« 40万アクセス | トップページ | 雪中運動会 »

2010.02.25

朝の食卓

今年から北海道新聞に不定期に連載しているコラム「朝の食卓」。
新聞に書くようになるとなにか起こるのかな?ってちょっとドキドキしていたけど、特になにもない…(笑)

あっ、先日は夏樹が鼻血を出して耳鼻科に行ったら、その耳鼻科の先生に「見ましたよ~」なんて言われたけれどその程度でした。
まっ十勝はカチマイこと十勝毎日新聞のシェアが大きくて、北海道新聞読んでいる人は少ないのかも…。

というわけで先日の記事の原稿はこんな感じでした。

次回は4月の上旬に掲載になるみたいなので、北海道新聞とっている方は見てみてくださいねー。

--

イクメン。育児を積極的に行う男性のことを最近そう呼ぶそうだ。

乳幼児の子育てを経験してみて、子育て中にいちばん手助けしてほしいことがわかった。
オムツを替えることや、家事の手伝いをしてくれることもそうだけど、それよりももっと必要なこと。

それは子育てに共感してくれることだ。

子どもをカワイイと思う気持ち、子どもを大切に思う気持ち。心配する気持ち。そして子育てがつらい気持ち。そんな気持ちを共感してくれる存在こそが、乳幼児を育てる際に必要な存在だと思う。

そしてそんな存在にいちばんなれそうなのが配偶者であり、イクメンだ。

だから僕は子育て経験者として、世のパパたちに積極的にイクメンになることを勧めたい。

自分が体験していないことはわからないし共感できないから、まずはやってみる。
できることが少なくて…そんな悩みをパパ友から聞くこともあるけれど、まずはできることから。そして積極的に奥さんの話を聞いてみる。

そしてイクメンになることで得られるものは、子育てに対する満足感と、子どもに対する愛情、そして子育てや子どもに対する夫婦の共感。

だからイクメンは義務でも自己犠牲でもなく、回り回って自分のため。家族が笑顔で過ごすため。
子育ての時間を共有して共感し合い、そして尊敬しあえる夫婦の間に育つ子どもはきっと真っ直ぐ育つ…僕はそう信じたい。

« 40万アクセス | トップページ | 雪中運動会 »

講演&執筆活動」カテゴリの記事

コメント

次回は4月上旬ですか~楽しみですっ!
 
さてさて
 
「子育てに共感してくれること」
 
僕もその通りだと思いますっ!!
上手な表現ですね!!
  
僕の場合は、
イクメンとは逆?かもしれませんが
  
妻も、そして実母も
キャリアウーマンからか、子育てに関して、
   
「やったことが無いからわらかないな~」
「私にはできないなぁ~」
 
って二人から言われることが多いんですよ~(涙
先日も実家で、言われましたし・・(滝汗 
 
一緒に遊んで、ご機嫌取って、
子供だけ笑顔であることが「子育て」じゃなくて
  
いがさんのおっしゃる
 
「家族が笑顔で過ごすため」
 
が大事なんだと、心から思っていたりします
 
でも、そんな我が家
 
子供が生まれる前は
夫婦ともに自由人だったので
最初は、自己犠牲的な感覚も必要だったのだろうなぁ~って思ったりします

でも、今では、
逆に、色々新しい価値観を手に入れたので
自己犠牲と感じなくなり、
 
いがさんの書いている、「回り回って自分のため」
になっていると思えます(笑 
 
正直、良かったですよ、育児をしていて
 
ビジネスマン時代の価値観では
すご~~く遠かった「幸せ」が
 
今の価値観だと、「幸せ」が身近にあるんですよね~(笑
 
・・・と長くなって失礼しました

homuさん
おはようございまーす
おおっ、共感していただいてありがとうございます。
「家族が笑顔で過ごすため」の子育てが大事で、そのための日々…ってのをわかってもらえてうれしいです。
自己犠牲的になってしまう部分も必ずあるけど、でもそれが全部じゃないですよね。
幸せって難しそうだけど、実は意外とシンプルで身近にあるのかもしれないです。
なーんて、またhomuさんと直接会って話してみたくなってきたいがでした(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 40万アクセス | トップページ | 雪中運動会 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ