« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の6件の記事

2010.08.30

3センチの新しいいのち

家族全体としてのワークライフバランスがなかなかいい感じになっている我が家。
子育てはとても楽しいし、子どもはカワイイ。

大好きな家族と慌ただしくも充実した日々を過ごしていて、大変なことも多いけれど、でも妻と一緒に子どもを育てていく日々は何物にも代えられない日々だ。

うちはすでにふたりの息子がいるけれど、でも出来たらもうひとりくらいは子ども欲しいな。

その理由はいろいろあるんだけど、その理由のひとつは、妻がとても子育てに向いているということ。

妻は他人に対する優しさ、いちばん根本的な部分が善人で、やさしい心というか愛というか、そういうのを持っている。それがとても子育てに向いていて、いつも大きな愛情で他人を包んでいて、そしてそういう大人がもっと増えたらいいなぁ、なんて思う。

そしてうちは子育てを通じて「夫婦で一緒に歩いている感」がとても強まったし、実際いろいろな角度から見ても、とってもいい感じに夫婦二人三脚で子どもを育てられていて。

もちろん自分も子ども大好きだし、子どもとの時間は楽しい!
今なら仕事と家事子育てを、家族全体としてうまくバランスをとれる気がする。

ということで、実は今年のあたまくらいから「家族を増やそう計画」を励行していた我ら夫婦。
うちは第1子が生まれるまでは約7年不妊、カレンダーにしるしをつけて、あぁ今月もまたダメだった…なんてことを何回か繰り返していたんだけど、とうとう先日、無事に妊娠!心拍も確認!

現在妊娠3ヶ月で、予定日は来年の3月の下旬。

人生は楽しいけれど、この「人生」そのものをプレゼントできる…なんて素敵だ!
ふわふわでほわほわの赤ちゃん!

そうなると性別はどっちかなー?初めての女の子が生まれるのもいいし、男3人でドタバタに拍車がかかるのもそれはそれで楽しい。

なんにしろ、我ら夫婦がちゃんと育てるから安心して大きくなって出ておいで。

とはいえ実際のところ、経済的な部分なんかはとても心配だし、うっかりふたり用に建てちゃったこの家はとても狭くて、そのへんどうするの?という問題などいろいろ山積みなんだけど…でもそれを差し置いても子育ては楽して、本当に楽しみ。まっ問題点はなんとかなる…といいな(笑)

Clip_3
今月は夏樹の誕生日もありました。暑い日に生まれた夏樹も3歳!
そして無事に5人家族になれますように。

2010.08.28

子ども達の笑顔を増やしたい!

5年前に第1子が産まれ、自分が子育てに深く関わるようになってから、子育てに関する活動にとても積極的に取り組んだり、男性としての立場からの子育てについてのいろいろな情報を発信している。

古くは講演会に呼ばれてしゃべってみたり、いろいろな取材を受けたり。
子育て広場「なごみ」の立ち上げ運営、地元の子育て支援組織の運営委員を引き受けたり、パパ向け子育て支援「パパ・スイッチ」の代表を引き受けたり。

今年からは新聞に子育てコラムを書き始め、最近では地元の雑誌に先月今月と2号連続で助産師松中さんとの子育て対談が掲載になり…となかなか盛りだくさんだ。そしてこれからもそういう機会がもっと増えそうな気配。

そのほとんどはボランティア活動のようなもので、それをやったからといって直接的になにか利益になることがあるわけでもないし、その割に手間ばっかりかかることばかり。

でも、それらの活動を通じて、最終的に目標にしていることがたったひとつだけある。

それは、この世界に子どもの笑顔をひとつでも増やしたい、ということ。

みんなのたからもの、それは子どもたちの笑顔だ。

家族が幸せなら、子どももきっと幸せ。
だから僕は幸せな家族を増やしたい。
家族が幸せであること…それは夫婦が幸せであること。

まずお母さん。
自分は育休や専業主夫の経験を通して、オギャーと生まれた子を育てるのがどれほど大変か、そして母親たちがどれほど多くの悩みを抱え、ひとりで子育てを抱え込んでいるかがよくわかったし、密室育児のつらさもとても理解できた。
でも子育て仲間ができて、うんうんって話を聞いてくれる先輩ママやそういった場があれば、そのストレスは軽くなっていつか子育てが楽しくなる…だからそういう場を作って、そして「子育てには仲間がいるといいよ」という価値観を広めていきたい。

それからパパ。
核家族化が進む中、子育てをすべてママに丸投げするのは酷すぎる。家族に気持ちをスイッチして、家族がもっと笑顔でいられるためには、パパ自身の意識を変えていくことが必要だ、と思うことも多い。
一方で子育てにもっと参加したい、イクメン、なんて言葉も産まれ、でもどうしたらいいのかわからないパパたちもいる。子育てや家事は義務ではなく、それが楽しいからやっている…そんなパパを増やしたい。子育て仲間がいると楽しいのはパパだって一緒で、だからそうしたことを少しずつでも発信していきたい。

そして社会。
子育て世代の家族の幸せを考えると、どうしても社会の理解が必要だ。
それは単純に仕事の効率化を進めて子どもがまだ小さいパパたちを早く家に帰して欲しい、というのもあるし、子育てが一段落したあとの優秀な女性たちの処遇についての話などもある。
家族が幸せで、みんなの生き様の満足度が高まれば、それは企業としても社会としてもプラスであるはず。

そんなふうにいろいろなところから家族の幸せを考えて、それを発信できたらいいな。
そして少しでも、子どもたちの笑顔が増えたら…。

先日はパパスイッチの講演会に誘って来てくれた近所のパパさんが、講演を聴いて自分も育休をとる!と宣言してくれて、彼は今実際に育休中だ。
その子どもが「お父さんがうちにいてくれて嬉しいんだー」なんて言っていて単純に嬉しい気持ちになったし、この子のこの笑顔が僕の増やしたいもの、そのもの。そんな事例がもっと増えたらいいな。

ほんのちょっとでも子育てしやすい社会に…そして家族の、夫婦の、そして子どもの笑顔が増えるように、これからもいろいろ活動していきたいので、これからもどうぞよろしくお願いします!

Clip_2

子どもと一緒にピザを作ろう

今年は行政と一緒にパパ向けの子育て支援組織「パパ・スイッチ」の代表を引き受けて活動中。
先日、そのパパスイッチのイベントで「石釜ピザ」づくりというのを開催したのでした。

子どもたちとピザを作って食べながら、地元のパパ同士の交流を深めよう…というのが主な趣旨。

今回は「ますや」さんがボランティアで石釜軽トラで来てくれて、食の研究室エピの会という団体が材料の手配や当日の食材の準備なんかを全部やってくれました。
Dpp_3447
コレが石釜軽トラ。燃料はペレットで、温度は400~500度くらいだそう。
ピザいっぱい入れても5分で焼けます。

Dpp_3449 小袋に小麦粉と塩が入っているので、子ども達とこねこね・・

Dpp_3450
焼く前の状態。

今回は食育を兼ねて、ということで材料はほぼ芽室産!

3歳児夏樹もそれなりに作っていたので、子どもでも簡単!(?)

そして焼くこと5分!

Dpp_3451
完成!!パリパリしていてとても美味しい♪
みんなでいただきました~

Dpp_3452
最後は絵本の読み聞かせ~
ちなみに読んでくれているのは、役場の子育て支援課の課長です。

参加者は70名くらいだったかなー?
知っている顔ばかりで、みんなといっぱいおしゃべりできたし、ピザももちろん美味しかったし楽しかった~!!
パパとも多少は交流できた・・・かな?
今回はパパがいろいろやってくれて、なんかセレブ気分でよかったってママ参加者のひとりが言っていたのがちょっと印象的でした

というわけで参加してくれた皆さん、ボランティアで手伝ってくれたみなさん、野菜を無償提供してくれた農家の皆さん、ありがとうございました!

2010.08.07

パパ・スイッチ

今年から連載している北海道新聞「朝の食卓」。
昨日は自分のぶんの掲載日でした。というわけでここにも載っけておきますー。


--
パパ・スイッチ

 僕の住む芽室町では、役場と子育て支援組織が中心になって「パパ・スイッチ」という事業を行っている。
パパの気持ちを家族にスイッチする意味で、子育てをパパがもっと楽しもうという趣旨に賛同して実行委員長を引き受けた。

 先日、第1弾の事業として講演会を開いた。家族のためにもパパ自身のためにも、もっと子育てに手を出そう、そしてもっと子育てを楽しもう。子育てはパパとママのツートップで…そんな趣旨の講演だったのだけど、参加したママ友から「夫が子育てに協力的になってうれしい」なんて言われたり、近所のパパが「自分も育休を取る!」と言ったり、目に見える効果があった。

 子育てはパパとママが二人三脚で取り組んでいく必要があるし、それがパパ自身のためでもある…というのは自分自身の経験則でもある。
こんなに楽しい子育てにパパがかかわらないのはもったいない! そしてパパの気持ちが家族に向いている家庭ほど、家族の笑顔が多いような気がする。

 とはいえパパたちの話を聞くと「そうしたいのはやまやまだけど、忙しくて時間がとれない」なんて意見も多く、たしかに個人の力だけでは難しい部分もある。
それでもこんな活動がヒントになって、ひとりでも多くパパ・スイッチが実現できたらいいな。
子どもを育てる家族みんなに笑顔が広がりますように。(子育て主夫・芽室)
--


パパが子育てに関わるほど、家族が楽しそう..というのは本当にそう思うのです。
パパが家にいる時間が長くて、家族の方を向いている家庭のほうが子どもの人数が多い気もするし・・

仕事に夢中になるのもわからないでもないけど、でも子どもが小さい間だけでもいいのでちょっとパパスイッチしてあげられたら、社会全体がもう少し良くなるんじゃないかな・・

実際、ママだけでなんとかするには子育てって大変すぎだよね…ってことをちょっと言いたかったのでした。

午前5時、嵐山

Clip_4

早起きの長男を連れていつもの場所へ。

2010.08.04

夏です

そんなわけで、夏も真っ盛り。

北海道の短い夏をしっかり楽しもう!ってわけでもないけれど、あちこち走り回っている我が家。
土日はほとんど家にいないような毎日です。

Clip_2
この日は釧路の湖が見えるところで家族でキャンプ。
もう子ども達もキャンプが充分楽しめる年齢になってきて、とてもいい感じ。

Clip_4
この日は友達の家に呼ばれて焼き肉~
あっつい日にビールが美味しい!子ども達は友人に遊んでもらって楽しそう!

Clip_6
毎年恒例、保育所の七夕もありました。
今年は天気がイマイチで室内で開催。
今回はうさぎちゃんの着ぐるみのなかに入ったんだけど、暑くて死にそうだったものの、子ども達にわーっと囲まれてとても楽しかった♪

Clip_8

この日は富良野にさくらんぼ狩りに。
十勝のいつも行くさくらんぼ園は今年不作で休園だったけど、ここはとてもおいしい。

Clip_10
この週末は札幌に1泊で。いつものガトーキングダムに行ってケーキバイキングを満喫中。
子ども達はこれが大好きなんだなぁ。

Clip_14

7月の連休はいつものママ友ファミリーと3組で一緒に中富良野でキャンプ~

Clip_12


ダッチオーブンが2台あって、1つは鶏の丸焼き、もう1つははじめてパエリアを作ってみたんだけど、これが実にうまくできて美味しい!

Clip_16

直火OKのキャンプ場だったので、夜9時には子ども達を寝かしつけて、大人達みんなでたき火を囲んで照明を消して深夜まで話をしたのが楽しかったなぁ。
毎度おなじみになってきたビールサーバー、今回は10リットルあったけどやっぱりカラになっちゃった(笑)

そんなわけでみなさん元気に暑い夏をお過ごしください!

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ