« 2013年12月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年2月の2件の記事

2014.02.10

犬の「おくさん」

2000年に北海道に来て以来、ずっと僕ら家族の一員だった雑種ワンコ「おくさん」。   
このところ老衰のためか、動きにくくご飯もほとんど食べられなくなっていたのだけど・・

 

2014年2月8日、静かに息を引き取りました。14歳でした。

 

家族が揃う土曜日を待っていたかのように。   
みんなが起きている午前中に狙いを定めたように。

 

ちょっと呼吸が苦しそうかな…?   
そう思った矢先、ふーっと息を吐いて、そのまま眠るように逝ってしまいました。

 

昨日までトイレにも行けていて。   
今朝はお別れをするかのように、ちょっと顔を上げて僕の顔を見上げていて。   
苦しむこともなく、静かに僕たちに看取られて。

 

お客さんが大好きだったおくさん。   
子ども達ともいつも楽しそうにしていたおくさん。

 

・・・おくさん、いままで僕ら家族といつも一緒にいてくれてどうもありがとう。   
そして、、おつかれさまでした。

 

このブログの読者のなかには、おくさんと会った方、かわいがってくれた方もいるはず・・。   
ありがとうございました。

 

DPP_3568

 

ここの写真は2014年1月13日、家族で散歩に出かけたときのもの。   
この頃から急速に具合が悪くなり、これが最後の家族での散歩になりました。

 

DPP_3564

 

DPP_3569

 

 

 

先月、妻が書いていた「おくさん」についての文章を紹介します。

 

--   
今日は朝からハラハラと、静かな雪の日。

 

去年の秋頃から体力の衰えが顕著になってきた犬のおくさん。   
数日前からとうとう2階に上がることが難しくなってしまいました。

 

薪ストーブが大好きで、火を付ければ必ず前に鎮座していたおくさん。   
「おくさん、そんなに近づいたら燃えちゃうよ」   
子ども達と大笑いしていたのもついこの間のこと。

 

今朝、2階リビングにある薪ストーブの前にその姿はありません。

 

最近、散歩に行きたがらなくなったおくさんですが、雪が大好きだったので思い切って外に出してあげることに。   
抱きかかえて外に連れ出すと、ぼんやりと空を仰ぎ、そして家の方を振り返って寂しげな視線…。

 

彼女にとってはありがた迷惑だったのかもしれませんが、ほんの一瞬だけ雪の感触に嬉しそうな表情を浮かべたような…?

 

足元に何があるのか、分かったかい?おくさん。   
大好きだった雪だよ。

 

ちょっと前まで抱きかかえると暴れて大変だったおくさんが、想像以上に軽くふわりと持ち上がるようになったことに驚きながら、ほんの数分の外出が終わりました。

 

静かに舞う雪。   
空を仰ぐと、そのひとひらにいろいろな思い出が重なります。

 

静かに、静かに時は過ぎていきます。

 

 

      

--

 

1658353_612547762154120_128167503_o

 

2000年、うちに来てすぐのころ。   
家賃2千円の超寒い家で、僕ら夫婦と一緒におもしろおかしく過ごしていた頃です。まだ若い!

 

IMG_8663

 

去年のいまごろ・・   

 

正直言って彼女の犬生?が幸せだったかどうかは自信がないけれど、でも僕ら家族にとっては彼女のおかげで素敵な時間を過ごせました。

 

僕たちの暮らしは、今は子どものことばかりだけど、子どもが生まれる前は「おくさん」が僕ら夫婦の第一の大切な家族で、一緒にクルマに乗っていろいろなところに行ったり(宮城や神奈川などにも!)、キャンプしたり、もちろん日々の散歩なども、いろいろな思い出があります。

 

忘れもしない2000年5月には乗っていた車ごと30メールの崖を落下して、クルマは大破、おくさんは割れた窓から横転した際に崖下に落ちて行方不明になってしまい、熊におびえながら山深い森のなかを探し回って2週間後に奇跡の発見、なんて事件もありました。

 

ほかにも「おくさん」という名前のエピソードや、2年前のガン発症と手術、脱走事件などエピソードはたくさん・・

 

ずっと一緒に家の中で住んでいたので、しばらくは「おくさんがいない我が家」に慣れない気がしますが、彼女がいた日々を忘れないで過ごしていきたいです。

海外から友達がやってきた!

昨年夏に家の近所の嵐山でキャンプをしていたときのこと。   
たまたまとなりで同じようにキャンプしていて、子ども同士がいつのまにか一緒に遊んで友達になり、その後大人達も交流するようになった…という台湾人のファミリーがいるのです。

 

米米(みみ)ちゃんと言うのだけど、春節の休みに合わせて冬の北海道に旅行に来る…というので、じゃあウチに来てみない!?なんて話をFacebookを通じてしていたところ(怪しい英語と日本語と中国語とで(笑))本当に来ることになり・・。

 

子ども同士は大丈夫だけど、大人はキャンプのときは言葉が大きな壁になっていて、筆談である程度の意思の疎通はできたものの、大丈夫かどうか心配していたのです。   
昨年も外国人が何人か来たけど、みんな日本語かなりペラペラ、生粋の外国人はみみちゃんたちが初めて。

 

IMG_4711

 

ようこそ~!

 

でも今回はLINE通訳や彼らが持っていた翻訳アプリ、僕たちが用意した中国語の本とかもあり、またママのマーメイさんはこの旅行に向けて日本語もけっこう勉強してきたようで、言葉はほぼ大丈夫!日本語・中国語・英語混合(^^;;

 

みみちゃん、7歳だと言っていたから夏樹の1つ上と思いきや、よく聞いたら実は年齢の数え方に日本と台湾とで違いがあって、本当は誕生日がほぼ同じで同じ年齢だった・・とか、

 

IMG_4717

 

学校の違い、都会と田舎の話、名前の話、台湾でもドラえもんは子どもの頃からよく見ていたよ、LINE翻訳と本と違うけど、どっちが通じる中国語なの?

 

雪道運転大丈夫だった?とか、日本はLTEが使えて千歳空港で借りたルーターは速くて快適だー、などなど、子どもそっちのけでおしゃべり(笑)

 

IMG_4725

 

とっても楽しい時間でした。   
お土産もたくさんもらってしまいました・・ありがとう♪

 

言葉は違うけど、子どもに対する気持ちとか、食べ物とか、なにか根本的なところが近くて、なんとなくわかりあえる!やはり同じアジア人同士だから?   
IMG_4732

 

台湾って前から好きだったけど、もっと好きになりました。もっと台湾のことも知りたいなぁ。

 

あゆむがパパになついていたり、子ども達も一緒にたくさん遊んで、   
夏樹なんか十勝川温泉までみみちゃん達のクルマに乗せてもらったり・・

 

IMG_4765

 

子どもがつないでくれた縁で海外の人と家族ぐるみで友達になれる・・なんかいいなあ。

 

IMG_4744

 

彩凛華もキレイだったし、短い時間だったけれどたのしいひとときでした。   
台湾のみなさん、日本や北海道を好きでいてくれてありがとう!

 

ぜひまた来てね~!

 

IMG_4782

 

台湾にも行くよ~

 

是很开心的时间   
谢谢!   
再来(^^)y

« 2013年12月 | トップページ | 2014年5月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ハルト

  • 20060/04/21
    2005年5月に生まれた長男「ハルト」の写真です

きになるリスト

無料ブログはココログ