« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の9件の記事

2012.05.30

北海道移住は「仕事」がキーワード

Clip_2


このところ、とある移住関連雑誌に連載が決まったり、近所に関東出身の方が引っ越ししてきたり、また職場に東京で働いていた人が新しく家族連れで入社してきたりと、僕の廻りでは北海道移住に関する話題が多い。

もちろん友達や知り合いにも移住者がいっぱい。

そういえばゴールデンウィーク前半には、移住したい、という子ども3人を連れたご家族が滋賀から遊びにやってきた。

ちょうど我が家の子ども達と同じくらいの子だったので、一緒に嵐山を散歩したり、沢で遊んだり…。

一緒になって走って遊んで、子ども達も大喜び!
みんなではしゃいで男子ぶりを発揮してみんなとても楽しそうでした。

感じのいいご夫婦で、4ヶ月の赤ちゃんもいて、我が家にとっては楽しい時間だったけれど、北海道を気に入ってくれたかな…?

僕はかなり以前、北海道庁から委託されて移住アドバイザーのようなことをやっていたり、移住情報誌に掲載されたりしたこともあり、移住ってどうなんだろ…という話を振られることが比較的多い。

みなさんおおむね言うのは以下のようなこと。

・子どもを育てるなら北海道のようなところで育てたい
・自然の多いところが好きなので住みたい
・だけど仕事がねぇ..

今回もだいたいそんな感じの話。

結局のところは「仕事」があるかないか。
あるとしたら仕事内容のほか、給料や休日体系は受け入れられるものかどうか…という点に集約されてしまう気がする。

僕はハローワークの職員ではないので、具体的な仕事の紹介はできないけれど、移住者そのものはそれほど珍しくはないことや、一般的に言って給料は少なめ、完全週休二日はそれほど多くない、医療系や専門職は強い、でも専門的すぎると逆に仕事がない…そんな話をした。

具体的にはハローワークの求人を地元ハローワークでチェックするとか、地元新聞「十勝毎日新聞」の求人を見てみる(月曜日が求人特集)、あとはネットで情報収集する…くらいしかアドバイスはできない。

とはいえ生き方として、就職してサラリーマンする以外の方法だってあるし、いままでの経験や家族構成などによっていろいろだし、結局は運やご縁だったりもする気がする。

ただひとつだけ言えることは、北海道の暮らしは少なくとも僕たち家族にとっては素晴らしい!ということ。

特に子どもを育てるならこんなに素晴らしい環境はないので、移住を目指すみなさんにもなんとかいい方法があるといいなー...
せっかく一度きりの人生なんだから、住むところくらいは自分たち家族で決められたらいいのにね。

なんだかんだいっても北海道移住は「仕事」がキーワード。

そんな移住の話でした。

2012.05.28

パパイベント「巨大プラレールで遊ぼう!」開催

先日、僕が代表をしているめむろパパスイッチが主催するイベント「巨大プラレールで遊ぼう!」を行いました。

プラレールって楽しいよね!
みんなでプラレールを持ち寄って、会場いっぱいのでっかいコースを作って電車を走らせたら面白いんじゃない!?という発想から今回初めての開催。

まあせいぜい20人も来ればいいだろう…と思っていたのに、なんと150人くらい来てくれて、会場は熱気でいっぱい!

Img_7348

「プラレールって男のロマンなんだぜ~、ママにはわかんねーと思うけど…」
「たしかにわからなーい!」
なんてやりとりをしつつ、みんなで汗だくなっておおいに遊びました。

会場では持ち寄ったレールでコースを作り、それがなんとなくつながって大きなコースに。

特に決まりは作らずに、自由に遊んでね…みたいな感じだったのだけど、みんな楽しそうに遊んでいました。

Img_7370

大きな子も小さな子も、思い思いに車両を走らせたり、コースを組み立てたり..

電車同士がぶつかったり、知っている子も知らない子もみんなで遊んで、ときには取り合いになったり、ちょっとケンカしちゃったり、逆に知らない子どもと仲良くなったり..

プラレールって昔からあって、自分が子どもの頃も遊んだ覚えがある。

でもやっぱり家にはそんなに潤沢にはなく、いつか山のようなプラレールでコースを作りたいなぁ…なんて子ども心に思っていたなー…
汗だくになっている子どもたちを見ていたら、そんなことを急に思い出したり。

Img_7333


みんなそれぞれ喜んでくれた様子で、わざわざお礼を言いに来てくれた子もいたし、とっても良かった!

子どもたちの笑顔、たくさん来てくれたパパも笑顔..

パパスイッチというのはみんなボランティア。

子どもたち、そして地域のパパママが楽しく過ごしてくれることだけが願いなので、子どもたちが楽しそうにしてくれるのが一番うれしいことなのです。

だからみんな思い思いに楽しんでくれたようで本当によかった!

なんにしろ参加していただいたみなさん、プラレールを貸してくれたみなさん、準備に協力してくれたみなさん、ありがとうございました!

ちなみにパパスイッチの次なる野望は、ピザを焼く石窯をみんなで作り、そこで美味しいピザを焼いて食べようぜ!です。

町内の老舗飲食店「松久園」さんの全面的な協力により、松久園さんのなかに建築予定地が決まり、建築に向けてただいま設計と材料の検討をしている段階…どうぞお楽しみに!

2012.05.27

ハルト7歳

Clip_11


5月26日は長男ハルトの7歳の誕生日。

7年前の5月26日は妻がお母さんになり、僕がお父さんになった日。

子どもの誕生は、それまでのふたりの人生がガラリと変わったきっかけ。
そして僕らはずっと不妊夫婦だったこともあり、第1子の誕生日というのは、なんとなく自分たちにとっても大事な記念日のような気がする。

Clip_7

小さい小さいと言われ続けた0歳代、言葉が遅い遅いと言われ続けた1歳2歳代、手に負えなくて癇癪野郎だった3歳4歳代..

でもちゃんと無事に大きくなって、今年小学校にもちゃんと入って、今日無事に7歳の誕生日を迎えることができました。

ハルトおめでとう!
おおきくなったなぁ。

Clip_9


我が家ではクリスマスのプレゼントはサンタさんが一方的に選び、誕生日のプレゼントは子ども自身が自分で選べるルール。

ハルトは壁に設置する大きな黒板にしようか、それともおもちゃのプラレールにしようか、それとも…とずっと悩んでいたんだけど、結局、自転車用のヘルメットをチョイス。
大好きな黄色のヘルメットをもらってうれしそう。

Clip_5_2

ばーちゃんから届いたプレゼントもあけて…

料理ができたところで仲の良いご近所さんたちに声をかけて、みんなでごはん。

Clip_12_2

偶然なんだけど、このご近所さんたち、家がめちゃくちゃ近く、親の年齢も近く、なんとなく子育ての基本的考え方も近くて、一緒にお酒を飲むのは楽しい♪
3家族で合計8人の子どもがいるんだけど、うち7人が男の子!

お酒をたっぷり飲んで、みんなで遊んで、夜中まで楽しいひととき。

そんなハルトの7歳の誕生日でした!

2012.05.22

パパスイッチ企画「巨大プラレールコースで遊ぼう!」のお誘い

僕が代表をしているパパの集まり「めむろパパ・スイッチ」。
子育ては仲間がいるともっと楽しい、そしてパパの気持ちを家族にスイッチしよう!
そんな気持ちで運営していて、パパ講座を開催したり、料理教室をひらいたり、講演会を企画したり…

そして今回企画したのが、
「巨大プラレールコースで遊ぼう!」
です。

今回はプラレール遊びを通して、子どもの学びと大人の気づき、そして親子のコミニュケーションを…とかでは全然なく、ただ単純にみんなで遊ぼうぜ!という企画です(笑)

パパなみなさん、子どものころプラレールで遊びましたか?

プラレールって楽しいですよねー。
僕はいまでも鉄道が大好きで、新幹線など鉄道に乗る出張があったりするとウキウキしてしまいますが、その原体験として子どもの頃遊んだプラレールがある気がする…。

263bd180fa03fdb321f7344a494a6ed1300


そして今回は、そのプラレールを大きな会場に持ち寄って、集まったレールで大きな大きなコースを作り、みんなで走らせよう!

プラレールを持っている!という方はぜひお持ちください。
待っていないよ、という方は貸し出しもするので手ぶらで来ていただいてもオッケーです。

(プラレールのレールを持ってきていただける場合は、小さなシールやマーク記入など見分けられるようにしていただいてから持ち込んでいただけるとスムーズにいくかも)

日時は今度の日曜日5月27日午前10時から12時まで。
場所は芽室町の芽室町保健福祉センター(あいあい)です。

もちろん参加無料、申し込み不要、参加したい方は直接会場に来てください。
芽室町在住じゃないけど…とか、パパじゃなくてママだけど…でももちろんOKですよ-。

みんなのレールをつなげて、びっくりするくらい大きなコースを作って、いっぱい電車を走らせようぜ!

…ってことでみなさんの参加をお待ちしています!
詳しくは以下のページもどうぞ!

巨大プラレールコースで遊ぼう!

2012.05.21

菜の花ばたけでみんなでランチ

先日、いただきますカンパニーの「菜の花畑のお花見」というプログラムに参加しました。

いただきますカンパニーとは、
「畑と人をむすぶ」現場を見て、感じてもらうこと。
その食材を、どうやって料理するか、お伝えすること。
という思いで、畑とそこで作られている作物を軸に、人と人との交流などをプロデュースするカンパニー。

今回はたまたまそのプレ企画に参加させてもらうことになり、家族みんなで音更の菜の花を作っている農家さんの畑におじゃましたのでした。

Clip_7

今回の舞台はこの畑。菜の花はまだ2分咲き程度ということだったけど、とてもキレイ。

Clip_9_3

ごあいさつのあと、最初に帯広畜産大学の学生による菜の花講座。
この菜の花は昨年まかれたものだそうな。

続いて生産者の方から菜の花栽培の概要なども..
農村に住んでいるけど、たしかに農業や農家のことって、知ってそうでなんにも知らないんだよね…
子どもたちへの「食育」にもぴったり!

Clip_11

続いて今日は特別に許可を・・ということで、畑の中をお散歩。
今日食べるためのお花も摘んでいきます。

Clip_13

お天気もよく、まさに菜の花日和・・気持ちいいよね~
この菜の花はおもに油に加工されるんだって。


Clip_15

収穫が終わったら、続いて料理に取りかかります。
我が班は手作りマヨネーズと、デザートに挑戦。
真剣に作りすぎて写真がない(笑)


Clip_22

今日の特選素材、とかちマッシュルーム


Clip_19

じゃーん、デザート完成!子どもたちにいたずらされないように隠しておこう(笑)


Clip_24

ごはんチームも完成したので、盛りつけしていきます


Clip_26

待ちきれないよ~、はやくして~!!


Clip_33

近所の方からわけてもらったアスパラに手作りマヨネーズをかけて・・


Clip_29

いただきまーす!
わたしの取った菜の花~♪


Clip_36

ほかにお吸い物やからしあえなどもありました。
まさに菜の花づくし!


Clip_41

お花見しながら食べると美味しいよね~
ほかの参加者の方との話も弾みます。

Clip_31

そして最後にみんなで写真を撮って終了!

ごちそうさまでした!

と、こんな感じで朝10時半から2時すぎまで、菜の花づくしの一日でした。
ありがとうございました!

青空の下、畑を見て歩いて、農家さんの話を聞いて…
そしてその畑からできた食べ物を料理して、みんなで食べる…
そんな気持ちのよい一日。

今回は「いただきますカンパニー」として第一回の最初の回ということで、そんな記念すべき機会に参加させてもらえてよかった!

代表のいのくちさんには「厳しい感想もぜひ」と言われているので書いてみると、今回は最初の一回目ということで、やや段取りがイマイチ、特に料理の段取りのまずさが気になったり(主夫で普段毎日料理をしているので、こういう部分は気になるのです…スイマセン)、全体的に荒削りな印象もあったけれど、そのあたりは今後回を重ねると改善されていくはず…

とはいえ全体としては、とても楽しい一日でした。

なかでも他の参加者のみなさんとの交流や、普段近くにいるようで、そうでもない生産者の方とたくさん話ができて、畑・作物・ごはんをキーにしたそんな交流の機会がとても良かった。

そして十勝をみんなに知ってもらうための手段のひとつとしてとてもいいなぁ、と感じる一日。また機会があったら参加したいなぁ。

関わってくれたみなさん、どうもありがとうございました!

いただきますカンパニーではこんな感じのプログラムを常設で準備しているので、興味がある!という方はぜひ以下のページをチェックしてみてください!

いただきますカンパニー

2012.05.20

森の奥の白いお花畑2012

家から近い森の中に、毎年ひっそりと咲いている秘密の花畑。
今年も一面、真っ白になりました。

Clip_4

2012.05.06

芽室自然観察クラブ コロボックル隊

ゴールデンウィークの最後は、子どもの芽室自然観察クラブ「コロボックル隊」に家族で参加してきました。

コロボックル隊というのは、芽室の有志?の方がやっている自然観察クラブ。

月に1回のペースで約1年間続く、自然観察プログラムです。Clip_28

お天気もよく、自然観察びより。
まずはガイダンスの時間。

Clip_26

みんなで解説を聞きながら歩きます。

コースは、河原の森や公園など。

Clip_20_2


途中、いろいろなところで止まって、工作や観察の時間が..
これは枯れたイタドリを使って、笛を作ってみんなで鳴らしているところ。

ピーッと音がなれば成功!

Clip_22

河原の植生のおはなしを聞きながら歩きます。

これはオニグルミの幹..
まんなかのところ、なにに見えるかな・・?サル?ムンクの叫び?

Clip_16_2


鳥の声を聞いて、エゾリスを観察して。

このとき見えたのはゴジュウカラでした。

Clip_24_2

みんなでチョウセンゴヨウの実を集めました。

これも削って加工して笛にして遊んだり…

十勝ってこんなにも自然がゆたかなのに、地元の人は意外と自然に興味がなさそう…と常々思っていて、そして自分自身も身近すぎゆえに知らないことがいっぱい。

子どもにはぜひ自然に興味をもって欲しい…そんな思いから参加申し込みをしてみたんだけど、実際は親である自分自身にとって興味深い話題が満載。

鳥の種類によって木々の移動方法が異なることや、その見分け方…

芽室の自然の推移、河原の木々の植生について。

十勝で普通に見かけるハチの種類やその危険性や、あぶなくない種類の見分け方…

木々が寒さから身を守るための知恵やその形跡などなど、とてもとても書き切れない。
そんな自然を楽しむネタが盛りだくさんでした。

もちろん子どもたちにも自然に親しむための楽しみ方をいっぱい教えてくれて。

この日は第1回めの最初の日だったのだけど、たった半日であまりの充実した内容にびっくり。今年1年、とても楽しみだなー。

先日のパンもそうだけど、「子連れ限定」の楽しいことが本当に盛りだくさん。

ますますこれからの子育てライフが楽しみになった、そんなコロボックル隊でした。

雨の札幌お散歩

今年のゴールデンウィークは、雨が多い連休でしたねー。

我が家の連休中のプチ旅行は札幌へ。

最初に行ったのは、北広島のえこりん村と銀河庭園。

何度か行ったことがあるけれど、春の花が咲いていてキレイでした。
まずは併設のレストランで食事。

Clip_2

あっと言う間にテクテク歩けるようになったあゆむ。

Clip_4


芝生の感触が楽しい♪

田舎の子どもだからなのか、わりと誰とでも遊べるウチの子どもたち。
この日もたまたま同じ場所にいた千歳に住んでいるという「知らない子」と一緒になって、ずっと遊んでました。

Clip_6

遊んでいるうちに携帯に電話が…
ウチの近くに住んでいるママ友達一家、それに砂川在住のママ友達一家から
「札幌にいるんでしょ?どっかで合流しない?」
ってことで、今度は札幌の平岡公園に集合。

Clip_8



Clip_10


ここは梅の花の名所、梅はまだ早かったけれど、子どもたち(男ばっかり7人!)は喜んで走る走る…。とーちゃんズ走り疲れました..

Clip_12


ホテルで夢中になっていたのが家から持ってきたジグソーパズル。
意外と手強いぜ..

写真はないけど札幌の街を歩いて、居酒屋に入ってみんなで焼き鳥食ったり…

Clip_14


この日は雨だったけれど、傘をさしてホテル近所の北海道大学の構内をお散歩。
桜が満開でキレイでした。
北大、こんなに札幌駅から近い都会のど真ん中なのに緑が多くて広くてすてき~

Clip_18


機会があれば紹介したいけれど、もいわ山の水道記念館というところで遊んだり..
北広島のビール工場を見たり…

ゴールデンウィーク、そんな札幌プチ散歩でした!

2012.05.05

子どもと一緒にパンを作ろう ますや親子パン教室

こどもの日、Facebookで見かけたイベント、麦麦パン教室の「親子パン教室」に参加しました。

子ども向けのパン教室、主催しているのは、我らが十勝のパン屋さん「ますや」さん。
我が家もみんな大好き!

職場からも近く、会社帰りやエコパなどに遊びに行く際など、なにかと使わせてもらっているますや麦音店が会場です。

まず受付を済ませて1組1500円の代金を支払い、子ども向けのシェフ服(?)に着替え。


最初に体験するのはあんぱん作り。
アンコを計量して、パン生地に包みます。

おじさんの説明をよく聞いて…

Pan1


うまくできるかな…?

今回のパン生地は食パンのものだそうな。
ひとり3個ずつ作ります。

子どもの小さい手にはちょっと難しいけれど、でもそれがまた楽しい!
パン生地のふわふわした感触を確かめながらアンコを包みます。

Pan2


終わったら、発酵の機械に入れて発酵を待ちます。

その間、食育の時間ということで、小麦の教室。

畑でとれた小麦の穂の見本から、順に粉になるまでの課程のお話を聞く。
実物の感触を確かめながら・・・

ふむふむ、なるほど…

Pan3


小麦粉で作るモノ、なにかわかる人~!
Pan4

ラーメンやピザなど、みんなの大好きなものがいろいろと小麦粉から作られるんだね-。

続いては小麦粉の製粉を体験。
石臼をひいて、小麦粉を作ります。
ひとり10回ずつ回すのだけれど、これが結構大変みたい…

ぐるぐる・・・

Pan5

1キロの製粉をするのに、大人で8時間かかる計算になるんだって!

続いては店舗の見学と体験。

「みなさんはお店の人なので、お客様にごあいさつをします、、、お客さまへのごあいさつといえばなにかわかるかな・・・?」

ということで…

「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」「おつかれさまです」の練習をして店内へ。

Pan6

店内で買い物をしているお客さんたちに「いらっしゃいませ!」とごあいさつ。

小さな6人のシェフの登場にかわいい~!と大人気…?(笑)

Pan7

ここはキッザニア?(笑)

いつもありがとうございます♪

Pan8

ゴールデンウィーク真っ最中ということもあり、店内はお客様でいっぱいでした!

Pan9


そして子どもたちは厨房に..

そうこうしているうちにパンが完成!美味しそう!

Pan10

いろいろと教えていただいた、ますや社長の杉山さんと。

Pan11

ますやといえば、十勝の庶民パンの代表で「あんドーナツ」をはじめとする菓子パン主体という感じ。

低価格で身近、いろいろな意味で十勝のパンのベンチマーク的な存在だなー、と12年前に十勝に来た当初から思っていたけれど、なんとなく芽室のめむろ窯ができた頃から、全体のレベルがあがった気がして、最近は十勝のパンを引っ張っていこうとする気迫のようなものが感じられて。

今まではただ安くて身近な感じだったのに、最近できためむろ窯や麦音はとても美味しくて、ハイレベルなパンが多い。
天然酵母系など、とても美味しいパンも増えてきた。特に麦音で売っている「カンパーニュ」「ブール」(ともに500円)が絶品!

十勝には「十勝人が思っている以上に、全国的に見ても価値が高いもの」がいくつかあって、ますやパンと、パンにかけるその思いは、間違いなくその代表になった気がする。

今回のパン教室は…

「十勝をパン王国にしよう」「小麦やパンの作り手の気持ちを食べ手に伝えよう」
「十勝の人に新しいパンの美味しさや楽しさを提案しよう」

そんなますやの心意気を十分感じることができました。

Pan12

お持ち帰りするはずが、美味しそうなかおりに心惹かれて、店の外のベンチでパクリ・・

お味見で1個のはずが、ふたりぶん6個全部があっという間に胃の中に消えていったのでした(笑)

Pan13

そんなわけで、今回のパン教室、単純に楽しかったし、美味しかったし、子どもたちも大喜び!

定期的に開催しているわけではないみたいだけど、子どもたちに普段食べているものを考えてもらう観点からも、単に楽しいイベントのひとつとしてもとてもオススメです。
ますやホームページでチェックしてください」だそう。

またなにかあったら参加したいなー..

どうもありがとうございました!

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ