

「うちは3人いるけど、もう小学生になったというのに、なんといっても手がかかるのは一番上の男!」

「いがさん、それはそういうもんよー。
うちなんか長男はもう高校生だけど、なにかというと長男で、いまだに長男がいちばん手がかかる…」

「奴はホント手がかかって、なにかというと「かーちゃん、かーちゃん」いっつもうるさくて、わたしの一番キライなタイプの男…もう嫌だわぁ」

などなど。

もちろんうちのハルトも例外ではなく、新生児のころから今に至るまで、本当に手がかかって、なにかというと「オレをかまって!オレの話を聞いて!ねえっ!!」というタイプ。

ちょっとしたことでかんしゃくを起こしたり、すぐ泣き叫んだり、頑固だったり、そのくせ肝っ玉は小さかったりするのも、きっとこの「かまって欲しい欲」の強さが根底にあるに違いない。

ハルトは赤ちゃんのときも抱っこ魔神・おっぱい野郎で、親に張りついて離れず、まったくもって寝かせられず、掃除も料理も何にも出来ない…という感じだったけど、それもそういう性質によるものかもしれない。

先日は育児の集まりで餅つきがあったけど、いつも夏樹だけ連れて行くときはなんてことないのに、今回は日曜日だったのでハルトも連れていたら、これがもう大変。

抱っこ抱っこ!抱っこ!だったり、どうでもいいことでかんしゃく起こして泣きわめいてみたり、今年は4歳になるというのに、いったいどっちが赤ちゃんなんだか…。
「このオレ様野郎めー」と思うことはとっても多い。

とはいえ、手がかかるというのは、それだけ育てがいがあるような気もするよね…なんて気もする。どっちにしても親は子の性別も性格も選べないのだから、受け入れていくしかないのかも。

今日もかんしゃくを起こして泣きわめいているハルトを見ながら、そんなことを思った。

Clip_5 オレ様かわいい?

« 通園路 | トップページ | お散歩 »

主夫の子育て2009」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
先週の土曜日無事に母子揃って退院してきました。
しかし…新生児なのに「抱っこしろ」が激しい我が子に接してさすがの私も仰天…。
この記事を見てさらにびっくり。一番上の男の子…我が子もそれに該当ですね。
どんな性質の子かまだわかりませんが、今の段階でも相当自己主張が激しいようには思えます。
それだけ育てがいがあるととらえるようにしようと心掛けようとしても、いざその時になるとそうは思えないんだろうな、と思っちゃいますよね^^;

 うちは長男がかまって星人、次男が抱っこ魔人です(泣)。は~い、今も腕の中で仰け反って泣いてま~す!

うちも19歳の長男が手がかかる。。。。離れて住んでも手がかかる。。。。
小それに比べて次男坊はらくだわ〜
これって定義なのかな?


タピアンさん
おはようございます~
無事に退院おめでとうございます。
そしてさっそく大変な状態に突入しているようですね..やっぱり実際に生まれてみると、こんななのか!?と思う事は多くて、とまどったりブルーになったりすると思うのですが、でも長くは続きませんので子育て楽しんでくださいねー。
やっぱり男の子ってそういうもんですかねー!?


ちぶれ母さん
おはようございます!
やっぱり!次男君どんなふうに成長するのか楽しみですよー(笑)


AKKOさん
おはようございまーす
えー、離れてても、ですかー。
ほんと実際どうなんでしょうね?子どもの元々の個体差なのか育て方なのか..

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通園路 | トップページ | お散歩 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ